Honkatata/本堅田

2014年4月 4日 (金)

琵琶湖畔(おとせの浜)にて柳の新芽と咲き始めた桜、堅田内湖と舟、菜の花とコブシの花、そして・・・堅田かや児童公園


4月1日、撮影の合間に、久しぶりに堅田へ行ってきました。
琵琶湖岸(おとせの浜)は柳の新芽がきれいで、桜のつぼみがほころんでいました。

3日前の写真なので、今はもっと咲いているかも、ですが・・・
堅田の桜は若干ゆっくりめのような気がします。(比叡山の麓ですからね。)


浮御堂の近くで桜が咲いていたのは、伊豆神社の前(写真)と神田神社でした。
あとは、浮御堂の隣の公園も5分咲きくらいになっていました。
ちなみに、伊豆神社の境内はいつもゆっくりめです。


入り江の向こうに見える比良山系には、わずかに雪が残っていました。


同じ入り江にて。対岸には三上山。琵琶湖畔も早春の色です。


堅田といえば、琵琶湖と繋がった「内湖」(ないこ)と呼ばれる水域が広がる町。
初めて行った時、まるで水の上に浮いているようだと思いました。


歩いていくと、堅田内湖から引かれた水路の先に、小さなため池と舟がありました。
今堅田は住宅ラッシュで、内湖大橋の先の道路沿いには新しい家が増えました。
それでも、水辺の雰囲気は残っています。


同じため池のほとりで。あの淡いピンクの花、なんだろう?
家に帰って調べたら、シデコブシでした。


菜の花の黄色は、まるで心に元気をくれるような色です。
水路の先には堅田内湖があります。


堅田内湖と比良山系、コブシの白い花。今だけの春の風景です。
ちなみに撮影地は、下の写真の「現在地」のあたり(月影広場)です。


↑堅田内湖の文字の右下に、「堅田かや児童公園」とあるのがお分かりいただけますか?
これを見てびっくり!というのも、昨年・・・

▼堅田内湖がかやと呼ばれていた理由について書いたことがありました。
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/honkatata-3382-.html

この話題については、地元の方からかなり反響がありました。
なんと、公園の名前になっていたなんて!早速行ってみました。


ラヴェストというマンションの隣に、「堅田かや児童公園」がありました。
堅田駅からだと徒歩で10分程度のところです。


名前の手がかりは何もなかったけれど、由来が堅田内湖なのは間違いなさそうです。
公園の左側はフェンスになっていたので、前の道路から堅田内湖を探しました。


探すまでもなく、公園の左隣が内湖でした!
何の注釈もつけないと、川か池のように見えますが、これが内湖です。
葦(ヨシ)の茂み、淡水真珠の養殖用の柵、奥には三上山が見えています。
堅田らしい風景に、またひとつ出会うことができました。

堅田内湖がかやと呼ばれていた理由については、地元の方からかなり反響がありました。
公園に「かや」とつけた理由をご存知の方がおられたら、ぜひご一報ください。
コメント欄も開けておきます。


2013年8月28日 (水)

びわ湖タワー跡観覧車(イーゴス108)、2013年9月より解体開始。元世界一の高さの観覧車、ベトナムで復活へ。(イーゴス108と堅田の四季の写真を掲載しています)

びわ湖タワー跡観覧車イーゴス108
話を堅田に戻そうと思っていたら、イーゴス108解体のニュースが飛び込んできました。

琵琶湖大橋のたもと、びわ湖タワー跡(今堅田)にそびえたつ観覧車といえば・・・
堅田のシンボル的存在になっている「イーゴス108」です。

この度ベトナムで観覧車として再出発することになり、9月からの解体が決定しました。

そこで今回は、堅田の四季の写真を、イーゴス108を主人公にして掲載しています。

イーゴス108。1992年のびわ湖タワー開業時は当時世界一の高さ(108m)でした。
「すごーい」を逆から呼んで「イーゴス」と名づけたそうです。

2001年にびわ湖タワーが閉園された後も、点検のため、月1、2回は動いていました。
それもすべて、運営会社の元社長さんが、イーゴス108の再開を願ってのことでした。

