ソフト・カメラ・機材・ネット関連など

2015年4月24日 (金)

モバイル フレンドリー 対策・対応について(簡単にできる最低限の応急措置、まとめました)



スマートフォンでご覧のみなさま、こんにちは。
2015年4月21日から、Googleが「モバイル フレンドリー」という方法を採用することになりました。

「スマホ画面対応」の見やすいサイトは、モバイルでの検索結果で優遇しますよ”、というものです。
(”スマホで見づらいサイトは、モバイルでの検索結果で順位を下げますよ”、ということです。)

このブログは、@niftyのブログシステムを使っているため、「モバイル フレンドリー」になっています。
しかし、2015年4月現在もかなりの数のウェブサイトが、モバイル フレンドリーに対応していないようです。
この連休中、サイトを手直しするか、思い切って作り直すか、頭の痛い人も多いのでは・・・?

筆者のホームページも非対応だったため、4月にちょこちょこ手直しをしました。
その経験をもとに、とりあえずモバイル フレンドリーにする、簡単にできる方法を書いています。

1.モバイル フレンドリーかどうか確認する
こちらですぐに分かります。調べたいサイトのURLを入れて下さい⇒モバイルフレンドリーテスト

2.「PageSpeed Insights」で、具体的な問題点を把握する
こちらですぐに分かります。調べたいサイトのURLを入れて下さい⇒PageSpeed Insights

続きを読む "モバイル フレンドリー 対策・対応について(簡単にできる最低限の応急措置、まとめました)" »

フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)、購入前の情報と、購入後の登録手順まとめてみました

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) [2015年度版] 12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

写真を扱う人が使うソフトに、「Photoshop」という編集・加工ソフトと、
「Lightroom」という現像・管理ソフトがあります。

Lightroomの正式名は「Photoshop Lightroom」ですが、
ここでは単に「Lightroom」と書いておきますね。

このPhotoshopとLightroomの最新版を1ヶ月1000円弱で使えるのが、
「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」です。

今年になって、事務所のパソコンに入れ直すことになったとき、
改めて調べてみると「ネット認証する手順で迷った」という声が多かったです。
実はアドビのサイトでクレジットカードを登録しなくても使えます!

また、フォトグラフィプランが始まった当初から比べると、購入しやすくなっている印象があります。
これから購入を考えている方のご参考になればと、情報をまとめてみました。

続きを読む "フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)、購入前の情報と、購入後の登録手順まとめてみました" »

2014年8月31日 (日)

伊吹山と夏の花~2014年夏の撮影日記から


今年の夏は本当に雨(豪雨)が多かったですね。
被害に遭われた地域の皆様には、心からお見舞いお申し上げます。

今回掲載するのは、豪雨の合間を縫って撮影してきた夏山の風景です。
実はこの日の午前中(移動中)は大雨で、昼過ぎに奇跡的に晴れてくれました。
冒頭の写真は、紫色の花が印象的なウツボグサです。


撮影したのは、滋賀県で一番高い山・伊吹山(標高1377 m)です。
岐阜県関ケ原から伊吹山ドライブウェイを使うと、9合目の山頂駐車場まで上ることができます。
麓の古戦場が気になりつつも、ドライブウェイで伊吹山へ!

伊吹山はオオタカの撮影地としても有名なところです。
二枚目の写真に写っている一番奥の辺りで、超望遠レンズを構えた人を数人見かけました。
場所は山頂駐車場に入る少し手前です。(この写真は山頂駐車場の入り口付近で撮影。)


こちらが伊吹山9合目から望む登山道と3合目です。
3合目(写真右側)も高山植物の宝庫で、以前、高原ホテルとロープウェイがあったところです。
写真右から左側へ、くねくねと続いているのが、上野登山口(メインルート)からの登山道です。

伊吹山の登山道というのは、実はこの他にもいくつかあります。
そのひとつ、上平寺登山口からのルートが、上野からのルートに5合目付近で合流します。
その上平寺(じょうへいじ)登山口にあるのが、私のずっと探していた「伊吹神社」のようです!

