韓国 /South Korea

2010年12月17日 (金)

韓国・世界遺産の旅(18) 釜山の空港、日本の関空

金海国際空港(韓国・釜山) 

空港は憧れと結びついている場所のような気がします。空港で働く人、出会う人に対するまなざしだったり、

金海国際空港(韓国・釜山) 

非日常の空間のもつ高揚感だったり、自分自身の内側から沸きあがってくるときめきだったりします。

金海国際空港(韓国・釜山) 

空港では、たくさんの人のいろんな思いが交錯します。人、物、飛行機が、動き続けている。

関西国際空港(日本・大阪) 

世界は広いと思えるし、手を伸ばせば何かに届きそうな気がする。そんな気分にさせてくれます。

関西国際空港(日本・大阪) アシアナ航空の飛行機を眺める

平和であればこそ、行き来できる場所。たくさんの人に支えられた奇跡なのかもしれない。

関西国際空港(日本・大阪) 

今日も無心になって飛行機を眺める大人がいる。そんな空港が、私は好きです。


改めまして、この旅の連載も最終回となりました。
実はこの6枚の写真、釜山の空港から始まって、途中で日本(関西国際空港)に替わっています。
さて何枚目の写真からでしょうか?

*******

国際空港にはその国のお国柄を感じます。
それは空港全体の雰囲気だったり、建物だったり、そこで働いている人の立ち居振る舞いや美意識だったり。
普段は意識しないけれど、その国の歴史が育んできた「文化」の力なのだと思います。間違いなく人を支えてくれる力です。
だから私は、お寺や神社、歴史ある町、世界遺産に惹かれるのかもしれません。

関空に帰ってくると感じます。日本の持つきめ細やかさ、おもてなしの心、そして技術力の素晴らしさ。
(韓国と比較してどうこうという話ではありません。比較できる話じゃないですよね。)
だから日本の皆さん、自信をもって行ってください。そんな思いをこめて、最後に3枚写真を並べてみました。

というわけでクイズの答えは・・・写真4枚目から、です。(最後の3枚は日本です。)

今回の連載の冒頭にも書きましたが、隣国の平和を願ってやみません。
長らくお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

2010年12月 J.Kanematsu


写真1~3枚目:김해국제공항 金海国際空港(韓国・釜山)
Photo-1-  Gimhae International Airport in Busan, South Korea  2010.09.18 08:44
Photo-2-  Gimhae International Airport in Busan, South Korea  2010.09.18 08:52
Photo-3-  Gimhae International Airport in Busan, South Korea  2010.09.18 08:47

写真4~6枚目: 関西国際空港(日本・大阪)
Photo-4-  Kansai International Airport in Osaka,Japan  2010.09.18 11:05
Photo-5-  アシアナ航空の飛行機を眺める Kansai International Airport in Osaka,Japan  2010.09.15 11:54
Photo-6-  アシアナ航空の飛行機を眺める人 Kansai International Airport in Osaka,Japan  2010.09.15 11:55


※今回の旅(第2シーズン(2010年9月撮影))、これで最終回です。御覧いただいた皆様、ありがとうございました!

※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー
第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)
韓国・世界遺産の旅(17) 韓国の新幹線・KTXに乗って


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月16日 (木)

韓国・世界遺産の旅(17) 韓国の新幹線・KTXに乗って

松島の写真(KTXmagazine 2010年9月号より)

韓国で出合った日本。なんと松島(日本三景のひとつの、あの松島)の特集記事!
外国で日本のニュースを見ているときのような不思議な感覚でした。
韓国の新幹線・KTXに乗ったとき、車内備え付けの雑誌に載っていた写真です。

写真一枚目:松島の写真(KTXmagazine 2010年9月号より)
Photos of Matsushima,Japan (KTXmagazine 2010-09)   2010.09.16 16:13


アジアの田んぼの写真(KTXmagazine 2010年9月号より)

これも車内紙「KTXmagazine」に載っていた写真です。印象的な写真でした。
ハングルが読めないので、詳しいことはわかりません。(多分・・・韓国の田んぼです。)
アジアの風景は美しいですね。田んぼのもつ美しさ、黄色と黄緑色にみとれてしまいました。

写真ニ枚目:アジアの田んぼの写真(KTXmagazine 2010年9月号より)
Photos of the Asian rice paddy (KTXmagazine 2010-09)   2010.09.16 16:27


KTX車内と、KTXmagazine 2010年9月号

KTXmagazine( 2010年9月号)は、こんな風に座席の前に備え付けてありました。

KTXですが、乗り心地はよかったです。
天井に液晶モニターが取り付けてあって、車内案内や番組を流していたのが印象的でした。

気になったのは通路幅が若干狭く、足元にも余裕がないこと。
大きめのスーツケースを使う人は置き場所に困るかもしれません。何かの参考になれば。

写真三枚目:KTX車内と、KTXmagazine 2010年9月号
The inside of a KTX (Korea Train Express) trailer   2010.09.16 16:01


KTX(光明駅ホームにて)