最盛期には一日1万3500人が乗ったといい、点検では今も問題なく動くそうです。
京都新聞8月24日朝刊によれば、解体には3ヶ月程度かかる見通しとのことです。

写真を改めて見返すと、風景の中に溶け込んでいた観覧車だったな、と実感します。
いつかベトナムへ行って、イーゴス108に乗って撮影してみたいとも思っています。
堅田からツアーを組むのも面白いかもしれませんね。
一抹の淋しさもありますが、イーゴス108の今後の活躍を祈って。

冬の夕暮れ時、観覧車(イーゴス108)
冬の夕暮れ時、琵琶湖大橋にある道の駅「米プラザ」へ向かう途中で撮影。
(2012年2月5日、17:00、滋賀県大津市今堅田3丁目)

雪の比良山系と畑と観覧車(イーゴス108)
堅田内湖に近い田んぼで、雪の比良山系(近江八景「比良の暮雪」)とともに撮影。
(2010年1月9日、15:13、今堅田1丁目)

雪の比良山系と愛らしい家々と観覧車(イーゴス108)
今堅田出島灯台バス停前にて、雪の比良山系と愛らしい家々とともに。
(2010年1月9日、14:14、今堅田1丁目)

琵琶湖の畔で、雪の比良山系と新緑と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖の畔で、柳の新緑とカラスの巣、雪の比良山系とともに撮影。
(2008年3月18日、11:50、今堅田1丁目)

琵琶湖の畔で、桜と新緑と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖の畔の同じ場所で、桜の咲く頃に撮影。
(2012年4月16日、16:17、今堅田1丁目)

春の堅田内湖の向こうに、観覧車(イーゴス108)
春の堅田内湖の向こうに、イーゴス108が見えています。
(2012年5月27日、14:03、本堅田2丁目)

真野の田んぼの向こうに、観覧車(イーゴス108)
堅田のお隣、真野の田んぼにて。右の林は、真野の神田神社の社寺林です。
(2011年5月25日、10:27、大津市真野4丁目)

真野川の新宿橋の向こうに、観覧車(イーゴス108)
真野川にかかる新宿橋にて。この先直進すると琵琶湖大橋です。
(2011年5月25日、10:47、真野4丁目)

琵琶湖大橋の向こうに、観覧車(イーゴス108)
対岸の守山市から見た堅田の町。琵琶湖大橋のたもとにイーゴス108。
堅田のあたりで比叡山が終り、その裾に重なるようにして、比良山が姿を現わすと、
『近江山河抄』の中で白洲正子さんが書いているとおりの風景です。
(2011年9月27日、14:21、滋賀県守山市)

琵琶湖大橋にて、守山から堅田に向かう右手に観覧車(イーゴス108)
琵琶湖大橋の上から。守山から堅田に向かうと右手にイーゴス108が見えてきます。
(2010年9月25日、11:01、琵琶湖大橋)

琵琶湖大橋にて、堅田の町と観覧車(イーゴス108)
琵琶湖大橋の上から。もうすぐ堅田に入ります。
(2010年9月25日、11:02、琵琶湖大橋)

夏の日、近くで見る観覧車(イーゴス108)
夏の日、近くで見るイーゴス108。かなり大きいです。
(2010年8月26日、15:28、今堅田2丁目)

秋の空と田んぼと観覧車(イーゴス108)
今堅田出島灯台バス停前にて、秋の空と田んぼとイーゴス108。
(2009年9月10日、13:49、今堅田1丁目)

秋の夕暮れ、堅田内湖大橋の上から眺める風景と観覧車(イーゴス108)
秋の夕暮れ、堅田内湖大橋の上から眺める風景とイーゴス108。
(2011年9月13日、18:11、本堅田4丁目)

晩秋の花畑にて、比良山系と観覧車(イーゴス108)
堅田内湖の畔の、晩秋の花畑にて、比良山系とともに。
(2012年11月25日、15:33、今堅田1丁目)

堅田内湖公園の向こうに、観覧車(イーゴス108)
堅田内湖公園の向こうに、イーゴス108。
(2009年11月26日、13:59、今堅田1丁目)

冬の夕暮れ、琵琶湖大橋に合流する道の向こうに、観覧車(イーゴス108)
冬の夕暮れ、琵琶湖大橋に合流する道の途中で。
(2012年2月5日、16:56、今堅田2丁目)

冬の夕暮れ、道路の向こうに観覧車(イーゴス108)がちらりと見えて
冬の夕暮れ、道路の向こうにイーゴス108がちらりと見えて。また会う日まで。
(2012年2月5日、16:58、今堅田2丁目)

Copyright©2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.



