滋賀の里山/Satoyama Landscape(Shiga,Japan)

2014年11月 2日 (日)

奥永源寺の紅葉(2014/11/1撮影・滋賀県東近江市蛭谷町)



11月の雨の日は、お日様が恋しくなりますね。
今日は一足早く、山里の紅葉の風景をお届けします。
撮影地は三重県との境に近い、滋賀県東近江市蛭谷町(ひるたに)。
鈴鹿山中の小椋谷と呼ばれる地域で、近年は奥永源寺地域とも呼ばれる、滋賀の奥座敷です。

永源寺ダムから奥永源寺にかけて紅葉が見頃になると、
その"15日後"に麓の「永源寺」が紅葉の見頃を迎えるそうです。
地元の方からそう教えていただきました。

やはり今年は、例年より紅葉の見頃が早くなりそうな予感が・・・
(撮影スケジュールを早めないといけないかも・・・と、ただいま諸事調整中です^^;)

ちなみに滋賀県南部では、街路樹のイチョウや桜の葉が既に紅葉してます。
皆さまのお住まいの地域はいかがでしょうか?


さて、今回の撮影地の蛭谷から君ケ畑にかけては、日本の木地師発祥の地とされています。
木地師とは、ろくろなどの道具を使ってお椀や盆を作る職人さんのこと。

平安時代に政争を逃れた惟喬親王(これたかしんのう・文徳天皇の第1皇子)が
蛭谷・君ケ畑に隠れ住み、当地にろくろの技術を伝えたという伝承があります。

蛭谷と君ケ畑には、現役の木地師さんがそれぞれ一人ずつおられます!
昨日は雨の中を歩いて、そのお二人に会ってきました。
『近江山河抄の舞台を歩く』の中で、後日ご紹介できればと思っています。

▼君ケ畑の木地師、小椋昭二さんがfacebookで作品(写真)を公開されています。
木目を活かした素晴らしい作品で、実物も息を呑むような美しさでした。
こちらでご覧になれます。⇒ろくろ工房君杢kimimok(きみもく)


2012年10月 4日 (木)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編49 滋賀の里山から(24) 大きな木と、秋の青空 #shiga #japan #photo

滋賀の里山から (24) 大きな木、秋の青空

滋賀県栗東市の金勝山(こんぜやま)周辺には、
どこを撮っても絵になる風景が広がっています。

金勝山のふもとの集落もそうだし、
随筆家白洲正子さんの「かくれ里」に登場する「金勝寺」、
今回ご紹介する金勝山県民の森もお勧めです。
(前回掲載した写真も、県民の森で撮っています。)

場所は、「道の駅こんぜの里りっとう」の隣ですが、
車で来るのは少し大変な場所です。

自動車教習所でやった練習がそのまま役に立つような
傾斜のきつい急カーブの道をこれでもかと上っていって、ようやくたどりつく金勝山。
ほっとした気持ちで見上げれば、大きな木と、秋の青空。
「道の駅こんぜの里りっとう」の駐車場で出会った風景です。

今日はこの一枚で。


「滋賀の里山から (24) 大きな木、秋の青空」 撮影地:滋賀県栗東市荒張(金勝山県民の森)
"From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(24) Big tree and blue sky in Autumn"
Photography by J.Kanematsu.October 18, 2011.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年10月 3日 (水)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編48 滋賀の里山から(23) 秋の日暮れ時、蒼い空 #shiga #japan #photo

滋賀の里山から (23) 秋の日暮れ時、蒼い空

秋の空の蒼の深さというのは、探して出会うものではなく、
日暮れ時の一瞬にふと出会うような、
そういうものかもしれません。

屋外にちょっと長居しているときや、夕方に車の運転をしているとき、
長い道を時間をかけて帰る人が、どこかで見ている空。

今日はこの一枚で。


「滋賀の里山から (23) 秋の日暮れ時、蒼い空 」 撮影地:滋賀県栗東市荒張(金勝山県民の森)
"From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(23) Deep blue sky in Autumn"
Photography by J.Kanematsu.October 18, 2011.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年10月 2日 (火)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編47 滋賀の里山から(22) オンブバッタのメスが、背中にオスを乗せています(頭のほうからそっと撮影) #shiga #japan #photo

滋賀の里山から (22) オンブバッタのメスが、背中にオスを背に乗せています(頭のほうからそっと撮影)

秋になるとよく見かけるのが、オンブバッタのカップル。
体の大きいほうがメスです。メスはオスを背に乗せて、葉っぱの上にいたり、跳ねていったり。
畑の杭の先にとまっていた二匹を、頭のほうからそっと撮影しました。