昨年春から、白洲正子さんの紀行文『近江山河抄』の舞台を撮影して歩いているのですが、
「伊吹神社」の場所だけがどうもはっきりしませんでした。
『伊吹町史』を調べたところ、地質だったか自然の項目にあったのが、上平寺の伊吹神社でした。
当地が修験道の道だという白洲さんの記述からしても、ここでほぼ間違いないと思います。
(※訂正します⇒詳細は伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

日本の場合、山岳信仰を介して、山と神社は結びついていることが多いですね。
登山口が神社というケースは結構あります。比良山系の葛川明王院(大津市)もそうでした。
寺社と自然を両方撮る人は少ないようですが、私にとっては自然な流れでした。

▼伊吹神社と上平寺ルートの参考に、リンクを張っておきます(ヤマレコへのリンク)。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=10999


脱線が長くなったので、伊吹山の写真に戻ります。
今回最大の発見は、スズムシソウを見たことでした。


伊吹山を訪ねたのは7月27日。写真のメタカラコウ(雌​宝​香)の黄色い花が満開でした。
ピンク色がきれいなシモツケソウには、今年は少し早かったようです。
後で、今年のシモツケソウの満開はお盆の頃だったと聞きました。


こちらはヤマホタルブクロ。沢山咲いていました。


雄大なパノラマ!西遊歩道から望む伊吹山山頂です。
駐車場からは西遊歩道経由で、山頂まで徒歩約40分です。


伊吹山頂には日本武尊像があります。
古事記・日本書紀によれば、日本武尊は伊吹の荒ぶる神と戦って、瀕死の重傷を負いました。
その傷を癒したのが「居醒(いさめ)の清水」(古事記)で、麓の各地に伝承が残っています。

「居醒の清水」伝承地の一つが、バイカモと清流で知られる米原市醒井(さめがい)です。
醒井へは伊​吹山の帰りに立ち寄ることのできる距離で、電車でも関ヶ原から3駅・15分です。
JR醒ヶ井駅前には水の駅(道の駅)があって、こちらもおすすめです。


東遊歩道にて、お花畑の散策です。下り専用の登山道になっています。
東遊歩道は足場が若干悪いことから、登山靴必須です。


東遊歩道にて。伊吹山頂から東遊歩道経由で駐車場まで徒歩約60分でした。

※今回の撮影機材:Nikon D7100+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
(すべて手持ち撮影。これが一眼レフでぎりぎりの重さかなという気はします。約1.2kg。)
(マクロレンズではなく、45cm迄しか寄れませんが、花にピントをあわせるのは可能です。)

※山で撮影するときのご参考に、「アウトドア登山ガイド」さんより、撮影用品を網羅したページです。
登山グッズガイド カメラ レンズ バッグ 三脚

※今回はニコンの「NIKON IMAGE SPACE」を使って、画像を貼り付けてみました。
ニコンの画像共有・保存サービスで、ユーザー登録すればどなたでも無料で使えます。
ベーシックアカウントでは2GB、スペシャルアカウント (ニコンユーザー)では20GB使えます。
今回は共有アルバムとしては作っていないのですが、ウェブ上の共有アルバムとしても使えます。
沢山撮った写真をメールで送るのが大変なとき、共有アルバムを作って知らせれば便利ですよ。
NIKON IMAGE SPACE

<関連記事>
伊吹山麓のセツブンソウと春の花、「峠のシシ垣」(滋賀県米原市大久保)~2014年3月の撮影日記から(2)
伊吹の荒ぶる神2(中山道・柏原宿から醒井宿を歩く~後編:柏原一里塚から醒井「居醒の清水」とバイカモの花)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(34)


2014年1月 8日 (水)

幕末古写真ジェネレーターを使ってみました(手順を写真で掲載しています)

先日、PC環境を変えた際に調べ物をしていたら、面白いサービスを見つけました。
デジタル写真を、簡単に古写真風に変えてくれるというものです。
実物を出すのが一番分かり易いので、元旦に撮影した写真を変身させてみます。


町屋が残る大道町界隈(浮御堂~妙盛寺に続く道・本堅田1丁目)



電線と電信柱がなければ、幕末だと言っても分からないかも・・・



堅田大宮こと伊豆神社(本堅田1丁目)



あまりにもリアルなので、本物の古写真と間違われそうで・・・心配です^^;
人物の写真なら、幕末の志士や坂本竜馬の雰囲気になるので、お試しあれ。

Oldphoto3
先日UPした、鏡餅の写真もこの通りです。

幕末古写真ジェネレーターはお手持ちの写真をアップロードすれば、どんな写真でも幕末の古写真風にしてくれるサービス。やけにリアルな古写真(風)になります。
-スマホ版の幕末古写真ジェネレーター公開しました(瑠璃色Tradition -和の暮らしを楽しむブログ- )