(2013年9月8日追記)
今回の記事について、お問い合わせや御感想をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。
※写真に関するお問い合わせは、事務所のメールフォームからお願いします。

イーゴスの最終点検(ラストラン)は9月4日に無事終了したとのことです。
http://biwako-otsu.keizai.biz/headline/908/


2013年3月 4日 (月)

【滋賀のイベント】蓮如忌に、「蓮如粥」の振る舞いと、浮御堂早春ウォークが開催されます。琵琶湖のほとり・堅田にて3/10開催。

びわ湖浮御堂早春ウォークのお知らせ

堅田の町おこしに取り組む団体「湖族の郷」の主催で、早春ウォークが開催されます。
主催者様からご案内をいただきましたので、皆様にお知らせします。

びわ湖堅田湖族の郷 春の散歩ジウム 「堅田衆とその歴史遺産」まち歩き

■日時:2013年3月10日(日) 午前10時~午後3時 (受付開始:午前9時30分~)
■集合場所:JR堅田駅東口(京都駅からJR湖西線にて約20分)
■参加費:お一人¥1500(昼食「蓮如粥」・寺社入館料等含む。当日受付にて受領。)
■お問い合わせ:湖族の郷(こぞくのさと)資料館(電話077-574-1685)までお願いします。


大きな地図で見る


これが、琵琶湖の上に建つ寺、浮御堂です。

堅田は、滋賀県大津市の北部にある琵琶湖畔の町です。
近江八景の一つ「堅田の落雁」こと、「浮御堂」がある町として知られています。

浮御堂は平安時代に創建された禅寺で、琵琶湖の上に建っています。
境内からは琵琶湖が360度展望でき、対岸まで広がる素晴らしい眺めが御覧いただけます。

琵琶湖

堅田は平安時代から京都の下鴨神社の「御厨」として庇護を受け、湖上交通を取り仕切り、
中世には琵琶湖最大の自治都市として発展しました。

居初邸と、古い蔵

今でも町並みにその面影が残り、町屋が生活の中に残っています。
(写真:中世に堅田を治めた豪族・居初氏の邸宅)

室町時代には、20代~30代の一休さんが堅田の「祥瑞寺」で修行し、悟りをひらきました。

祥瑞寺、静かな朝の鐘

(写真:祥瑞寺、静かな朝の鐘)

同じく室町時代には、比叡山延暦寺から仏敵とされた蓮如が、堅田の「本福寺」に滞在しています。
蓮如を匿って延暦寺から町を焼き討ちにされながら、堅田の人々は数年で町を復興させました。

信仰心の篤さと湖上交通の安全を願う気持ちから、浮御堂の徒歩圏には10近くもの寺社があります。

本福寺の松

(写真:本福寺の松)
本福寺では毎年、3月第2日曜日に「蓮如忌」が営まれ、昼食には「蓮如粥」が振舞われます(有料)。
※今回の昼食がこの「蓮如粥」です。頂いた事がありますが、シンプルな白いお粥ですよ。

そして、なんといっても、堅田は路地の町。
路地の向こうにぱっと琵琶湖が見えるのは、堅田ならではの風景です。

居初邸の路地2

地元の方々のご案内をいただけるのが、このまち歩きの大きな魅力です。
早春の折、お気軽にお出かけください。

※写真:2011年2月のバックナンバー(※堅田の名所・町案内を掲載)からお届けしました。


2012年12月27日 (木)