これがKTXです。今回は韓国の北(ソウル近郊)から南(釜山方面)へ移動するのに利用しました。
水原(スウォン)で世界遺産(水原華城)を見た後、光明駅から乗車。そのときの写真です。

写真四枚目:KTX(光明駅ホームにて) 한국고속철도 광명
KTX (Korea Train Express) at Gwangmyeong Station    2010.09.16 15:53


韓国・世界遺産 河回村 (KTXmagazine 2010年9月号より)

KTXmagazine 2010年9月号のもうひとつの特集は、なんと「韓国の世界遺産」!
タイムリー?というわけで、素敵な誌面とともに韓国の世界遺産をまとめてご紹介します。

↑まずはこの写真(上・下とも)・・・河回村 (ハフェマウル 하회마을)(2010年7月世界遺産登録されました)

写真五枚目: 하회마을  韓国・世界遺産 河回村 (KTXmagazine 2010年9月号より)
UNESCO World Heritage in South Korea ( KTXmagazine 2010-09)
|Historic Villages of Korea: Hahoe   2010.09.16 16:25:32


韓国・世界遺産 朝鮮王陵・済州島・支石墓群 ・良洞村(KTXmagazine 2010年9月号より)

左ページ上・・・朝鮮王陵(조선왕릉 、2009年世界遺産登録)
左ページ下・・・済州の火山島と溶岩洞窟 (제주도 자연유산지구 、2007年)
右ページ上・・・高敞、和順、江華の支石墓群 (コインドルユジョク 고인돌 유적 、2000年)
右ページ下・・・良洞村(ヤンドンマウル양동마을 、2010年7月)

※良洞村は当ブログでご紹介しました。これから行ってみたい場所ばかり。

写真六枚目: 韓国・世界遺産 朝鮮王陵・済州島・支石墓群 ・良洞村(KTXmagazine 2010年9月号より)

UNESCO World Heritage in South Korea ( KTXmagazine 2010-09)
|Royal Tombs of the Joseon Dynasty|Jeju Volcanic Island and Lava Tubes|
Gochang, Hwasun, and Ganghwa Dolmen Sites|Historic Villages of Korea: Yangdong 2010.09.16 16:25:52


韓国・世界遺産 仏国寺・石窟庵・慶州歴史地域 ・海印寺大蔵経板殿 ・宗廟 ・昌徳宮 ・水原華城 (KTXmagazine 2010年9月号より)

左ページお寺の写真・・・仏国寺(プルグクサ 불국사、1995年世界遺産登録)
            石仏・・・石窟庵(ソックラム 석굴암、1995年)
            遺跡・・・慶州歴史地域 (경주역사지역、2000年)
            書庫・・・海印寺大蔵経板殿 (ヘインサ・テヂャンギョンパンヂョン 해인사 대장경 판전、1995年)

右ペ-ジ上・左・・・宗廟 (チョンミョ 종묘、1995年)
右ペ-ジ上・右・・・昌徳宮 (チャンドックン 창덕궁、1997年)
右ペ-ジ下・・・水原華城 (スウォンファソン 수원화성、1997年)

※宗廟以外は既にご紹介しました。石仏や書庫は撮影禁止なので、写真でご紹介できてよかったです!

写真七枚目: 韓国・世界遺産 仏国寺・石窟庵・慶州歴史地域 ・海印寺大蔵経板殿 ・宗廟 ・昌徳宮 ・水原華城
(KTXmagazine 2010年9月号より)

UNESCO World Heritage in South Korea ( KTXmagazine 2010-09)|Bulguksa Temple|Seokguram Grotto|
Gyeongju Historic Areas|Haeinsa Temple Janggyeong Panjeon, the Depositories for the Tripitaka Koreana
Woodblocks|Jongmyo|Changdeokgung Palace Complex|Hwaseong Fortress   2010.09.16 16:25:44


※今回の旅(第2シーズン(2010年9月撮影))、次回が最終回です。

※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー
第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月15日 (水)

韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)

水原華城(北暗門)

中世ヨーロッパの城門のようにも見えますが、18世紀(李氏朝鮮時代)に造られたお城の門です。
水原華城(スウォンファソン)は、中国から輸入した西洋築城技術を用いて、東洋の技術と融合して設計されたお城です。
近代的な城郭で、御覧のとおり石と煉瓦が併用されています。

この門は「暗門」と呼ばれ、有事の際、城内にひそかに物資を供給するための門でした。
城内の4ヶ所にあり、写真の門は「北暗門」と呼ばれています。


水原(スウォン)は、韓国ドラマにもなった「イ・サン」(第22代国王・正祖(チョンジョ))が、風水で選んだ場所です。
ドラマのとおり、正祖はその父親(荘献世子(チャンホンセジャ))を、老論(ノロン)派の陰謀により亡くしました。
正祖の祖父(第21代国王・英祖(ヨンジョ))の命に従い、父親は米びつの中に閉じ込められて餓死したのです。
正祖は父の冥福を祈ってお墓を水原に移し、その周囲に城壁や塔、楼閣や城門を築きました。それが華城です。

