Imakatata/今堅田

2014年4月 4日 (金)

琵琶湖畔(おとせの浜)にて柳の新芽と咲き始めた桜、堅田内湖と舟、菜の花とコブシの花、そして・・・堅田かや児童公園


4月1日、撮影の合間に、久しぶりに堅田へ行ってきました。
琵琶湖岸(おとせの浜)は柳の新芽がきれいで、桜のつぼみがほころんでいました。

3日前の写真なので、今はもっと咲いているかも、ですが・・・
堅田の桜は若干ゆっくりめのような気がします。(比叡山の麓ですからね。)


浮御堂の近くで桜が咲いていたのは、伊豆神社の前(写真)と神田神社でした。
あとは、浮御堂の隣の公園も5分咲きくらいになっていました。
ちなみに、伊豆神社の境内はいつもゆっくりめです。


入り江の向こうに見える比良山系には、わずかに雪が残っていました。


同じ入り江にて。対岸には三上山。琵琶湖畔も早春の色です。


堅田といえば、琵琶湖と繋がった「内湖」(ないこ)と呼ばれる水域が広がる町。
初めて行った時、まるで水の上に浮いているようだと思いました。


歩いていくと、堅田内湖から引かれた水路の先に、小さなため池と舟がありました。
今堅田は住宅ラッシュで、内湖大橋の先の道路沿いには新しい家が増えました。
それでも、水辺の雰囲気は残っています。


同じため池のほとりで。あの淡いピンクの花、なんだろう?
家に帰って調べたら、シデコブシでした。


菜の花の黄色は、まるで心に元気をくれるような色です。
水路の先には堅田内湖があります。


堅田内湖と比良山系、コブシの白い花。今だけの春の風景です。
ちなみに撮影地は、下の写真の「現在地」のあたり(月影広場)です。


↑堅田内湖の文字の右下に、「堅田かや児童公園」とあるのがお分かりいただけますか?
これを見てびっくり!というのも、昨年・・・

▼堅田内湖がかやと呼ばれていた理由について書いたことがありました。
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/honkatata-3382-.html

この話題については、地元の方からかなり反響がありました。
なんと、公園の名前になっていたなんて!早速行ってみました。


ラヴェストというマンションの隣に、「堅田かや児童公園」がありました。
堅田駅からだと徒歩で10分程度のところです。


名前の手がかりは何もなかったけれど、由来が堅田内湖なのは間違いなさそうです。
公園の左側はフェンスになっていたので、前の道路から堅田内湖を探しました。


探すまでもなく、公園の左隣が内湖でした!
何の注釈もつけないと、川か池のように見えますが、これが内湖です。
葦(ヨシ)の茂み、淡水真珠の養殖用の柵、奥には三上山が見えています。
堅田らしい風景に、またひとつ出会うことができました。

堅田内湖がかやと呼ばれていた理由については、地元の方からかなり反響がありました。
公園に「かや」とつけた理由をご存知の方がおられたら、ぜひご一報ください。
コメント欄も開けておきます。


2013年8月28日 (水)

びわ湖タワー跡観覧車(イーゴス108)、2013年9月より解体開始。元世界一の高さの観覧車、ベトナムで復活へ。(イーゴス108と堅田の四季の写真を掲載しています)

びわ湖タワー跡観覧車イーゴス108
話を堅田に戻そうと思っていたら、イーゴス108解体のニュースが飛び込んできました。

琵琶湖大橋のたもと、びわ湖タワー跡(今堅田)にそびえたつ観覧車といえば・・・
堅田のシンボル的存在になっている「イーゴス108」です。

この度ベトナムで観覧車として再出発することになり、9月からの解体が決定しました。

そこで今回は、堅田の四季の写真を、イーゴス108を主人公にして掲載しています。

イーゴス108。1992年のびわ湖タワー開業時は当時世界一の高さ(108m)でした。
「すごーい」を逆から呼んで「イーゴス」と名づけたそうです。

2001年にびわ湖タワーが閉園された後も、点検のため、月1、2回は動いていました。
それもすべて、運営会社の元社長さんが、イーゴス108の再開を願ってのことでした。