写真ブログKatata/堅田|伊豆神社の「幸福の石」 ~Honkatata 496-497 #shiga #japan #photo

幸福の石の案内板

浮御堂に近い伊豆神社の境内に、霊石「幸福の石」があります。

以前は境内の森の奥に飾られていたそうですが、
先月末に行ったときには、拝殿の脇に置かれていました。

普段は見かけることがなかった20-40代位の人達が
お子さんと連れ立って来ていたのが、とても印象的でした。

実はそのうちのお1人に、石のことを教えていただきました。

伊豆神社の幸福の石

この石を擦ると幸せになる、恋しい人逢いたい人にその思いが叶うと
言い伝えられているそうです。

きっと昔も今も、人のせつない気持ちって、変わらないんだろうな・・・
いつか気持ちが届くといいですよね。皆さんの思いが叶いますように。

さて、伊豆神社近くの「光徳寺」の裏には、
地蔵の腰を擦ると効くという、こしきり地蔵があります。
こちらは腰痛に効くという言い伝えがあります。
堅田散策の際は、あわせてお参りくださいませ。

<お知らせ>
☆ブログ「Katata/堅田」は、本日5周年を迎えました。
今回でちょうど1210回目!
(写真は1210枚以上・・・ということになります・・・)

ダイジェストで見ていただくのも大変になってきたので、
現在、ホームページを製作中です。
堅田以外の写真も掲載しますので、お楽しみいただければ幸いです。
junphotoworks.com(←1月中にこちらに写真を載せます)


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社 「幸福の石」
2012.11.25撮影■撮影地:伊豆神社(滋賀県大津市本堅田1丁目)

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
"Lucky Stone at Izu Shrine"
Photography by Jun Kanematsu.November 25, 2012.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年12月26日 (水)

写真ブログKatata/堅田|ゆりかもめ、飛ぶ(琵琶湖と三上山を背景に) ~Honkatata 495 #shiga #japan #photo

ゆりかもめ、飛ぶ(琵琶湖と三上山を背景に)

冬の琵琶湖畔は、ゆりかもめの天国です。

近所の人がお散歩がてら、パンくずを持ってきてくれるので・・・
ビニール袋をガザガザさせただけで、この盛況ぶり!

近くにいた人が、お孫さんと一緒に餌をやり始めたら
私のほうにも、ユリカモメの大群が飛んできました;;

地元の方には、何気なくシャッターチャンスを作っていただくことがあって、
(前回の浮御堂の写真も、釣りを中断して撮影させてくださった方がいて・・・)
本当にありがとうございます。

というわけで、次回は地元の方のおかげで撮れた写真・第三弾に決定。
「堅田の縁起物」をご紹介します。お楽しみに。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「ゆりかもめ、飛ぶ(琵琶湖と三上山を背景に)」
2012.11.25撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(浮御堂北湖岸)

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
"Black-headed Gulls (Larus ridibundusfly) fly , backed by Lake Biwa" Photography by J.Kanematsu.November 25, 2012.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年11月14日 (水)

写真ブログ「Katata/堅田」|堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉) ~Honkatata/本堅田 447(2) #shiga #japan #photo

堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉)

滋賀県大津市本堅田には、琵琶湖最大の漁港・堅田漁港があります。
漁港入り口の水路の前で、小屋に絡んだツタが紅葉しているのを見かけました(写真)。

この水路はまっすぐ琵琶湖に続いていて、
右隣にある漁港の敷地からは、守山市と近江富士(三上山)が真正面に見えます。

この界隈は水辺の町の雰囲気があって、浮御堂への散策コースとしてお勧めです。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉)」
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
"At the waterway of Katata fishing port( The autumnal leaves of ivy )"

撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目(中村水産~堅田漁港付近)
■アクセス:JR堅田駅ロータリーから湖岸へ直進、徒歩約10-15分。
※漁港から浮御堂へは徒歩20-30分を目安にお考え下さい。案内板が各所に出ています。


大きな地図で見る


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年11月13日 (火)

琵琶湖の傍で生の落語はいかがですか?堅田「落語の会」第12回公演 【湖族寄席のご案内】 2012年11月24日(土)13:30開演、会場は本福寺本堂(滋賀県大津市本堅田1丁目)です。 #shiga #japan #photo

Rakugo2012

堅田「落語の会」第12回公演 【湖族寄席】

■日時 2012年11月24日(土)午後1時30分開演(開場30分前)
■開場 本福寺本堂(滋賀県大津市本堅田1丁目22-30)
■入場料 大人1000円、高校生以下無料 ※当日券あり
■お問い合わせ 湖族の郷資料館(TEL077-574-1685)