水原は今でいうとソウルから電車で1時間。老論(ノロン)派を排除したい正祖にとっては理想の都市でした。
一時は遷都も検討されましたが、華城完成直後に正祖が死亡したため、遷都は見送られたそうです。

1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

写真一枚目:수원화성  북암문 韓国・世界遺産 水原華城(北暗門) 2010.09.16 13:41
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|North Secret Gate

Hwaseong (Brilliant Castle/ Fortress), the wall surrounding the centre of Suwon, the provincial capital of
Gyeonggi-do, South Korea, was built in the late 18th century by King Jeongjo of the Joseon Dynasty to
honour and house the remains of his father Prince Sado, who had been murdered by being locked alive
inside a rice chest by his own father King Yeongjo having failed to obey his command to commit suicide.
Located 30 kilometres (19 mi) south of Seoul and enclosing much of central Suwon including King Jeongjo's
palace Haenggung, UNESCO designated the fortress a World Heritage site in 1997. The Suwoncheon, the main
stream in Suwon, flows through the centre of the fortress. ( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(ブッランギ5号)

ブッランギ5号(佛狼機5号)という、携帯用の火砲が備え付けてありました。(※)
ちょうど遠足に来ていた男の子(幼稚園かな?)が、のぞきこんで遊んでいるところでした。
水原華城は、このように銃砲をも防御する近代的な構造を持っています。

※「朝鮮後期の代表的な携帯用の火砲。胴体の長さ72cm。銃口9.5cm。
フッランとは、Frankというヨーロッパ人を指す言葉で、西洋で造られた火砲をブッランギと言う。
胴体の大きい1号から小さい5号に区分される。発射枠の役割をするモポ(母砲)と、
実弾を装填してモポ(母砲)に挿入して発射させるジャポ(子砲)で構成される。
複数のジャポ(子砲)を利用して連続射撃ができたので壬辰倭乱(임진왜란 文禄慶長の役)以後には
陸戦ではもちろん海戦でもその威力を発揮し、朝鮮第一の火器として評価された。」(解説板より)

写真ニ枚目:수원화성  韓国・世界遺産 水原華城(ブッランギ5号) 2010.09.16 13:08
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Bullanggi No.5

A portable gun typically used during the latter half of Joseon dynasty.
Its length is 72 cm,and the muzzle s diameter is 9.5cm.Bullang comes from the name Frank,
meaning a European man and Western guns were typically called Bullanggi.


水原華城(東暗門)

こちらが「東暗門」です。世界遺産なのにこんなに近づけるなんて、すごいですね!

城壁に沿って旗が立ち、歩道があるのがおわかりいただけますか?
水原華城の城郭は全長5.7km。一周することができます(所要3-4時間)!まるで万里の長城みたいな感じでした。↓

写真三枚目:수원화성 동암문 韓国・世界遺産 水原華城(東暗門) 2010.09.16 13:15
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|East Secret Gate

Dongammun, the eastern secret gate, situated 140 metres (459 ft) from Dongjangdae, was used for passage
of people, animals and munitions. Construction of the gate, which sits beneath a brick structure surmounted
with a large round parapet, was completed on March 25, 1796.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(東北舗楼)

城郭に沿って歩いていくと、所々に楼閣や見張り台があります。それが水原華城を歩く楽しさかもしれません。
この鮮やかな楼閣は「東北舗楼」と呼ばれています。

※「舗楼は城郭を突出させて造った雉城の上に建てられた楼閣で、見張り台と軍事待機所のような所である。
東北舗楼は華城にある5ヶ所の舗楼の一つで、1796年(正祖20)5月15日に完工された。このあたりは地勢が
周辺より高くて東暗門と東将台、それから北暗門と訪花随柳亭に至るまで監視できる所である。隠居した士達が
被る頭巾である「角巾」と形が似て「角巾台」とも言われる。」(案内板より)

写真四枚目:수원화성 동북포루 韓国・世界遺産 水原華城(東北舗楼) 2010.09.16 13:20
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Dongbukporu(Northeastern Sentry Post)


水原華城(東北舗楼)

東北角楼(訪花随柳亭)から見た、水原市内の眺めです。城郭内部、外部とも市街地化しています。

写真五枚目:수원화성 동북각루 韓国・世界遺産 水原華城(東北舗楼) 2010.09.16 13:20
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Daytime view from North-East Pavilion

The north-east pavilion is known as Dongbuk Gangnu and nicknamed Banghwasuryujeong. It sits above Yongyeon,
a pond surrounded by a small garden. It was originally intended to be the second battle command post, though
its scenic location made it a place favoured instead for feasts.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(華虹門)

水原華城といえば、この「華虹門」(ファホンムン)が有名です。城郭が水原川を超える部分にある水門です。

写真六枚目:수원화성 화홍문 韓国・世界遺産 水原華城(華虹門) 2010.09.16 13:46
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Hwahongmun

Hwahongmun, otherwise known as Buksumun, is the gate under which the Suwoncheon flows on entering
the area encompassed by Hwaseong. (It formerly exited through Namsumun, but this gate no longer exists.)
The gate has the obvious function of being a bridge, but also housed cannons for defensive purposes.
The Suwoncheon was widened at this point and the gate has seven arches through which it passes.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(蒼龍門)