滋賀は緑豊かな県です。少し郊外へ出ると、里山が広がっていて、
何気ない風景がすべて被写体になってくれます。
今日はこの一枚で。


「滋賀の里山から (22) オンブバッタのメスが、背中にオスを背に乗せています(頭のほうからそっと撮影) 」
"From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(22)  Smaller longheaded locust(Atractomorpha lata ) "
Photography by J.Kanematsu.October 18, 2011.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年4月21日 (土)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編42 滋賀の里山から(21) 菜の花の畑(平野/ひらのの菜の花漬け) #shiga #otsu #photo

滋賀の里山から (21-1) 菜の花の畑1

里山の竹林の手前に、一面の菜の花畑。青空の下、元気の出る黄色です。
少し向こうに、若い桜の並木道が見えていました。

滋賀の里山から (21-2) 菜の花の畑2

前回よりご紹介しているのが、滋賀県大津市の南東部にある、上田上(かみたなかみ)地区、平野(ひらの)。
私は上田上の里山の風景が好きで、こちらにも時々通っています。

平野の菜の花は、地元の方の手で、菜の花漬けになります。
販売先を探したら、こちらの滋賀ガイドさんの記事で紹介されていました。
http://www.gaido.jp/machikado/machikado.php?ID=3794

滋賀ガイドさんによりますと、「黄金漬け」と「新漬け」(浅漬け)があって、
「黄金漬け」は「塩をふったあと半年ほど樽の中で発酵させる伝統的な漬け方」。
「フナ寿司を思わせる独特のクセとほろ苦さ」があって、お酒の肴にもお勧めだそうです。


「滋賀の里山から (21-1) 菜の花の畑1」 撮影地:滋賀県大津市平野‎ 2012.04.12 15:53
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(21-1) Field of rapeseeds (Brassica rapa)

「滋賀の里山から (21-2) 菜の花の畑2」 撮影地:滋賀県大津市平野‎ 2012.04.12 15:51
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(21-2) Field of rapeseeds (Brassica rapa)

Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ
特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ
特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ
特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?
特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花
特別編25 滋賀の里山から(6) 春になると北へ帰る鳥、シロハラ
特別編26 滋賀の里山から(7) 春を告げるスミレ、シハイスミレ(紫背菫)
特別編27 滋賀の里山から(8) 涼しげな水辺の風景、スイレンの葉
特別編28 滋賀の里山から(9) 涼しげな水辺の風景、スイレンの花
特別編29 滋賀の里山から(10) カナヘビとアジサイの花
特別編30 滋賀の里山から(11) コンニャク畑にて、葉の上で休憩していたのは・・・。
特別編31 滋賀の里山から(12) 夏のゴマダラカミキリ
特別編32 滋賀の里山から(13) 青紫色の妖精、キキョウ(桔梗)の花
特別編33 滋賀の里山から(14) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。
特別編34 滋賀の里山から(15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)
特別編35 滋賀の里山から(16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で
特別編36 滋賀の里山から(17) 冬の穏やかな黄色、ユズ(柚子)の実
特別編37 滋賀の里山から(18) 「正月の縁起物、マンリョウ(万両)」 野鳥からのプレゼントだそうです。
特別編38 滋賀の里山から(19) 「正月の縁起物、センリョウ(千両)」 皆様にご利益がありますように。
特別編41 滋賀の里山から(20) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年4月20日 (金)

写真ブログ「Katata/堅田」|特別編41 滋賀の里山から(20) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様 #shiga #otsu #photo

一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様1

視線を引いていくと・・・↓

一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様2

畑の畝がまるで何かの模様みたいに見えて、そのまま撮影してみました。
芽吹いた緑と、畝の間の水がきらきらして、春の訪れを感じた一日。

4月中旬の里山は一雨ごとに表情が変わっていきます。
写真の右側の畑は、菜の花が満開でした。

菜の花の写真は次回掲載しますね!


