京都/Kyoto,Japan

2014年11月30日 (日)

滋賀と京都の紅葉(2014年11月撮影)【洛北】大原から古知谷阿弥陀寺、蓮花寺、赤山禅院 【滋賀】湖東三山、永源寺、石山寺、三井寺、日吉大社、西教寺、鶏足寺、石道寺、湖南三山、不動寺、太郎坊宮、教林坊



11月後半はいかがお過ごしでしたか?
私は連日、紅葉の撮影で、京滋のお寺を中心に回っていました。
ひたすら早起きして、移動、撮影、移動の毎日でした。

名刹は山の中、石段の上にあることが多いので、バスと電車の後は てくてく歩きます。
この数年でだいぶ鍛えられたかな、と思いつつ、上り坂はやっぱり苦手です^^;

冒頭の写真は、京都市左京区にある天台宗寺院「蓮華寺」(れんげじ)にて。
「そうだ 京都、行こう。」という名キャッチコピーがありますが、まさにそんな感じですね。

蓮華寺は池泉鑑賞式庭園で知られ、石仏もまた美しいお寺です。
比叡山麓にある八瀬駅の一つ手前(上橋)でバスを下りると、蓮華寺があります。



この秋も、撮影を通じて、いろんな一期一会がありました。
紅葉の前は奈良に伺ったのですが、奈良の皆さんには本当に良くして頂きました。
斑鳩町の皆さま、奈良市の皆さま、本当にありがとうございました。

京都大原や滋賀各地へと、定刻どおりバスを走らせてくれる運転士さん。
お寺の拝観受付や交通整理、道案内をされていた地元の方々。
遠くは横浜や奈良から、滋賀の湖南三山へ参拝していただいた皆さま。
さまざまな出会いとご縁に、感謝します。


◎滋賀と京都の紅葉(2014/11/21~28撮影)
・京都市北部(洛北) :蓮花寺、古知谷阿弥陀寺、大原(三千院近辺)、赤山禅院
・滋賀県東部[甲良町・愛荘町・東近江市]:西明寺・金剛輪寺・百済寺(湖東三山)、永源寺
・滋賀県南部~西部[大津市]:石山寺、三井寺、日吉大社、西教寺
・滋賀県北部[長浜市]:鶏足寺(旧飯福寺)、石道寺
・滋賀県南部[湖南市]:常楽寺・長寿寺・善水寺(湖南三山)、不動寺
・滋賀県東部[東近江市]:太郎坊宮、教林坊

※上記の写真を「NIKON IMAGE SPACE」で限定公開しています。
滋賀京都の紅葉/秋の風景2014
(NIKON IMAGE SPACEにジャンプします)

※提携先のアマナイメージズにて今後掲載(販売)予定です。
寺社の写真はこちら
風景写真はこちら

↑上記リンク先の「この作家を検索」から、他の掲載作品をご覧いただけます。

※写真に関するお問い合わせはメールフォームからお願いします。
※撮影者ホームページ:Jun Kanematsu Photo Works(兼松純写真事務所)


2012年5月17日 (木)

【葵祭】2012年5月16日(水) 晴天の下鴨神社にて、関係者で行われた「社頭の儀」の写真を掲載しています(写真ブログKatata/堅田) #kyoto #photo

Aoi_festival2012_051601

葵祭というと、都大路を行列が行く「路頭の儀」が有名ですが、
今回ご紹介するのは、下鴨神社の舞殿で行われる「社頭の儀」(11時40分頃開始)です。

葵祭の起源は6世紀に遡ります。平安京が造営される前の京都では凶作が続いたため、
当時の天皇が上賀茂神社と下鴨神社に勅使を送って五穀豊穣を祈願したのが起源とされています。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/葵祭)

関係者が身に着けるのは、御神紋のカモアオイ(双葉葵、賀茂葵)という植物です。
カモアオイ自体はとても小さな植物のため、葉の形のよく似たカツラの枝を一緒に挿します。