錬武台では、伝統的な国弓の弓射り体験をすることができます。
(予約不要、年中無休(3月から11月)、1回(10発)2000ウォン/計2回(20発)限度で体験可能とのことでした。)

道路の向こうに見えているのが、蒼竜門(チャンリョンムン)です。華城四大門の東門にあたります。
城郭がぐるっと取り巻いているのが、よくおわかりいただけると思います。
緑がとても美しく、気持ちのいい撮影になりました。

写真七枚目:수원화성 창룡문 韓国・世界遺産 水原華城(蒼龍門) 2010.09.16 13:02
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Changnyongmun (East Gate)

Changnyongmun, known locally as Dongmun (East Gate), sits by a major road junction.
Its stone base is capped with a one-storey wooden pavilion. The gate was destroyed during the Korean War,
but was reconstructed in 1975.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(錬武台近くの売店前にて)

李氏朝鮮時代の兵士を描いた絵のようです。「国弓の弓射り体験」の場所近くにあった売店の前にて。

写真八枚目:수원화성  韓国・世界遺産 水原華城(錬武台近くの売店前にて) 2010.09.16 12:54
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|
The picture describing the soldiers of Joseon dynasty; In front of the stand


水原(地図)

大きな地図で見る

水原への行き方・入場料などは、こちらをどうぞ(↓ソウルナビの記事へのリンクです)
水原華城(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月14日 (火)

韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)

昌徳宮(敦化門)

韓国ドラマ「イ・サン」の主人公の”王様”は、この宮殿で政務を行っていました。
(李氏朝鮮22代国王・正祖(チョンジョ)といい、実在の人物です。)
また、「宮廷女官チャングムの誓い」のロケ地になったのが、この宮殿です。

ここは韓国・ソウル中心部にある宮殿、「昌徳宮」(チャンドックン)です。
1405年に李氏朝鮮3代国王・太宗が造営した王宮で、1997年に世界遺産に登録されました。
この「敦化門」(トンファムン)は昌徳宮の正門で、1412年の建築です。
現存する韓国の宮殿の正門としては最古のものになります。極彩色の装飾が見事ですね。

※屋根の梁、天井に見られる極彩色の装飾は「丹青」(タンチョン)と呼ばれます。
赤・青・黄・黒・白を用いて描かれ、建物の格を示すほか、木材の腐食を防ぐ役割をもっています。

写真一枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(敦化門)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Donhwamun Gate  2010.09.16 08:57

Donhwamun Gate - The main palace gate. Built in 1412, Donhwamun has a two-story pavilion-type wooden
structure, and is the largest of all palace gates. Donhwamun was burned down during the Japanese invasion
of 1592 and was restored in 1608. ( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(錦川橋)

錦川橋(クムチョンギョ)。1411年に造られた石橋です。かつて、ここから先は王様の空間でした。

写真ニ枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(錦川橋)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Geumcheongyo Bridge  2010.09.16 09:15

Geumcheongyo Bridge - Oldest bridge still extant in Seoul. Built 1411.
(http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung)


昌徳宮(仁政殿)

とにかく広い宮殿です。少し歩いて、正殿である「仁政殿」(インジョンジョン)に到着しました。
王の即位、臣下の朝礼、使臣の接見など、国の重要行事が行われた場所です。

写真三枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(仁政殿)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Injeongjeon Hall  2010.09.16 09:18

Injeongjeon Hall (National Treasure) - the throne hall of Changdeokgung, it was used for major state affairs
including the coronation of a new king and receiving foreign envoys. Originally built in 1405, it was rebuilt in 1610
after being burned down during the 1592 Japanese invasion, and a third time in 1804 after being destroyed by a fire.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(仁政殿 玉座)

仁政殿の内部にある玉座です。
後ろの屏風に描かれているのは「日月五嶽図」で、王と王妃、領土を表しているそうです。

写真四枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(仁政殿 玉座) 2010.09.16 09:22
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|King's chair at Changdeokgung Injeongjeon Hall 


昌徳宮(淡い紫色の菊の花)

淡い紫色の菊の花が咲いていました。左側の塀の向こうは「昌慶宮」(チャンギョングン)という別の宮殿です。
(昌徳宮から昌慶宮へ入ることはできませんので、ご注意ください。)

写真五枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(淡い紫色の菊の花) 2010.09.16 09:39
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Light purple chrysanthemums at Changdeokgung royal palace


昌徳宮(西遊記の登場人物の石像)

屋根の先端に小さな石像が並んでいるのが見えますか?実は皆「西遊記」の登場人物なのです。
この宮殿の守護神で、先端から三蔵法師、孫悟空、猪八戒と続いているそうです。
(ちなみに韓国には河童伝説がないので、沙悟浄の姿はありません。)

写真六枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(西遊記の登場人物の石像) 2010.09.16 09:35
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|The guardian deities of the Changdeokgung royal palace


昌徳宮(宣政殿)