上記の説明文は、瑠璃色Traditionさんのブログより、ご好意で引用させていただきました。
2013年秋には、スマホ版の幕末古写真ジェネレーターが公開されています。
スマホの方もぜひ使ってみて下さいね。
加工した写真はそのままツイッターやフェイスブックにも載せられます。


幕末古写真ジェネレーター -写真が江戸〜明治時代の古写真に!
http://labs.wanokoto.jp/olds
(スマホで見るとスマホ版が、パソコンで見ればパソコン版が開きます)


<使い方>手順を写真で掲載してみました。英語版の紹介を冒頭に入れてあります。













また面白いサービスやソフトを見つけたら、ご紹介します(o^-^o)

↓この下には@niftyとグーグルによる広告が入ります。
↓「Download」と出る広告は記事とは無関係ですので、ご注意ください。


2013年2月12日 (火)

安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その3)

このテーマの最終回です。

前々回(その1)→住所・名前・メールアドレス
前回(その2)→いざというとき


◇普段から

不安をできる限り軽減するためには、自分がコントロールできることに意識を向けるのが大事です。
行動の指針としては、手段を複数もつこと、プライベートと体外的な場面を分けて考えること。
それに尽きるのではないかと思っています。


<対策>

◆プライベートと仕事・対外用のアドレスを使い分ける(プロバイダーも別にすると理想的)

よく紹介される例を挙げます。
・通信販売を利用するときは、フリーメール(Gmail,yahooメールなど)を使う。
・仕事、社会活動、プライベートと場面に応じて、メールアドレスを使い分ける。

メールアドレスの流出やスパムメール、ウイルスに出くわしても、被害を最小に食い止められます。
使い分けには、公私をきちんと区別できるメリットもあります。

 

◆もうひとつのメールアドレスとして、Gmailや、さくらのメールボックスを使う方法もある

Gmailは、Googleが提供しているフリーメールです(無料)。
Gmailの利点は、その1で書いたように、スパム対策に優れていること。
もう一点挙げるとすれば、登録時に他のメールアドレスを要求されないことです。
たとえばyahooメールは登録時に他のメールアドレスを持っていないと登録できませんが、
Gmailでは、そのようなことがありません(2013年2月現在)。

フリーメールではないメールアドレスがもうひとつほしい場合は、
現在使っているプロバイダーで別のアドレスを取得するという方法の他に、
さくらのメールボックスを利用するという方法もあります。

これはさくらインターネットが提供しているWebメールで、1Gの容量を一年1000円で使えます。(※)
独自ドメイン・複数ドメインに対応していて、好きな数だけメールアドレスを作れます。
ただしWebメールなので、通信環境(ネットに接続する方法)は自分で確保する必要があります。

なお、メールアドレスが複数になったら、メールを転送して一箇所で見るようにすると便利です。

※(2013年2月19日追記)さくらのメールボックスは、容量が5Gになりました。
(14日、さくらインターネット発表。)

 

◆自分なりのルールを決めておく(友達申請を受けるのは実際に会った人だけにする等)

いろんな考え方があると思うので深く書きませんが、特にSNSではこれで悩む人も多いようです。
私が聞いた中には、メールを見る時間は午前11時と午後5時に限定している方もいました。

一週間の中でネットに触れない日を作るのも有効です。(あえて情報を遮断することも必要。)
時間の使い方にも影響してくるので、自分にとって一番いい方法を模索してみてください。

 

◆相談相手を持つ

不特定多数の人からメールを受け取って返信している人ほど、対処する知恵をもっています。
たとえばお父さんが娘さんに伝えていける知恵は、こういう場面で発揮されると思います。
周囲の人にちょっと相談してみる。yahoo知恵袋などの相談サイトを見てみるのも、大きな力になります。

 

◆(特に女性の方向け)女性の先輩のHPやブログを参考にする

世の中に出ている情報は、男性からの発信だったり、商業的な色彩の発信が多いのも事実です。

おかしなメールが来ても、(表立っては)冗談にしたり、闘志を燃やせるのは男性ならでは。
(このような場合、男性が女性に、「男性の友人と同じ感覚で」話をするのは、控えるようお勧めします。
彼女を怖がらせる可能性のほうが大きいので、感じ方の違いを尊重することが必要です。)

思いを飲み込んで女性の側から発信が萎縮してしまうのも、本当にもったいない話だと思います。
そこで今回、主に女性や初心者の方を想定して、こんな記事を書いてみました。