※このページの写真は18枚です。読み込みに多少時間がかかることがあります。御了承下さい。


Aoi_festival2012_051602

舞殿に行列が入ってきました。先頭は楽士たち。雅楽の楽器が続きます。

Aoi_festival2012_051603


Aoi_festival2012_051604

童女(わらわめ)は、斎王代の傍らに仕える少女。愛らしい姿ですね。続いて斎王代が入ってきました。

Aoi_festival2012_051605


Aoi_festival2012_051606

Aoi_festival2012_051607

Aoi_festival2012_051608

美しい女人列が続きます。装束が本当に素晴らしかったです。この雰囲気が皆さんに伝わりますように。


Aoi_festival2012_051609

神服殿に座った斎王代と女人たち。生きているお雛様を見ているようでした。


Aoi_festival2012_051610

伝統の祭儀「社頭の儀」の様子です。

Aoi_festival2012_051611

社頭の儀を終えた勅使が舞殿を降りるところです。4人の侍従が付き従います。
向かいの神服殿で斎王代と女人たちが儀式を見守ります。


Aoi_festival2012_051612

ぶどう色の装束の男性が陪従(べいじゅう)。一人は和琴を抱えています。

Aoi_festival2012_051613

勅使が舞殿を退出すると、陪従(べいじゅう)が歌を唱えます。後姿がまた見事でした。日本の美、ですね。


Aoi_festival2012_051614

緋色の装束の舞人(まいうど)。裾の模様も季節感があって素晴らしかったです。

Aoi_festival2012_051615

6人の舞人が舞殿に昇り、駿河舞と求子舞(もとめごまい)を舞うのが「東游(あずまあそび)」。
傍らで見守る人の装束と小物にも見とれてしまいました。ピンクが斬新で効いています。

Aoi_festival2012_051616

舞殿を一旦降りた舞人たちは、皆の前で肩袖を下ろします。現われたのは新緑を思わせる色。

Aoi_festival2012_051617

再び舞殿に昇って舞う、舞人たち。東游(あずまあそび)が終わると、社頭の儀終了です。


Aoi_festival2012_051618

行列に使われた風流傘(ふりゅうがさ)が、楼門の外に並べられていました。
溢れんばかりの造花で飾られて、神社の緑に映えていました。

行列は下鴨神社で休憩をとって、この後、上賀茂神社へと向かいました。
私は3日続けての下鴨神社での撮影となりましたので、そのまま帰りました。
今回思いがけず、貴重な撮影の機会を頂きました。深く御礼申し上げます。


前日の5月15日(火)、雨の下鴨神社にて、関係者だけで行われた「勅使奉幣の儀」の写真は こちらに掲載しています。http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012515katata-k.html

前々日の5月14日(月)に行われた葵祭前儀「献饌供御人行列」(本堅田、下鴨神社)の写真は、後日掲出します。
2009-2011年度の供御人行列の写真はこちらに収録しています。
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/cat39653099/index.html

※「献饌供御人行列」 葵祭の前日(5月14日)、滋賀県大津市本堅田から、下鴨神社へ琵琶湖の鮒を届ける神事。


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


2010年12月31日 (金)

京都・年の瀬の風景(2) 貴船

貴船神社は水の神様としての信仰だけでなく、「縁結び」の神社としても有名です。
(平安時代の歌人・和泉式部が貴船神社に参詣し夫と復縁したことによるものです。)

水も、ご縁も、人には大切なものですね。
年の瀬らしくて、この時期の空気感のある写真ということで、一年の最後に、貴船の写真を選んでみました。

ちなみに前回は、「商売繁盛」の神様・伏見稲荷大社から、景気がいい写真をお届けしています。
楽しんでいただければ幸いです。皆様、よいお年をお迎え下さい。

冬の貴船1

京都の奥座敷と言われる貴船。貴船川沿いの細い道に老舗の料理店、料理旅館が続きます。
朱塗りの橋(鞍馬寺西門に続く橋)の側を、板前さんが歩いていく姿が見えます。

写真一枚目:「冬の貴船1」 撮影地:鞍馬寺西門付近(京都市左京区鞍馬貴船町)
Winter Kibune 1;Around Kibune Shrine in Kyoto,Japan   2008.12.30 12:17


冬の貴船2・門松(料理旅館 右源太の前で

貴船の料理旅館のひとつ、右源太(うげんた)の前で撮影しました。見事な門松ですね!
御覧の通り、関西の門松は葉牡丹が入るのが特徴です。

「関西では3本組の竹を中心に、前面に葉牡丹(紅白)後方に長めの若松を添え、下部を竹で巻く。
豪華になると梅老木や南天、熊笹やユズリハなどを添える。」(ウィキペディアより)