鮮やかな青い瓦の宮殿が、宣政殿(ソンジョンジョン)。
王が臣下と国政を議論する場所として使われ、儒生の試験会場や宴会の場所にもなったそうです。

韓国ドラマ「イ・サン」の王様は、ここで政務を行っていたわけですね。
青い瓦の宮殿としては、韓国に現存する唯一のものだそうです。

写真七枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(宣政殿) 2010.09.16 09:35
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea| Changdeokgung Seonjeongjeon Hall (blue roof)

Seonjeongjeon Hall - An office for ruling officials, the king held daily meetings with ministers,
reported on state affairs and seminars here.( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(楽善斎)

昌徳宮の隅に少し離れて建っているのが「楽善斎」(ナクソンジェ)。
日本語パンフレットには、「一人の女性に対する憲宗の深い愛が刻まれた建物」とありました。

李氏朝鮮第24代王・憲宗は、側室だった金氏を寵愛し、一緒に過ごす新居として楽善斎を作らせました。
芸術への関心が高かった憲宗は、ここで読書をしたり書画を鑑賞して過ごしたようです。
プライベートな空間のため、「丹青」(タンチョン、極彩色の彩色のこと)が施されていません。
裏庭は階段状のお花畑になっていて、不思議な形の石が置いてあったり、細やかな配慮が感じられる空間です。

楽善斎は日本ともゆかりの深い場所です。
梨本宮家から韓国に嫁ぎ、大韓帝国最後の皇太子・李垠の妃となった李方子(まさこ)さまも、ここで暮らしました。

写真八枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(楽善斎) 2010.09.16 09:46
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea| Changdeokgung Nakseonjae

Nakseonjae -former residence of Korean imperial family including Princess Bangja .
( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(地図)

大きな地図で見る

昌徳宮へのアクセス(↓ソウルナビの記事へのリンクです)
昌徳宮(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月13日 (月)

韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋

ソウルの夜、タクシーの車内から

タクシーの車内からソウルの夜を撮影した写真です。初めてのソウルでした。
今年はソウルの9月も暑くて、私はインチョン空港から移動中に、暑さでバス酔いしそうになりました。
せっかく世界遺産の撮影に来たのですから、早めに夕食をとってそのままホテルへ移動。
ガイドさんがタクシーに乗せてくれたので、しばしのドライブとなり、写真も撮れていい夜になりました。

写真一枚目:ソウルの夜(タクシーの車内から) The night in Seoul City, South Korea    2010.09.15 18:59


ソウルの朝、光化門付近

翌朝元気になって撮影した、ソウルの朝の光景です。
ソウル中心部、光化門(クヮンファムン)付近を通ったときには、ちょうど通勤時間でした。

光化門は景福宮という王宮の正門です。1394年に建設され、2010年8月に最新の門が一般公開されています。
背後の山を見ればどこか中国にも似ていて、門を見ると中国とも違うと感じました。(中国に行った事はないのですが)

Gwanghwamun (Hangul: 광화문; Hanja: 光化門) is the main and largest gate of Gyeongbokgung Palace,
located in Seoul, South Korea. As a landmark and symbol of Seoul's long history as the capital city
during the Joseon Dynasty, the gate has gone through multiple periods of destruction and disrepair.
Recent restoration work on the gate was finished and revealed to the public on August 15, 2010.
(http://en.wikipedia.org/wiki/Gwanghwamun)

写真二枚目:ソウルの朝(光化門付近) 광화문
The morning at Gwanghwamunin in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:18


ソウルの朝、オフィス街と男性

こちらはソウル中心部、ソウル市庁から光化門広場の間にて撮影した通勤風景です。
いずこの街のお父さんも同じ、ですね。 今日も一日お気をつけて。いってらっしゃい。

写真三枚目:ソウルの朝(オフィス街、ソウル市庁から光化門広場の間にて)
The morning at business district in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:14


ソウルの朝、ソウル中央高校の校門にて

こちらはソウル中央高校の校門にて、朝の通学風景です。
この高校、韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地として、あまりにも有名です。

この辺りは、次回ご紹介する世界遺産・昌徳宮(チャンドックン)に近い場所にあります。
「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)と呼ばれ、伝統家屋の町並みが広がるエリアです。↓

写真三枚目:ソウルの朝(ソウル中央高校の校門にて)
The morning at  Seoul Central high school in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:37


ソウルの朝、北村韓屋村

「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)の町並みです。
韓屋とは、韓国固有の家屋のことです。

北村(プッチョン)は朝鮮王朝時代からのお屋敷街で、2001年から伝統家屋の修復・保存が進められています。
撮影したのは通学時間帯だったので、チマチョゴリを来た女の子とお母さんが通っていきました。

写真四枚目:ソウルの朝、北村韓屋村(プッチョンハノクマウル)にて1 북촌
The morning at Bukchon in Seoul, South Korea -1  2010.09.16 08:27


ソウルの朝、北村韓屋村の少女

こちらも朝の「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)にて撮影しました。
チマチョゴリを着た女の子が、おばあちゃんに見送られて登校していきました。
道の左側にある鉢植えに育っていたのは、なんと唐辛子でした。