女性の先駆者の方のHPやブログを見て、「楽しそうだな」「美人だな」で終わらせるのではなく、
こんなところを参考にしたらいいのではないかと私は思っています。

・メールフォーム→どの会社のメールフォームかに加え、レイアウト、色使い、添えてある言葉など
(簡潔で丁寧な文章の好例です)

・ブログやFacebookのコメント欄→受け答えだけでなく、微妙な場合のスルーの仕方など

・プロフィール写真→写真の大きさ、うつむき方、逆に顔だけのアップにしてしまうなどの方法。
女性同士の場合、特に参考になります。


プロフィール写真の場合、その1で書いたように、画像検索から外すのも方法のひとつです。

 

◆ネットだけ、1つのサイトだけ、1つのSNSだけに頼らない

ネットでの情報発信は、ものすごい力と可能性を秘めています。
一方でネットはひとつの手段でしかないことも、きちんと意識しておく必要があります。
そのバランスが大切なんじゃないかと、最近思うようになりました。

悲しいことに、ネットは他人に対する暴力として使われることがあります。
だけど、道具は使う人次第で周りを幸せにすることもできます。

発信する内容や、発信者の好み・個性によって、使う媒体や使い分けの必要も出てきます。
(「ツイッターは苦手だけどブログは好き」みたいに。私はそれはそれでいいと思っています。)

試行錯誤したり、ほかの人の知恵を借りたり、時には休んだりしながら、自分のペースで発信していく。
それが一番大切なのかなと思っています。(2013年2月)


安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その2)

前回は、住所・名前・メールアドレスに項目立てをして、
安心して情報発信を行うための知恵を書きました。

今回は、いざというときの判断に役立つ知恵をご紹介します。


◇いざというとき

実は本当に悩むのは、どこまで対処すればいいか判断がつかないときです。
そこで今回は、グレーゾーンへの対応に絞って書いてみました。

<対策>

◆不審な電話番号やコメントは、まずはそのままネットで検索してみる

ブログへの迷惑投稿の例(検索結果を表示しています)

上記のケースは私も実際に経験したもので、かなりのブロガーが困惑したケースです。
実在するサイトとブランド名が書いてあって、多いときは週に21通。外国のサーバー経由でした。
同じ投稿者がこんなコメントを残したので、愉快犯の要素も否定できません。
不特定多数に営業で送られているらしいケースが、結構あります。

また、ネットショップを開店してすぐなどに、知らない番号が携帯の履歴に残っていたときは、
念のため、電話番号をネットで検索してみることをお勧めします。

私はカレンダー作品を販売したとき、すぐに知らない番号から携帯にかかってきた経験があります。
留守電にメッセージが残っていなかったので、気になって調べたところ、九州の広告代理店でした。
他の人にも同じ様な営業をしているようだったので、特に掛け直すことはしませんでした。

ネットショップや個人事務所の方は、特に開業直後、同じ様な経験をされることが多いようです。
特定商取引法の表示は、消費者保護という本来の目的を離れて広告に利用されているのが実態です。
お断りしますと一言書いておくだけでも違うので、いろんな方の表示を参考にしてみて下さい。


◆SNSでおかしなメッセージが届いたときは運営事務局に報告する
女性は相手に気を使う方が多いのですが、おかしいと思ったときは遠慮せずに報告して下さい。
事務局がきちんとブロックしてくれます。送った人はアカウントを停止されることも多いようです。


◆忍者バリアーでかわす
http://www.ninja.co.jp/barrier/
スパムに悩んでいる方は一度使ってみて下さい。結構効きます。
リンクまでブロックできること、操作と設置が簡単で無料で使えることが利点です。
(ただし、伝家の宝刀を抜くようなものなので、このブログでは使っていません。)

忍者バリアーを使う一番の効果は、きちんと意思表示をすることができる点でしょう。
大概の場合それで十分で、毅然とした意思表示が一番効くからです。

 

◇きちんと申し入れること(意思表示をすること)も、時と場合によっては必要

というわけで、忍者バリアーで書いたことと重なりますが、大事なことです。
著作権を侵害されたと感じたとき、行き違いや誤解があったとき、何度も連絡が来るなどなど。
自分の考えや感じたことを、きちんと申し入れることが必要になってきます。

あとは感情的にならないこと、そして深追いしないことが一番だと思います。
特にメールは相手の反応が見えないので、悪く取らないことも大切です。
そして、勇気を出して対処した自分をいたわることを忘れずに。


>>次回(このテーマの最終回)に続きます。(◇普段からの対策etc)


2013年2月 9日 (土)

