カキノキ(柿の木)
Diospyros kaki
Kaki Persimmon

室町時代の堅田には「宮座」(自治組織)が設けられ、「きり」が築かれた。
「きり」とは、室町時代に琵琶湖岸に築かれた石垣のことで、防御塁とされた。
江戸時代、「宮ノ切」は堅田陣屋(いわゆる堅田城)の一部となった。