写真二枚目:「冬の貴船2・門松(料理旅館 右源太の前で)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町76
Winter Kibune 2; A kadomatsu in Kyoto style( in front of ryokan (Japanese inn) UGENTA)  2008.12.30 13:33

"A kadomatsu (門松, literally "gate pine") is a traditional Japanese decoration of the New Year placed in pairs
in front of homes supposedly to welcome ancestral spirits or kami of the harvest. They are placed after
Christmas until January 7 (or January 15 during the Edo period) and are considered temporary housing (shintai)
for kami. Designs for kadomatsu vary depending on region but are typically made of pine, bamboo, and sometimes
ume tree sprigs which represent longevity, prosperity and steadfastness, respectively. “The fundamental function
of the New Year ceremonies is to honor and receive the toshigami (deity), who will then bring a bountiful harvest
for farmers and bestow the ancestors’ blessing on everyone.” After January 15 (or in many instances the 19th)
the kadomatsu is burned to appease the kami or toshigami and release them."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Kadomatsu )


冬の貴船3・貴船神社奥宮参道

貴船神社奥宮の参道から撮影しました。朱塗りの灯篭と木立に貴船らしさを感じます。

写真三枚目:「冬の貴船3・貴船神社奥宮参道」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 3;Around Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 13:18


冬の貴船4・貴船の森(貴船神社奥宮から)

貴船神社の奥宮から撮影しました。撮影したのが年の瀬だったこともあり、一層幽玄さがありました。
貴船の森は鴨川の水源地にあたり、水源の森100選に選ばれています。

写真四枚目:「冬の貴船4・貴船の森(貴船神社奥宮から)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 4;Forest at Kibune ( around Kibune Shrine in Kyoto,Japan)  2008.12.30 13:14


冬の貴船5・龍絵馬(貴船神社本宮にて)

貴船の神様は龍神様(水の神様)であるとの信仰にちなみ、絵馬のひとつが「龍絵馬」(写真)になっています。

貴船神社は絵馬発祥の社とも言われています。
「古来より、晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたが、実際の馬に代わって木の板に
描いた馬が奉納されたこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われる。」(ウィキペディアより)

写真五枚目:「冬の貴船5・龍絵馬(貴船神社本宮にて)」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町
Winter Kibune 5;Ema at Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 13:14

"Ema (絵馬) are small wooden plaques on which Shinto worshippers write their prayers or wishes.
The ema are then left hanging up at the shrine, where the kami (spirits or gods) receive them.
They bear various pictures, often of animals or other Shinto imagery, and many have the word gan'i
(願意), meaning "wish", written along the side. In ancient times people would donate horses to the
shrines for good favor, over time this was transferred to a wooden plaque with a picture of a horse,
and later still to the various wooden plaques sold today for the same purpose."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Ema_%28Shinto%29 )


冬の貴船6・貴船神社本宮参

貴船神社本宮参道。もうすぐ階段を上りきるところです。

本宮では、境内の霊泉に浮かべると文字が浮かんで見えてくるおみくじ(水占おみくじ)を売っています。
御神水は無料で汲んで帰ることができますので、おみやげにどうぞ。

写真六枚目:「冬の貴船6・貴船神社本宮参道」 撮影地:京都市左京区鞍馬貴船町180
Winter Kibune 6;Kibune Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 12:20

"Ema (絵馬) are small wooden plaques on which Shinto worshippers write their prayers or wishes.
The ema are then left hanging up at the shrine, where the kami (spirits or gods) receive them.
They bear various pictures, often of animals or other Shinto imagery, and many have the word gan'i
(願意), meaning "wish", written along the side. In ancient times people would donate horses to the
shrines for good favor, over time this was transferred to a wooden plaque with a picture of a horse,
and later still to the various wooden plaques sold today for the same purpose."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Ema_%28Shinto%29 )


※当ブログのタイトル「堅田」(滋賀県大津市)との位置関係を示すために表示しています。

※地図の中心が、京都の「大原」。右へ行くと、「堅田」。中央に戻って、左へ行くと「貴船」です。

(堅田を起点に京都市内へ抜ける道を”途中越え”といい、大原を通って宝ヶ池へ抜けます。
宝ヶ池は京都市内から比叡山や鞍馬・貴船に行く入り口となる場所です。)


大きな地図で見る

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2010年12月30日 (木)