※主催者様からご案内いただき、掲載させていただいています。

堅田「落語の会」の皆さんによる、落語、小咄、コントの公演です。
2009年度は約200人の観客で埋まったという、人気の落語会です。

開場の本福寺は琵琶湖・浮御堂の近くにあります(写真・地図)。
京都を逃れた蓮如上人が数年滞在していたこともある、由緒あるお寺です。
秋の一日、楽しく笑って、素敵な時間をお過ごしください。
※来場の際は各自「座布団」をご持参ください。

本福寺の松

本福寺の見事な松。奥に見えているのが、湖族寄席の会場となる本堂です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田356(2) 本福寺6 「本福寺の松」
Photograph of Honatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata Honpuku-ji temple 6
"The pine tree at Honpuku-ji temple"   



大きな地図で見る


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


2012年11月 5日 (月)

堅田の動画をご紹介します(滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1)

最近なかなかブログが更新できなくて、何度も来て頂いている方には申し訳ないですm(_ _)m

現在もう一本動画を作っていて、近日中に公開できればと考えています。
※葵祭(社頭の儀)の写真を動画にしています。

それと、このブログのバックナンバーが膨大になってしまったことから、
今までの主な写真をまとめた別サイトを計画中です。

まずは、ご要望があったダウンロード販売ができるようにと考えておりますので、
完成したら、このブログでお知らせします。

さて前回、堅田近辺の里山の動画(管理人製作)をご紹介しました。
本日は、その関連動画で知った作品をご紹介します。

ymonagano さんが 2011/09/18 にアップロードした作品です。
車の中から撮影した堅田の町です。堅田出身の方には、懐かしい風景だと思います^^
浮御堂の前から今堅田1丁目まで、琵琶湖に近いところを走る、あの道です。
3分40秒のコンパクトな動画ですので、よろしければ御覧になっていってください。

滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1
http://youtu.be/Gsv9FxrvuhE


2012年9月15日 (土)

写真ブログ「Katata/堅田」|【ななまちフリーマーケットのお知らせ】琵琶湖・浮御堂のそばで、2012/10/20(土)開催です。☆出店申込は10/5まで☆ #shiga #otsu #photo

0930

大津北商工会HPの情報より、恒例の「ななまちフリーマーケット」のご案内です。
2012年(第5回)は10月に開催されます。現在、出店者を募集中です!(出店申込は10/5まで)

■日時:2012年10月20日(土)午前10時〜午後3時(雨天の場合、21日(日)に順延)

■場所:堅田旧本町商店街・十六夜公園(滋賀県大津市本堅田1丁目・2丁目)

■内容:フリーマーケットや模擬店の出店のほか、イベントも開催予定!
(詳細は後日「大津北商工会HP」でお知らせ予定)

○一般参加のどじまん大会出演者募集
事前に事務局まで御連絡下さい(午後1時45分頃から行ないます。先着10名様まで)

○当日はスタンプラリーを開催
会場内にある4つのスタンプを全部集めたら、商店街で利用できる「お買い物券」が抽選で当たります。
はずれてもWチャンスあり。

○同時開催 堅田商連の朝市
10月20日(土) 午前9時半~午後3時
堅田商連多目的ホール(大津北商工会堅田支所前)にて
地元の特産品や新鮮な農産品、お弁当やお惣菜等の即売市を開催します!

■主催:ななまちフリーマーケット実行委員会
(堅田本通り商店街・堅田中央商店街・出町繁栄会・浜通り商店街 合同事業)

■協力:大津北商工会(商業部会・観光サービス業部会・工業部会・建設業部会)

■お申込・お問合せ先:ななまちフリーマーケット実行委員会事務局
〒520-0242 大津市本堅田三丁目7-14(大津北商工会堅田支所内)
TEL:077-572-0425 FAX:077-572-1140
URL:http://www.otsukita-sci.com
MAIL:info#otsukita-sci.com(#を@に変えて使ってください)

<出店を希望される方へ>

■ブース:100コマ募集 (1コマのサイズ・・・ 間口2m×奥行1.5m)
■参加資格:18歳以上で当日(又は順延日)必ず参加できる方。
■出店料:1,500円 (模擬店は3,000円 当日受付にて領収)
■申込締切:10月5日(金) 但し、ブースが埋まり次第、応募を締切ります。