写真五枚目:ソウルの朝、北村韓屋村(プッチョンハノクマウル)にて2 북촌
The morning at Bukchon in Seoul, South Korea -2  2010.09.16 08:26


北村韓屋(地図)


大きな地図で見る

北村へのアクセス(ソウルナビの記事へのリンクです)
北村(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月12日 (日)

韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話

石焼ビビンバ

今回は、韓国での食事の話を書こうと思います。(注:グルメ旅行記ではありませんので、あしからず。)
こちらは、日本でもおなじみの石焼ビビンバ。あつあつの出来立てです。
世界遺産になっている古墳公園、「慶州歴史地域」の食堂で、お昼ごはんに食べました。

写真一枚目:비빔밥  石焼ビビンバ  Bibimbap( a popular Korean food )  2010.09.17 11:51


韓国料理の付け合せ

韓国料理には、キムチやナムル等の付け合せが無料でついてきます。
さっきの石焼ビビンバの付け合せはこんな感じでした。
ただし、本場の味は唐辛子が利いていて結構辛いです・・・。(後から来る辛さです。)

よく見ると日本製(リンナイ)のガステーブルですね!(署名とかぶってしまい、見えにくくてすみません。)

写真二枚目:韓国料理の付け合せ  Garnish of Korean food   2010.09.17 11:51


慶州中心部の食堂で食べた朝ごはん

慶州中心部の食堂で食べた朝ごはんです。
秋刀魚、ワカメスープ、ご飯、韓国のり、そしてつけ合わせの品々。
ガイドさんの配慮だったのでしょうが、すごく親近感がわくメニューでした。
銀のさじ(匙 スッカラッ)を使って食べるところが、韓国流です。

写真三枚目:慶州中心部の食堂で食べた朝ごはん
 The breakfast I had at a restaurant at Gyeongju City, South Korea  2010.09.17 07:29


菓子パンとバナナミルク

こちらは菓子パンとバナナミルク。
バナナミルクは名前の通りバナナ味の牛乳で、韓国で大人気だそうです。
釜山の金海国際空港内にある、セブンイレブンで売っていました。

写真四枚目:菓子パンとバナナミルク(釜山 金海国際空港にて)
 A sweet roll and banana milk  2010.09.18 07:42


ホテルの備品の料金表(韓国 慶州コーロンホテル)

食事の話からちょっとずれますが、こちらはホテルの備品の料金表です。
韓国のホテルは日本と違って、有料のものがあるので注意してください。
ハブラシ、シャンプーは、国の政策により有料になっています。これらは持参するのをお勧めします。

慶州などの地方都市では、水(500mlペットボトル)はホテルで購入するのが便利です。
これは慶州のコーロンホテルのものですが、だいたいの目安にしてください。

私は韓国に行った当初、ウォンを両替していなかったので、水を買うときに困りました。
ただし、大きなお金は日本円で持っていたほうがいいと思いますので、
韓国到着後にすぐ、空港かホテルで3000円程度両替しておけば、当面はまず大丈夫です。

写真五枚目:ホテルの備品の料金表(韓国 慶州コーロンホテル)
 Room Bar Check( KOLON HOTEL,Gyeongju City, South Korea)  2010.09.17 07:00


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)
第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月11日 (土)

韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)

古墳と、赤い日傘をさして近づいていく人たち

これはなんだ??ピラミッド??
実はこれ、韓国の古墳なのです。
赤い日傘をさして近づいていく人たちが、とても小さく見えました。

ここは韓国・南東部、慶尚北道(キョンサンプット)に位置する「慶州」(キョンジュ)。
新羅時代の都があった都市で、日本で言う京都・奈良のような古都です。
「屋根のない博物館」と呼ばれ、世界遺産が3地域(4ヶ所)あります。

そのひとつが、今回ご紹介する「慶州歴史地域」です。

写真一枚目:경주 역사유적 지구 고분공원 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、古墳公園 9月
  UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|Royal tumuli at Gyeongju
  ( photo in September)   2010.09.17 11:21


大陵苑入口

「慶州歴史地域」にある「大陵苑」(テヌンウォン)は、12万坪の敷地内に23基の古墳が残る古墳公園です。
チケットを購入して、入り口(写真)から入っていくと・・・↓

写真二枚目:경주 역사유적 지구 대릉원 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、大陵苑入口
   UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|The Tumuli Park Belt
     The entrance of the Tumuli Park at Gyeongju  2010.09.17 10:45


大陵苑の松の木

松の木の植えられた公園を、森林浴をしながら、しばらく歩くことになります。

写真三枚目:경주 역사유적 지구 대릉원 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、大陵苑の松の木
   UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|The Tumuli Park Belt
     Pine trees at the Tumuli Park ,Gyeongju  2010.09.17 11:14


大陵苑の古墳

公園内部は、どこを見渡しても古墳!
新羅時代の王族の古墳だそうですが、その多くは誰のお墓かわかっていないそうです。

写真四枚目:경주 역사유적 지구 대릉원 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、大陵苑の古墳
   UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|The Tumuli Park Belt
     Royal tumuli at the Tumuli Park ,Gyeongju  2010.09.17 11:55


