「淡海節」の明かりが灯る夜 (湖族の郷資料館前にて)
本堅田出身の喜劇役者・志賀廼家淡海が作った「淡海節」が書かれている。
淡海節は大正7~8年頃に盛んに唄われ、現在は滋賀県の民謡として知られる。