■出品物:手づくり雑貨、日用雑貨、リサイクル品等(どなたでも出品可)
     農水産品(大津市北部地域にお住まいの方)
     商品販売、模擬店(大津市北部地域でご事業を営んでいる方)

■申込方法:参加申込書を実行委員会事務局(大津北商工会堅田支所内)までお持ち下さい。
(FAX・郵送・メールでの申込可。)

■大津北商工会のHPから、出店募集要項、出店申込書がダウンロードできます。
http://www.otsukita-sci.com/event.php?no=121

↓こちらは2010年度(第3回)のチラシです。会場、駐車場の参考になさってください。
↓駐車場は、東洋紡前の「堅田観光駐車場」が確実です。
Nanamachi3rd2011


※冒頭に掲載した写真は2009年度(第2回)のものです。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 no.317 2009.10.24 14:07
「第2回ななまちフリーマーケット(堅田旧本町商店街にて)」
Honkatata,Otsu,Shiga,Japan "Nanamachi flea market (2009) "
Photography by J.Kanematsu.October 24, 2009.


2012年9月14日 (金)

琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|【お月見イベント】のお知らせ~近江八景「浮御堂」近く、「十六夜公園」にて。2012/10/1(月)19時開演、生演奏あり #shiga #japan #photo

Horoyoi_2011091

この写真は、1年前のお月見イベントの夜(2011年9月13日・十六夜)に撮影しました。

写真中央、ステージの向こうに見える赤い光は、堅田港の防波堤にある小さな灯台の光です。
背後はすぐ琵琶湖で、琵琶湖大橋の明かりだけが見える、とても静かな夜でした。

撮影地は、堅田港・堅田水上派出所の南隣にある、十六夜公園(滋賀県大津市本堅田)。
浮御堂から歩いて5分くらいのところにあります。

Horoyoi_2011092

十六夜公園の名前は、「十六夜」の日に、松尾芭蕉が堅田でお月見の会をしたことにちなみます。
「堅田十六夜の弁」という俳文になって残っていて、十六夜公園には全文の句碑があります。

このイベントの名前も、芭蕉さんにちなんで「月見酒ほろよいシンポジウム」になっていますが、
ジュースやお茶を飲みながら、生演奏を楽しんだり(写真)、お話を伺ったりする、ゆったりとしたイベントです。
(お酒、缶ビールもあります^^)

主催者様から今年のご案内をいただきましたので、皆様にご案内させていただきます。
お近くの方はぜひどうぞ。

Horoyoi_2012

堅田湖族の郷主催 第21回月見酒ほろよいシンポジウム

日時 2012年10月1日(月) 午後7時より
場所 琵琶湖畔「十六夜公園」(堅田港・堅田水上派出所の南隣)
※午後6時の時点で雨天の場合は「堅田なぎざ苑」にて開催します。

☽「堅田十六夜の辨」朗詠
☽ほろよいスペシャルトーク「台所を川は流れる」
☽月に願いを”サックス・琴・ピアノ”コンサート
蘇州夜曲・荒城の月・月の砂漠・川の流れのように

会費 おひとり(飲み物とも)¥1000
※チケットは当日会場でお求めいただくことも可能です。

お問い合わせ 湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

アクセス 京都駅よりJR湖西線で約20分、堅田駅下車。
堅田駅より江若バス堅田町内循環線で約5分、「東洋紡績」または「堅田出町」下車。
湖岸方面(東洋紡・堅田高校の反対方向)へ徒歩約10分。


芭蕉も愛でた【琵琶湖畔、堅田・十六夜の月】と浮御堂(2011年9月13日撮影) 十六夜の月が出てくる直前の浮御堂(2011年9月13日撮影)

昨年のお月見イベントの前に、浮御堂北湖岸で撮影した写真です。
十六夜にあわせて浮御堂がライトアップされ、湖上には浮御堂と月を見るための舟が出ていました。
浮御堂北湖岸から十六夜公園の間には、湖岸に遊歩道があります。散策にも、ぜひどうぞ。