天馬塚

古墳内部が公開されているのは、大陵苑の中にある「天馬塚」(チョンマチョン)です。
発掘された装飾品の数々は、天馬塚内部のほか、近くの国立慶州博物館で見ることができます。

写真五枚目:경주 역사유적 지구 천마총(대릉원) 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、天馬塚(大陵苑)
   UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|The Tumuli Park Belt|Cheonmachong
     The entrance of Cheonmachong (Heavenly Horse Tomb) at the Tumuli Park ,Gyeongju  2010.09.17 10:57


121106

こちらは、雁鴨池(臨海殿址)のライトアップの様子です。

雁鴨池(アナプチ)は、674年新羅の文武王が作らせた人工の池で、新羅の王侯貴族が船を浮かべて遊んだ場所です。
臨海殿址(イメジョンジ)は新羅王宮の別宮で、現在、池のほとりには当時の建物が再現されています。

夜は池とともに臨海殿址がライトアップされて、とてもきれいです。
(季節・当日の天気により、体感温度がかなり違います。開園時間とあわせて確かめて出かけて下さい。)

写真六枚目:경주 역사유적 지구 안압지 해전지 韓国・世界遺産 慶州歴史地域、雁鴨池(臨海殿址)ライトアップ
    UNESCO World Heritage in South Korea|Gyeongju Historic Areas|Anapji Pond
       They light up the reconstructed pavilions overlooking Anapji Pond.  2010.09.16 20:16


※ほかにも・・・慶州歴史地域には、東洋最古の天文台である「贍星台」(チョムソンデ)があります。
写真は、こちらのバックナンバーをどうぞ。→韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域

※ほかにも・・・慶州にはこれだけの世界遺産があります。バックナンバーでご紹介しています。
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)


※慶州へは釜山から入るのが便利です。参考にしてください。(プサンナビの記事へのリンクです。)
釜山から慶州へのアクセス方法
釜山から行く韓国の世界遺産
  
慶州歴史地域(地図)

大きな地図で見る


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月10日 (金)

韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】

チャガルチ市場の女性(韓国 釜山)

こちらは、韓国最大の水産市場で会った、韓国美人のお姉さんです。
「チャガルチ市場」は6階建の大きな建物で、1階が鮮魚市場(写真)になっています。

写真一枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場の女性(韓国 釜山)1
 A woman who works in Jagalchi Market (Busan City, South Korea) -1  2010.09.17 13:50
 Jagalchi Market is the biggest marine market in South Korea.


チャガルチ市場の女性(韓国 釜山)

チャガルチ市場の建物入り口にて見かけた、市場で働く女性です。

写真ニ枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場の女性(韓国 釜山)2
 A woman who works in Jagalchi Market (Busan City, South Korea)- 2  2010.09.17 13:46


海、チャガルチ市場のデッキから(韓国 釜山)

チャガルチ市場のすぐ裏は、海!
デッキからの眺めは最高で、地元の皆さんの憩いの場になっています。

写真三枚目:부산 자갈치시장 海、チャガルチ市場のデッキから(韓国 釜山)
 Sea from the deck of the Jagalchi Market (Busan City, South Korea)  2010.09.17 13:54


救急車とチャガルチ市場(韓国 釜山)

チャガルチ市場の建物の外(場外)には、無数の露店が並びます。
これらの”場外”も含めて「チャガルチ市場」と呼ぶ場合が多いようです。

たまたま止まっていた救急車の向こう、ビーチパラソルの辺りは、昼過ぎまで出ている露店です。
(夕方に行くと見られない光景なので、ご注意を。) これからご紹介しますね。↓

写真四枚目:부산 자갈치시장 救急車とチャガルチ市場(韓国 釜山)
 Ambulance and Jagalchi Market (Busan City, South Korea)  2010.09.17 13:58


チャガルチ市場の露店(韓国 釜山)

ビーチパラソルの下、たくさんの露店が並びます。ものすごい熱気を感じました。
売り物の魚に注意しながら、少し狭い通路を、どんどん歩いていきます。

写真五枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場の露店1(韓国 釜山)
 The stall of Jagalchi Market (Busan City, South Korea)- 1  2010.09.17 13:44


チャガルチ市場の露店(韓国 釜山)

こちらも、ビーチパラソルの下の露店の様子です。
無数に並べられた魚の持つ、美しさにみとれてしまいました。

写真六枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場の露店2(韓国 釜山)
 The stall of Jagalchi Market (Busan City, South Korea)- 2  2010.09.17 13:42


チャガルチ市場で会った、托鉢する僧侶と小僧さん(韓国 釜山)

チャガルチ市場(場外)で見かけた、托鉢の光景です。
小僧さんたち、かわいいですね。

写真七枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場で会った、托鉢する僧侶と小僧さん(韓国 釜山)
 The priests who do fakirism at Jagalchi Market (Busan City, South Korea)  2010.09.17 13:58


チャガルチ市場の果物売りのおじさん(韓国 釜山)