最盛期には一日1万3500人が乗ったといい、点検では今も問題なく動くそうです。
京都新聞8月24日朝刊によれば、解体には3ヶ月程度かかる見通しとのことです。

写真を改めて見返すと、風景の中に溶け込んでいた観覧車だったな、と実感します。
いつかベトナムへ行って、イーゴス108に乗って撮影してみたいとも思っています。
堅田からツアーを組むのも面白いかもしれませんね。
一抹の淋しさもありますが、イーゴス108の今後の活躍を祈って。

冬の夕暮れ時、観覧車(イーゴス108)
冬の夕暮れ時、琵琶湖大橋にある道の駅「米プラザ」へ向かう途中で撮影。
(2012年2月5日、17:00、滋賀県大津市今堅田3丁目)

雪の比良山系と畑と観覧車(イーゴス108)
堅田内湖に近い田んぼで、雪の比良山系(近江八景「比良の暮雪」)とともに撮影。
(2010年1月9日、15:13、今堅田1丁目)

雪の比良山系と愛らしい家々と観覧車(イーゴス108)
今堅田出島灯台バス停前にて、雪の比良山系と愛らしい家々とともに。
(2010年1月9日、14:14、今堅田1丁目)

琵琶湖の畔で、雪の比良山系と新緑と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖の畔で、柳の新緑とカラスの巣、雪の比良山系とともに撮影。
(2008年3月18日、11:50、今堅田1丁目)

琵琶湖の畔で、桜と新緑と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖の畔の同じ場所で、桜の咲く頃に撮影。
(2012年4月16日、16:17、今堅田1丁目)

春の堅田内湖の向こうに、観覧車(イーゴス108)
春の堅田内湖の向こうに、イーゴス108が見えています。
(2012年5月27日、14:03、本堅田2丁目)

真野の田んぼの向こうに、観覧車(イーゴス108)
堅田のお隣、真野の田んぼにて。右の林は、真野の神田神社の社寺林です。
(2011年5月25日、10:27、大津市真野4丁目)

真野川の新宿橋の向こうに、観覧車(イーゴス108)
真野川にかかる新宿橋にて。この先直進すると琵琶湖大橋です。
(2011年5月25日、10:47、真野4丁目)

琵琶湖大橋の向こうに、観覧車(イーゴス108)
対岸の守山市から見た堅田の町。琵琶湖大橋のたもとにイーゴス108。
堅田のあたりで比叡山が終り、その裾に重なるようにして、比良山が姿を現わすと、
『近江山河抄』の中で白洲正子さんが書いているとおりの風景です。
(2011年9月27日、14:21、滋賀県守山市)

琵琶湖大橋にて、守山から堅田に向かう右手に観覧車(イーゴス108)
琵琶湖大橋の上から。守山から堅田に向かうと右手にイーゴス108が見えてきます。
(2010年9月25日、11:01、琵琶湖大橋)

琵琶湖大橋にて、堅田の町と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖大橋の上から。もうすぐ堅田に入ります。
(2010年9月25日、11:02、琵琶湖大橋)

夏の日、近くで見る観覧車(イーゴス108)
夏の日、近くで見るイーゴス108。かなり大きいです。
(2010年8月26日、15:28、今堅田2丁目)

秋の空と田んぼと観覧車(イーゴス108)
今堅田出島灯台バス停前にて、秋の空と田んぼとイーゴス108。
(2009年9月10日、13:49、今堅田1丁目)

秋の夕暮れ、堅田内湖大橋の上から眺める風景と観覧車(イーゴス108)
秋の夕暮れ、堅田内湖大橋の上から眺める風景とイーゴス108。
(2011年9月13日、18:11、本堅田4丁目)

晩秋の花畑にて、比良山系と観覧車(イーゴス108)
堅田内湖の畔の、晩秋の花畑にて、比良山系とともに。
(2012年11月25日、15:33、今堅田1丁目)

堅田内湖公園の向こうに、観覧車(イーゴス108)
堅田内湖公園の向こうに、イーゴス108。
(2009年11月26日、13:59、今堅田1丁目)

冬の夕暮れ、琵琶湖大橋に合流する道の向こうに、観覧車(イーゴス108)
冬の夕暮れ、琵琶湖大橋に合流する道の途中で。
(2012年2月5日、16:56、今堅田2丁目)

冬の夕暮れ、道路の向こうに観覧車(イーゴス108)がちらりと見えて
冬の夕暮れ、道路の向こうにイーゴス108がちらりと見えて。また会う日まで。
(2012年2月5日、16:58、今堅田2丁目)

Copyright©2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.