付記:芭蕉の俳文「堅田十六夜の弁」について

元禄4年(1691)8月16日、堅田の竹内茂兵衛成秀の家で俳句の席を催したと書かれています。
この前日(十五夜)、芭蕉は大津市南部の「義仲寺」で月見の会を催していました。(”望月の残興なほやまず”)
十六夜の日、弟子数人と琵琶湖に舟を出し、大津市北部の堅田に来たという訳です。(”二三子いさめて、舟を堅田の浦に馳す。”)芭蕉はこの夜の様子を俳文「堅田十六夜の弁」として記し、成秀に贈りました。

※「義仲寺」(ぎちゅうじ)は大津市南部にあるお寺で、木曽義仲と芭蕉のお墓があります。
芭蕉は大津を愛し、何度も訪ねては長期滞在しています。木曽殿の隣で眠りたいというのが遺言でした。
ちなみに、芭蕉の弟子として有名なのは宝井其角(たからいきかく)ですが、其角の父親は堅田の出身です。

前置きが長くなりました。以下、「堅田十六夜の弁」全文を掲載します。


望月の残興なほやまず。二三子いさめて、舟を堅田の浦に馳す。その日、申の時ばかりに、何某茂兵衛成秀という人の家のうしろに至る。「酔翁・狂客、月に浮れて来たれり」と、舟中より声々に呼ばふ。あるじ思ひがけず、驚き喜びて、簾をまき塵をはらふ。「園中に芋あり、大角豆(ササゲ)あり。鯉・鮒の切り目たださぬこそいと興なけれ」と、岸上に櫂をならべ筵(むしろ)をのべて宴を催す。月は待つほどもなくさし出で、湖上はなやかに照らす。かねて聞く、仲秋の望(もち)の日、月浮御堂にさし向ふを鏡山といふとかや。今宵しも、なほそのあたり遠からじと、かの堂上の欄干によって、三上(みかみ)・水茎の岡、南北に分かれ、その間にして峰ひきはへ、小山いただきを交ゆ。とかく言ふほどに、月三竿(さんかん)にして黒雲のうちに隠る。いづれか鏡山といふことをわかず。あるじの曰く、「をりをり雲のかかるこそ」と、客をもてなす心いと切なり。やがて月雲外に離れ出でて、金風・銀波、千体仏の光に映ず。かの「かたぶく月の惜しきのみかは」と、京極黄門の嘆息のことばをとり、十六夜の空を世の中にかけて、無常の観のたよりとなすも、この堂に遊びてこそ。「ふたたび恵心(えしん)の僧都の衣をうるほすなれ」と言へば、あるじまた言ふ、「興に乗じて来たれる客を、など興さめて帰さむや」と、もとの岸上に杯をあげて、
 月は横川(よかわ)に至らんとす。
    鎖(じょう)明けて月さしいれよ浮御堂
    やすやすと出でていざよふ月の雲


”千体仏”・・・浮御堂に安置されている一千体の阿弥陀仏のこと。
”恵心の僧都”・・・比叡山横川恵心院の僧・源信のこと。平安時代に浮御堂を開いたお坊様です。

”月は横川(よかわ)に至らんとす”に出てくる横川は、比叡山延暦寺の一番奥にある聖地です。
芭蕉さんたち、月が傾くまで一晩中飲んだということですね^^;


雨天時の会場・堅田なぎざ苑

大きな地図で見る


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田493-494
「琵琶湖のほとりで撮影した、中秋の名月-2011-(湖族の郷主催・月見酒ほろよいシンポジウム会場にて)」
2011.09.13撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目18(十六夜公園)

堅田(滋賀県大津市)の写真 浮御堂071(2)
「芭蕉も愛でた【琵琶湖畔、堅田・十六夜の月】と浮御堂(2011年9月13日撮影)」
2011.09.13撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(浮御堂北湖岸)

堅田(滋賀県大津市)の写真 浮御堂072(2)
「十六夜の月が出てくる直前の浮御堂(2011年9月13日撮影)」
2011.09.13撮影■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(浮御堂北湖岸)

Honkatata,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.
1-2."Full moon at midautumn and Lake Biwa in 2011"
3."Ukimido Temple, just before a moon on the sixteenth night of a lunar month comes out"
4."A moon on the sixteenth night of a lunar month,and Ukimido Temple"
Photography by J.Kanematsu.September 13, 2011.


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