こちらも、チャガルチ市場(場外)で見かけた光景です。
韓国では、こんな風に果物を売っている光景をよく見かけました。
ちなみに、背後にあるお店「GS25」は、韓国で一番多いコンビニです。

写真八枚目:부산 자갈치시장 チャガルチ市場の果物売りのおじさん(韓国 釜山)
 The man who sells fruit at Jagalchi Market (Busan City, South Korea)  2010.09.17 14:00


※次回は、釜山から慶州へ移動して、慶州の世界遺産をご紹介します。

チャガルチ市場の地図


大きな地図で見る
チャガルチ市場の地図(日本語)
http://www.pusannavi.com/shop/2103/map/


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月 9日 (木)

韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】

海の見える踏切1

映画やドラマに数多く登場する「海の見える踏切」があると聞いて、地図だけを頼りに、夕暮れ時出かけてみました。
坂を少し上って到着すると、遮断機の音がします。もしや・・・電車が来る!
しかも、踏切に鉄道員さんが、ふたりも!!日本では見られなくなった風景に感激しました。(つづく↓)

海の見える踏切2

海の見える踏切3

海の見える踏切4

海の見える踏切5

海の見える踏切6

海の見える踏切7

すぐに電車が来て、海雲台駅方面へ走り去っていきました。
あっという間の出来事。背後には、海と島影。とても美しい夕暮れでした。

写真全7枚:부산 해운대 海の見える踏切(釜山・海雲台(ヘウンデ))
The railroad crossing where the sea is seen ( at Haeundae ,Busan City,South Korea )
  2010.09.17 18:17:16~18:17:42


※次回は「旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】」の予定です。

※「海の見える踏切」の場所:海雲台ビーチの端、遊覧船ターミナルのそばです。
「釜山海雲台海水浴場の地図」の、→(右矢印マーク)を6回クリックした辺りになります。


powered by 地図Z

釜山市内の地図(日本語)
http://images.pusannavi.com/airport/pusan.html


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月 8日 (水)

韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】

韓国・釜山の浜辺で海を見ていた青年

韓国・釜山の浜辺で海を見ていた青年は、今頃どうしているだろう・・・。
旅先に居合わせた青年が、あの日、親切に記念写真を撮ってくれました。
(その後、青年の後姿を撮らせてもらったのが、この写真です。)
最近の朝鮮半島情勢を思うたび、あの青年が被っていた迷彩色の帽子が目に浮かびます。

私が韓国に行ったのは、今年(2010年)の9月でした。
前回(2010年3月)に引き続き、韓国の世界遺産と街の風景を撮影するためです。
旅の最後に訪ねたのが、韓国南部の都市・釜山でした。

韓国・世界遺産の旅シリーズは、当ブログの特別編として掲載しています。
今回(第2シーズン)は、平和へのささやかな祈りをこめて、この写真から始めたいと思います。

写真一枚目:부산 해운대비치 海を見ていた青年
(釜山・海雲台海水浴場(海雲台ビーチ、ヘウンデビーチ、해운대비치、Haeundae Beach))
 A guy looking at Haeundae Beach in Busan,South Korea  2010.09.17 17:25


釜山の海雲台ビーチ(へウンデ ビーチ)

青年が見ていた海は、釜山の海雲台ビーチ(へウンデ ビーチ)です。
海雲台は国際的なリゾート地です。1.5kmにわたって美しい砂浜が続き、ホテルや免税店、レストランが立ち並びます。
夕暮れ時には、散歩する欧米人をかなり見かけました。

写真二枚目:부산 해운대비치 釜山・海雲台ビーチ(へウンデ ビーチ、Haeundae Beach)
 Haeundae beach in Busan,South Korea 2010.09.17 17:18


釜山アクアリウムのサメ

海雲台ビーチに隣接しているのが、釜山アクアリウムです。
全長80mの巨大海底トンネルがあり、サメやエイを間近で見ることができます。
↑水族館の割引クーポン(2011年6月30日まで)をみつけたので、リンクを載せておきますね。

20時過ぎに訪ねたのですが、夜の水族館はとても神秘的で、ちょっとした冒険気分でした。
とても助かったのは、受付が日本語OKで、日本語のパンフレットがあったことです。
割引クーポンを使ったので、大人ひとり1000円程度で入ることができました(2010年9月当時の為替レートで概算)。

写真三枚目:부산아쿠아리움 釜山アクアリウムのサメ
  Sharks in Busan Aquarium((Busan (Pusan) City), South Korea) 2010.09.17 20:32


釜山中心部から海雲台(へウンデ)へ続く道路

こちらは、釜山中心部から海雲台(へウンデ)へ続く道路です。どこまでも海の上を走ります。
沿岸部は、御覧のとおり、高層マンションの建設ラッシュでした。

写真四枚目:부산 해운대 釜山中心部から海雲台へ続く道路
 Road from Central Busan to Haeundae (South Korea) 2010.09.17 16:38


※次回は「旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】」の予定です。

釜山海雲台海水浴場の地図

powered by 地図Z

釜山市内の地図(日本語)
http://images.pusannavi.com/airport/pusan.html


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