(2013年9月8日追記)
今回の記事について、お問い合わせや御感想をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。
※写真に関するお問い合わせは、事務所のメールフォームからお願いします。

イーゴスの最終点検(ラストラン)は9月4日に無事終了したとのことです。
http://biwako-otsu.keizai.biz/headline/908/


2013年3月15日 (金)

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|出島灯台から見た杢兵衛造船所、その向こうには浮御堂 ~Imakatata/今堅田137 #shiga #japan #blog #photo

出島灯台から見た杢兵衛造船所、その向こうには浮御堂

琵琶湖の最狭部、今堅田という町にある杢兵衛造船所。
その隣にある出島灯台から見た眺めです。

黄色いクレーン車と造船所の屋根の間から見えている、三角屋根の建物にご注目ください。
近江八景「堅田の落雁」こと、浮御堂です。

こんな風に思いがけず浮御堂が見えると、懐かしい友人に会ったような気持ちになります。
(最近はずっと対岸から堅田の町を撮影していたので、久しぶりの堅田の写真です。)

この後しばらく、堅田の春の写真を掲載していく予定ですので、お楽しみに。


2013年1月31日 (木)

琵琶湖の畔の写真ブログ「Katata/堅田」|烏丸半島から見た堅田のまちと、雪の比良山系(続編) ~Imakatata/今堅田136 #shiga #japan #photo

烏丸半島から見た堅田のまちと、雪の比良山系-3

前回掲載した写真のアングルをぐっと引くと、こんな感じになります。
琵琶湖の対岸に、左から右へずーっと建物が続いていますが、全部、堅田のまちです!

撮影地は、堅田の対岸にある烏丸半島(滋賀県草津市下物町)。

水辺に生えている木々が印象的ですが、
それが琵琶湖岸の風景の特徴のひとつかもしれないと、今改めて思いました。

春にも同じ場所で撮ってみるつもりです。


2013年1月30日 (水)

琵琶湖の畔の写真ブログ「Katata/堅田」|烏丸半島から見た堅田のまちと、雪の比良山系 ~Imakatata/今堅田134-135 #shiga #japan #photo

琵琶湖・烏丸半島から見た堅田のまちと、雪の比良山系

先週からの雪で、比良山系も御覧のとおりの雪景色です。
撮影地は、堅田の対岸にある烏丸半島(滋賀県草津市下物町)。

先週の土曜日、湖岸に少し立ち寄ってみたのですが、
風がすごくて、とにかく寒い!
上着を着ていても、体の中を風が通り抜けていくようでした。

烏丸半島からは、ちょうど真正面に、琵琶湖大橋と堅田のまちが見えます。
冬の凛とした空気の中で見るのは初めてだったので、見とれてしまいました。

琵琶湖・烏丸半島から見た堅田のまちと、雪の比良山系

烏丸(からすま)半島は琵琶湖に突き出した半島で、
広大な敷地に琵琶湖博物館などがあります。

最近たまたま目にしたのが琵琶湖博物館のチラシで、
セミナーなども開催されていたので、時々通ってみることにしました。

最近、自分のホームページを作ったとき、
もっと自然や生態系のことを分かって撮影したいと思ったことも大きいです。

ふと思い出したのが、里山写真でおなじみ、
写真家の今森光彦さんの、大学卒業後のエピソードでした。

昆虫図鑑を作っている研究者の方の編纂作業を、
(確か数年間、)手伝いに通った時期があったそうです。

傍目には、写真と直接関係がないように見えたかもしれないけれど、
ご本人の中では、すべてつながっていたんだと思います。

今森さんは、堅田のお隣・仰木を拠点に活動されています。


2012年11月 7日 (水)

写真ブログ「Katata/堅田」|琵琶湖畔の紅葉 (観覧車と、比良山系と、水辺の家と) ~Imakatata/今堅田 130(2) #shiga #japan #photo

琵琶湖畔の紅葉(今堅田)

雨が降ると紅葉が急に進んで、視界がぱっと色づくようです。
琵琶湖の畔、今堅田の午後の風景です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 
「琵琶湖畔の紅葉(観覧車と、比良山系と、水辺の家と)」

撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目(出島灯台近く)


大きな地図で見る


この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年11月 5日 (月)

堅田の動画をご紹介します(滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1)

