堅田(アクセス・地図/map)

堅田

堅田は、琵琶湖の西、滋賀県大津市の北部に位置する、湖畔の古い町です。
 滋賀県大津市本堅田(ほんかたた)今堅田(いまかたた)堅田(かたた)に分かれます。

<堅田の町並みと路地>

2008.08.25up Honkatata/本堅田101「藤本石油(株)」 2008.04.24up Honkatata/本堅田045「本堅田1丁目の町並み」
左:堅田本通り商店街・藤本石油(株) 右:湖族の郷資料館近くの町並み
2008.07.24up Honkatata/本堅田077「本堅田1丁目の町並み2」2008.05.05up alley/路地006「本堅田・本福寺の路地1」
左:堅田港近くの町並み 右:本福寺の路地


<造船所出島灯台 のある水辺>

2008.03.24up Imakatata/今堅田004「今堅田出島灯台2」 2008.07.07up Honkatata/今堅田022「今堅田出島灯台付近2」
左:今堅田・出島灯台(でけじまとうだい) 右:杢兵衛造船所


<琵琶湖に浮かぶお寺・浮御堂>
浮御堂の徒歩10分圏内には、寺と神社が他に8つあります。祥瑞寺では、若き日の一休さんが修行し、
光徳寺には、殉教者・堅田源兵衛の首が祭られています。

2008.04.24up Ukimido/浮御堂019「4月の浮御堂1~境内から」 2008.06.12up Honkatata/本堅田058「祥瑞寺開山堂・4月」
左:浮御堂 右:祥瑞寺開山堂


京都からJR湖西線で約25分のところに、そんな町があります。

 琵琶湖の幅が最も狭いところにあるため、堅田は古くから交通の要所でした。
 現在は対岸の守山市今浜町との間に琵琶湖大橋があります。

2008.09.08up Imakatata/今堅田029「今堅田・湖畔の造船所から4」 2008.09.25up Imakatata/今堅田049「9月の琵琶湖大橋2」

また、堅田は内湖 と呼ばれる、琵琶湖の周辺にある水域がある町でもあります。
堅田内湖では、淡水真珠の養殖が行われています。

2008.09.12up 堅田内湖~Honkatata/本堅田107「9月の堅田内湖2」 2008.09.14up 堅田内湖~Imakatata/今堅田035「今道内湖1」


アクセス

<本堅田へのアクセス>

  最寄り駅 JR堅田駅(京都駅から湖西線で約25分)
  バス    堅田駅より、江若交通(こうじゃくこうつう) 堅田町内循環バス
         堅田出町(かたたでまち) もしくは 浮御堂前(うきみどうまえ)下車
         ※浮御堂前は土・日のみ運行
  車        湖西道路真野ICから10分、または名神栗東ICから40分
  徒歩   堅田駅より徒歩30分(約1.5キロ)。湖岸へ直進、堅田漁港入り口で右折し
             浮御堂まで直進して下さい。

  所在地   滋賀県大津市本堅田

------------------------------------------------------------------------------

<今堅田・出島灯台へのアクセス>

  最寄り駅 JR堅田駅(京都駅から湖西線で約30分)
  バス  堅田駅より5分、江若交通(こうじゃくこうつう)琵琶湖大橋線
       「今堅田出島灯台」(いまかたた・でけじまとうだい)下車
    徒歩   堅田駅より徒歩30分(約1.5キロ)。湖岸へ直進、堅田漁港入り口で左折し
             泉福寺まで直進、地蔵堂の脇の道へ入り、すぐ右折、住宅街を抜けて下さい。

    所在地   滋賀県大津市今堅田

    車・バス・徒歩共通の追加情報→ 今堅田出島灯台について(追加)


堅田の地図  ↓こちらはクリックすると拡大します

2008.09.10up 堅田内湖~Imakatata/今堅田032「内湖公園看板」


堅田の歴史

<平安時代>

伊豆神社 創建、浮御堂建立
1090年  京都下鴨神社の御厨(みくりや)となる
※堅田御厨の場合、毎日「御膳料」としての鮮魚を献上する代わりに
国司によって所役を免除されていた

<南北朝時代>

1338年  匂当内侍(こうとうないし・新田義貞の妻)今堅田で入水したと伝えられる

<室町時代>

1415年  一休さんが堅田の祥瑞寺 で修行
1465年  迫害を受けた蓮如 (浄土真宗)が堅田の本福寺に移る
1468年  延暦寺衆徒が堅田の真宗門徒を攻撃(堅田大責・かたたおおぜめ