「滋賀の里山から (20-1) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様1」 撮影地:滋賀県大津市平野‎
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(20-1) A spring field   2012.04.12 15:56:20

「滋賀の里山から (20-2) 一雨ごとに潤む。春の畑の幾何学模様2」 撮影地:滋賀県大津市平野‎
From Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan(20-2) A spring field   2012.04.12 15:56:54

Satoyama landscape in Hirano,Otsu City,Shiga prefecture,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ
特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ
特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ
特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?
特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花
特別編25 滋賀の里山から(6) 春になると北へ帰る鳥、シロハラ
特別編26 滋賀の里山から(7) 春を告げるスミレ、シハイスミレ(紫背菫)
特別編27 滋賀の里山から(8) 涼しげな水辺の風景、スイレンの葉
特別編28 滋賀の里山から(9) 涼しげな水辺の風景、スイレンの花
特別編29 滋賀の里山から(10) カナヘビとアジサイの花
特別編30 滋賀の里山から(11) コンニャク畑にて、葉の上で休憩していたのは・・・。
特別編31 滋賀の里山から(12) 夏のゴマダラカミキリ
特別編32 滋賀の里山から(13) 青紫色の妖精、キキョウ(桔梗)の花
特別編33 滋賀の里山から(14) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。
特別編34 滋賀の里山から(15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)
特別編35 滋賀の里山から(16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で
特別編36 滋賀の里山から(17) 冬の穏やかな黄色、ユズ(柚子)の実
特別編37 滋賀の里山から(18) 「正月の縁起物、マンリョウ(万両)」 野鳥からのプレゼントだそうです。
特別編38 滋賀の里山から(19) 「正月の縁起物、センリョウ(千両)」 皆様にご利益がありますように。


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2011年12月15日 (木)

特別編38 滋賀の里山から(19) 「正月の縁起物、センリョウ(千両)」 皆様にご利益がありますように。→

一足早く、お正月の縁起物を写真でお届けしています。
前回、マンリョウ(万両)という植物をご紹介しました。
この「センリョウ(千両)」も、とてもめでたい名前なので、お正月の縁起物です。

↓実が黄色くなるキミノセンリョウ(黄実の千両)もあります。

 キミノセンリョウ(黄実の千両)

センリョウ(千両)、前回のマンリョウ(万両)と同じ場所で撮影しました。
民家の生垣に生えていたのですが、マンリョウ同様、「鳥からのプレゼント」だそうです。

実を食べた野鳥が、生垣や庭で糞をしていくそうで、
その後、あちこちに自然に生えてきたとのことでした。

自然の色は優しくていいですね。皆様に「センリョウ」のご利益がありますように^^


「滋賀の里山から (19-1) 正月の縁起物、センリョウ(千両)」 撮影地:滋賀県 2011.12.14 15:48
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(19-1) Sarcandra glabra

「滋賀の里山から (19-2) キミノセンリョウ(黄実の千両)」 撮影地:滋賀県 2011.12.14 15:53
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(19-2) Sarcandra glabra

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2011年12月13日 (火)

特別編37 滋賀の里山から(18) 「正月の縁起物、マンリョウ(万両)」 野鳥からのプレゼントだそうです。こんな植物です→

マンリョウ(万両)

その名も、マンリョウ(万両)。
とてもきれいな実でしょう?赤くてつやつやしてます。
非常にめでたい名前なので、お正月の縁起物です。

撮影した民家では、「特別植えたものではない」と聞きました。
なんと「鳥からのプレゼント」だそうです。
実を食べた野鳥が、生垣や庭で糞をしていくそうで、
その後、あちこちに自然に生えてきたとのことでした。

このマンリョウ、日本では江戸時代から広く愛されてきたそうです。
ウィキペディアによりますと、「古典園芸植物のひとつで、江戸時代には
葉が縮れたりした変異個体が選抜されて、多様な品種群が栽培された。」とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マンリョウ

実は似たような名前で、センリョウ(千両)という植物があります。
やはり正月の縁起物なのですが、マンリョウを撮影した家の生垣にもありました。
というわけで次回は、「センリョウ(千両)」の写真を掲載しますね。

(センリョウ(千両)も「鳥からのプレゼント」だそうです。
なんだか昔話みたいで、いい話だなと思いました^^
里山と人の暮らしは、昔はもっと近かったのかもしれませんね。)


「滋賀の里山から (18) 正月の縁起物、マンリョウ(万両) 」 撮影地:滋賀県 2011.12.10 9:58
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(18) Coral bush(Ardisia crenata )

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2011年12月11日 (日)

特別編36 滋賀の里山から(17) 冬の穏やかな黄色、ユズ(柚子)の実 #shiga #photo

冬の穏やかな黄色、ユズの実

寒い日が続く中、冬の畑で目に留まったのが、穏やかな黄色。
まん丸で表面はボコボコしています。おなじみ、ユズ(柚子) の実です。

かんきつ類の黄色は、一見派手ではないけれど、
じんわりと心を温めてくれるような、きれいな色だな・・・と思いました。

そういえば、日本古来の色「蜜柑色」も、同じような力を持っているように感じます。
(蜜柑色の色見本はこちら→http://www.colordic.org/colorsample/2240.html