最近なかなかブログが更新できなくて、何度も来て頂いている方には申し訳ないですm(_ _)m

現在もう一本動画を作っていて、近日中に公開できればと考えています。
※葵祭(社頭の儀)の写真を動画にしています。

それと、このブログのバックナンバーが膨大になってしまったことから、
今までの主な写真をまとめた別サイトを計画中です。

まずは、ご要望があったダウンロード販売ができるようにと考えておりますので、
完成したら、このブログでお知らせします。

さて前回、堅田近辺の里山の動画(管理人製作)をご紹介しました。
本日は、その関連動画で知った作品をご紹介します。

ymonagano さんが 2011/09/18 にアップロードした作品です。
車の中から撮影した堅田の町です。堅田出身の方には、懐かしい風景だと思います^^
浮御堂の前から今堅田1丁目まで、琵琶湖に近いところを走る、あの道です。
3分40秒のコンパクトな動画ですので、よろしければ御覧になっていってください。

滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1
http://youtu.be/Gsv9FxrvuhE


2012年6月27日 (水)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と、白い雲。 ~Imakatata/今堅田 133 #shiga #otsu #photo

堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と。

堅田内湖から引かれた水路が、田んぼを潤します。
小さなため池と、緑の木と、白い雲。
ここからは見えませんが、家々の向こうは、琵琶湖が広がっています。
晴れた日、今堅田の午後の風景です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田
「堅田内湖から引かれた水が、田んぼを潤します。小さなため池と、緑の木と。」
2012.05.27撮影■撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata  2012.05.27
"Rice field,small pond,green tree,and  white cloud"


この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年4月16日 (月)

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|真野川の桜 ~Imakatata/今堅田 132 #shiga #otsu #photo

真野川の桜

本日撮影した桜です。琵琶湖のほとり・真野川の桜は満開でした。
今年は例年より1週間程度遅れましたが、咲き始めて2、3日で満開になりました。
堅田の桜は、ちょうど見ごろです(^^)(2012年4月16日)

真野川は湖西の山から流れ、大津市今堅田3丁目と真野5丁目の境界を流れて琵琶湖に注ぐ川です。
国道161号線の琵琶湖大橋病院前から、真野浜水泳場までの間、
真野川の片側に、桜並木がずっと続いています。

途中に橋がないので、桜を近くで見るか対岸から見るか、決めてから歩くことをおすすめします。
橋は真野浜水泳場まで行けばあります。車で行かれる方は、並木側の車道が狭いので気をつけてください。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「真野川の桜3」 2012.04.16 16:54
■撮影地:真野川(桜並木の対岸から撮影)■住所:滋賀県大津市今堅田


Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata  2012.04.16 16:54
"Cherry blossoms along Mano-gawa River"3

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年3月30日 (金)

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|堅田、3月。水仙の花のお供え ~Imakatata/今堅田 003(3)、tree・flower/木・花 031(2) #shiga #otsu #photo

水仙のお供え

堅田の水辺では、琵琶湖に向けて建てられている祠が多い。
この時期、水仙のお供えが至る所で見られます。

There are a lot of small shrines built for Lake Biwa at the waterside in Katata.
This season, offerings of Narcissus tazetta var. chinensis are seen at everywhere.


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「水仙のお供え1」 2008.03.18 12:04
Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata "Offering of Narcissus tazetta var. chinensis"1 


水仙の花のお供え。小さな石仏の前で

↓それから6日後

水仙の花のお供え。小さな石仏の前で《それから6日後》

琵琶湖に近い家の石垣。静かにたたずむ小さな石仏。そして・・・
水仙の花が、あふれんばかりにお供えしてあったのを見つけたとき。
なんだかうれしくなって、また撮影させていただきました。

堅田(滋賀県大津市)の写真 木・花 「水仙の花のお供え。小さな石仏の前で」
2008.03.12 15:35に撮影しました。

堅田(滋賀県大津市)の写真 木・花 「水仙の花のお供え。小さな石仏の前で《それから6日後》」
2008.03.18 14:04に撮影しました。
■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(浮御堂北湖岸付近)


Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan tree・flower 2008.03.12 15:35
"Floral offering of the narcissus, and small stone statue of the Buddha"

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan tree・flower 2008.03.18 14:04
"Floral offering of the narcissus, and small stone statue of the Buddha (six days after)"

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