京都・年の瀬の風景(1) 伏見稲荷大社・奉納品の前に立つ着物美人

着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)

商売繁盛の神様といえば、お稲荷さん。
年の瀬らしくて、景気がよくて、この時期の空気感のある写真ということで、
お稲荷さんの総本宮【伏見稲荷大社】(京都市伏見区)の写真を選んでみました。

ちなみに堅田(当ブログの舞台・滋賀県大津市)と京都の間はJRで約20分。
伏見稲荷大社へは、京都駅からJRでわずか5分の世界です。


伏見稲荷の年の瀬は、新しい年を迎えるにあたって、京都中の企業から奉納品が集まってくる時期です。
その景色を撮っていこうと、2008年の年末に立ち寄ったときの写真です。
帰り際に外拝殿に寄ったら、こんな風に着物姿の女性が立っていたのでした。

こんな風景が日常としてあるのが、京都。伏見稲荷周辺には、情緒あふれる門前町もあります。
そんなところを含めて、あの周りはまさに「京都」だという感じがします。

拝観料不要、閉門時間が無いことから、外国人観光客を数多く見かける場所でもあります。
(英語、ときには日本語で話しかけられることもたびたびです。)

写真一枚目:「着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)」 2008.12.30 16:38:16
A woman who wears a kimono at the end of the year( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )
■撮影地:伏見稲荷大社(京都市伏見区深草藪之内町68番地)


京都 伏見稲荷大社 内拝殿

伏見稲荷大社 拝殿(内拝殿)。ここから本殿を拝みます。

写真二枚目:「京都 伏見稲荷大社 内拝殿」 2008.12.30 16:34:00
Haiden in front of honden( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )


京都 伏見稲荷大社 案内板

伏見稲荷大社は全国に約三万社あると言われるお稲荷さんの総本宮です。
毎年初詣の時期は近畿地方最多の参拝者でにぎわいます。

写真三枚目:「京都 伏見稲荷大社 案内板」 2008.12.30 16:33:46
Guideboard of Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan 


京都 伏見稲荷大社 表参道の夕暮れ(手前:第二鳥居、奥:第一鳥居)

伏見稲荷大社 表参道の夕暮れです。
初詣に向けて、屋台の準備が終わったところを撮影しました。
楼門から撮影したので、手前が第二鳥居、奥が第一鳥居になります。

第一鳥居の目の前にはJR稲荷駅があり、京都駅との間はわずか5分。
今回の写真の場所と千本鳥居だけなら、新幹線の待ち時間に立ち寄ることも可能です。

写真四枚目:「京都 伏見稲荷大社 表参道の夕暮れ(手前:第二鳥居、奥:第一鳥居)」 2008.12.30 16:38:50
The front approach and Torii at the evening( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )

"A torii (鳥居) is a traditional Japanese gate most commonly found at the entrance of or within
a Shinto shrine, where it symbolically marks the transition from the profane to the sacred."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Torii )


京都 伏見稲荷大社 千本鳥居

伏見稲荷といえば、この千本鳥居があまりにも有名ですね。

表参道から千本鳥居までは歩いて10分程度の距離です。
京都駅から電車で来る場合、1時間程度あれば、千本鳥居を抜けた先にある奥社崇拝所まで十分行けます。
(気軽に雰囲気を楽しみたいなら、奥社崇拝所で引き返すのがおすすめです。)

一の峯(頂上)まで行って稲荷山を一周するには、ちょっとした山歩きになりますので、
足元をしっかりしたうえ、雨具持参で2-3時間を目安にお出かけください。

写真五枚目:「京都 伏見稲荷大社 千本鳥居」 2008.12.30 16:27:08
Senbon Torii leading to the inner shrine( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )


"Fushimi Inari Taisha (伏見稲荷大社) is the head shrine of Inari, located in Fushimi-ku, Kyoto, Japan.
The shrine sits at the base of a mountain also named Inari, and includes trails up the mountain to many
smaller shrines. Since in early Japan Inari was seen as the patron of business, each of the Torii is donated
by a Japanese business. First and foremost though, Inari is the god of rice.Merchants and manufacturers
worship Inari for wealth. Donated torii lining footpaths are part of the scenic view.
This popular shrine is said to have as many as 32,000 sub-shrines (bunsha (分社)) throughout Japan."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Fushimi_Inari-taisha )

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