さて、日本では、冬至に柚子湯に入浴する習慣があります。
今年(2011年)の冬至は12月22日。みなさま、ゆっくりお風呂に入って、一年の疲れを癒してくださいね。
ちなみに「柚子湯」は冬の季語だそうです。(http://ja.wikipedia.org/wiki/柚子湯)


「滋賀の里山から (17) 冬の穏やかな黄色、ユズ(柚子)の実」 撮影地:滋賀県 2010.11.27 15:32
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(17) Yuzu(Citrus junos )

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ
特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ
特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ
特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?
特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花
特別編25 滋賀の里山から(6) 春になると北へ帰る鳥、シロハラ
特別編26 滋賀の里山から(7) 春を告げるスミレ、シハイスミレ(紫背菫)
特別編27 滋賀の里山から(8) 涼しげな水辺の風景、スイレンの葉
特別編28 滋賀の里山から(9) 涼しげな水辺の風景、スイレンの花
特別編29 滋賀の里山から(10) カナヘビとアジサイの花
特別編30 滋賀の里山から(11) コンニャク畑にて、葉の上で休憩していたのは・・・。
特別編31 滋賀の里山から(12) 夏のゴマダラカミキリ
特別編32 滋賀の里山から(13) 青紫色の妖精、キキョウ(桔梗)の花
特別編33 滋賀の里山から(14) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。
特別編34 滋賀の里山から(15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)
特別編35 滋賀の里山から(16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で


堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2011年9月28日 (水)

特別編35 滋賀の里山から(16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で #shiga #photo

滋賀の里山から (16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で

里山を撮影していて、秋もまた、昆虫のペアを見ることが多い季節です。

すっかり葉の色に溶け込んでいますが、オンブバッタのペアがいるのは・・・
前回ご紹介したコムラサキの枝の上。

コムラサキは、紫色の果実が本当に美しい低木です。
残念ながら岩手県では絶滅し、その他多数の都道府県で
レッドリストの絶滅寸前・絶滅危惧種・危急種・準絶滅危惧の種に指定されています。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/ムラサキシキブ
参考:日本のレッドデータ検索システム(コムラサキ)


「滋賀の里山から (16) オンブバッタと、紫色の実~コムラサキの枝の上で」 撮影地:滋賀県 2011.09.12 18:23
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(16)
Japanese beautyberry(Callicarpa dichotoma ) and smaller longheaded locust(Atractomorpha lata )

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity
if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


※特別編「滋賀の里山から」バックナンバー一覧です。

特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ
特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ
特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ
特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?
特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花
特別編25 滋賀の里山から(6) 春になると北へ帰る鳥、シロハラ
特別編26 滋賀の里山から(7) 春を告げるスミレ、シハイスミレ(紫背菫)
特別編27 滋賀の里山から(8) 涼しげな水辺の風景、スイレンの葉
特別編28 滋賀の里山から(9) 涼しげな水辺の風景、スイレンの花
特別編29 滋賀の里山から(10) カナヘビとアジサイの花
特別編30 滋賀の里山から(11) コンニャク畑にて、葉の上で休憩していたのは・・・。
特別編31 滋賀の里山から(12) 夏のゴマダラカミキリ
特別編32 滋賀の里山から(13) 青紫色の妖精、キキョウ(桔梗)の花
特別編33 滋賀の里山から(14) アゲハチョウのメスが、今、生まれました。
特別編34 滋賀の里山から(15) 紫色の果実が美しい、コムラサキ(コシキブ)


※特別編「滋賀県内の町」バックナンバー一覧です。

特別編5・滋賀里(1) 崇福寺跡への山道にたたずむ 志賀の大仏(おぼとけ)
特別編6・滋賀里(2) 志賀八幡神社
特別編7・滋賀里(3) 百穴古墳群(ひゃっけつ こふんぐん)

特別編8・北小松 (1) 雪の棚田の前を走っていく電車
特別編9・北小松 (2) 北小松の町並み
特別編10・北小松 (3) 北小松駅から見た琵琶湖の眺め
特別編11・北小松 (4) 雪の日の琵琶湖(北小松漁港付近)

特別編21・高島市勝野 (1) お正月の散策にどうぞ。歴史ロマンあふれる乙女ヶ池
特別編22・高島市勝野 (2) 織田氏ゆかりの城下町(総門と路地)
特別編23・高島市勝野 (3) 西近江路の町。万葉歌碑の前にて
特別編24・高島市勝野 (4) 造り酒屋、曳山の蔵、町割用水路の残る町並み   


堅田(アクセス・地図/map)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