<江戸時代>

1680年  本堅田の天然図画庭園(居初氏庭園)ができる
1685年  松尾芭蕉が堅田で観月会(堅田十六夜の辨) を開く

<明治時代>

1889年  衣川(きぬがわ)・本堅田(ほんかたた)・
今堅田(いまかたた)が合併、堅田村となる

<昭和時代>

1926年  東洋紡が堅田に工場建設
1934年  室戸台風で浮御堂倒壊
1955年  堅田町と真野(まの)・伊香立(いかだち)・
仰木(おおぎ)・葛川(かつらがわ)の五町村合併
1964年  琵琶湖大橋が開通
1967年  堅田町大津市が合併
1974年  JR湖西線 開通

出典:湖族の郷資料館 配布の「年表比較」より引用させていただきました。


堅田について

(ブログ開設当初の文章をそのまま掲載しています)

堅田には、中世の時代に、堅田衆(湖族)によって、琵琶湖最大の自治都市が築かれました。
湖族は、水先案内人、運送業、漁業、造船業などで生計を立てたと伝えられています。
また堅田は、松尾芭蕉を初めとする文人に愛され、町のあちこちに文学碑が建っています。
今でも古い町並みが残る、美しい町です。

堅田といえば、「浮御堂(うきみどう)」が、近江八景のひとつ
「堅田の落雁(かたたのらくがん)」
として、知られています。
浮御堂は、琵琶湖の上に浮かぶお寺で、小さな橋を渡ってお参りできます。

初めて本堅田を訪ねた2年前、新旧のバランスのとれた
ゆったりとした町並みと、あまりの寺社の多さに驚きました。
浮御堂からわずか400メートルの範囲内に、浮御堂を含めて9つもの寺社があったのです。
どれもが、地元の皆さんから大切にされ、暮らしの中に息づいていました。
堅田(本堅田)を歩くとよくわかりますが、そこで暮らす人たちは、ごく自然に、
常夜灯石碑にお供え物をし、生垣を剪定し、町並みに合う家を建てて暮らしています。
故郷をもたない私は、堅田を自分の故郷と決めて、
湖西線に乗って、時々写真を撮りに行っています。
堅田のよさが、写真をご覧になられた方々に、少しでも
届けば、これほどうれしいことはありません。

堅田では、年に一度、「湖族の郷アートプロジェクト」という、
若手芸術家による地域密着型の芸術祭が開かれています。
 2007年12月(第3回)のガイドツアーに参加し、出会った方々から、
写真を発表するきっかけを与えていただきましたことを、
ここに付して、お礼とさせていただきます。(2008.01)


About Katata

Katata is an old lakeside town located in the west in Lake Biwa, the largest lake in Japan,and the north in Otsu, Shiga,Japan. Katata is in the place where the width of Lake Biwa is the narrowest, so it is a key point of traffic for many years. There is Biwako-ohashi bridge among Moriyama on the opposite shore now. The biggest free city in Lake Biwa was built by people of Katata called the Katatasyu (Kozoku) to the medieval time. It is told that the Kozoku made its living by an usher, transportation business, a fishing, the shipbuilding industry, etc. Katata was loved by the literary man including Matsuo Basho, and the literary monument is built in here and there  of the town . It is a beautiful town where rows of houses old even now remain.  As for Katata, Ukimido(浮御堂) is known as one of Omi Hakkei (近江八景)or Eight Views of Omi made famous by Hiroshige's picturesque woodblock prints. Ukimido is a temple which appears on Lake Biwa, crosses a small bridge and can visit. Two years before calling on Honkatata for the first time, I was surprised at the rows of houses carried out calmly that it could be old and new balance and the numerousness of too much temples and shrines. There were also nine temples and shrines including Ukimido within the limits of only 400m from Ukimido. which -- although -- it was valued from local you and had sighed in the life. If you walk along Katata (especially Honkatata), it understands well, but very automatically, people who live there make an offering thing a night-light and a monument, prune a hedge, they build the house suitable for rows of houses, and are living. I without a hometown decided Katata to be my hometown, rode on Kosei Line, and it has gone to sometimes take a photograph. If Katata's goodness reaches people which were able to see the photograph, there is no such delightful thing like this. In Katata, the local adhesion type Art Festival by the young artist "Kozokunosato Art Project" is once opened by the year.It participates in the guide tour in December (the 3rd ), 2007, and from people which met, I will attach that I had the cause which announces a photograph given here, and will make it into gratitude.(2008.01)

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