安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その1)

最近、自分の写真作品を集めたホームページを公開したところ、
東日本大震災に関する情報支援サイトも運営していることを御存知のせいか、
ネットで情報発信することについての不安や悩みについて、
特に女性の方と、話をする機会がありました。

おそらく、不安はこのあたりに集約されるのではないかと思います。

1.発信者の安全・プライバシー(精神衛生面を含む)
2.技術的なもの(わからない、難しそう)
3.著作権がらみ


情報発信したいけれど、聞こえてくるのはなんだか怖い話が多いし、
それで躊躇している方も多いのでは、と思います。

今回は、安心して情報発信を行なうためにも、
発信者の安全・プライバシー(精神衛生面にも配慮した)の観点から、
私自身の経験を踏まえて、ちょっとした知恵を書いてみました。

※主に女性の方や初心者の方
が、個人で発信する場合を想定しています。
※プライベートから社会活動に至るまで、様々な場面を想定しています。
※セキュリィテイ(ウイルス対策)については、専門ではないので触れません。


◇自宅の住所・名前

一般論としては、住所は都道府県(あるいは市町村)でとどめておき、
必要な人には後から知らせるのが一番だと思います。

仕事の場合は職種や形態にもよると思いますが、住所は市町村でとめておくか、
表示していないことも多いようです。(個人事務所やフリーランスなど。)

名前は通称名(雅号・ペンネーム)を使うのもひとつの手段だと思います。
(本名が必要なのは、税金の申告と契約書面を書くときくらいなので。)
ただし、仕事や活動の性質上、本名や住所を出す必要が出てきますよね。
ネットで販売を行なうときは、特定商取引法により販売業者・販売責任者の表示が必要です。

(2013/2/20追記) 通称名を検討されている方向けのまじめな情報です。ご参考までに。

旧姓、ペンネームなどで仕事をされている方の実際(名刺など)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1225155.html?from=recommend

ペンネームで銀行口座を開設する方法 - PayPalビジネスアカウント または ゆうちょ銀行振替口座
(ペンネームでフリーライーターをしている方の経験談です)
http://www.wildhawkfield.com/2012/01/blog-post_24.html

なお、個人事業主開業届けを出していようがいまいが、Paypalに本人確認資料を提出すれば、
ビジネスアカウントで支払いを受け取ることはできるとのことです。
http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=619

<対策>

住所や名前を画像掲載する
画像は文字検索にはひっかかりません

Googleのウェブマスター ツールとrobotテキストを使って、画像検索から外す
これで検索には出ません
この方法はプロフィール写真なども応用きます。

※いずれもネットで検索すれば、具体的な方法が出ています。
※リクエストがあれば、後日、具体的な方法を書きます。


住所:○県○市○町(以下はメールにてご連絡します。)と表記する方法もある

市民団体の方動物のためのチャリティーカレンダーをネット販売したり、
主婦の方
子供服のネット販売をしているケースで見かけたことがあります。

法律の解釈問題になるので、ここでは突っ込んで書きませんが、
特定商取引法はいわばお客さんを不利益から守るための法律
であり
上記のようなケースでは、お客さんの問い合わせに応じて返答している限り
構わないのではないかと思った次第です。

<その他>

yahoo!やmixi,Facebookなどのプロフィ-ルでは、
「公開」が標準になっている項目があるので、登録時に注意!


会員登録したら、自動的に名前でホームページが作られて慌てた経験があります。
(外国の写真投稿サイトでしたが・・・)

SNSを利用すると、必ずプロフィ-ルページがセットになってついてきます。
一般的に非公開になっているか、「友人」からはどんな風に見える設定になっているか、
「友人の友人」からはどんな風に見えるかなど、「登録時に」必ず確認して下さい。

 

◇メールアドレス(メアド)

いわゆる迷惑メールは、一般的にはほとんどが広告メール(スパムメール)です。
困るのは、問い合わせなどの大事なメールがまぎれてしまうこと。

yahooメールやGmailを受け付けない設定にしている所もあるようですが、
現在はGmailを使う人も多いので、方法としてはなるべく避けたいですよね。


 <対策>

メアド画像にして掲載する
画像にす
れば、自動的にメアドを収集しているシステムにはひっかかりません。

ブログなどでメアドを書くときは@を書かない。
「info☆yourdomein.com ←☆を@に変えて下さい」のように書く。

「エンティティ化する」という方法もあるそうです。
http://www.infomake.org/article207.htm


メールフォームを使う
広告が入ることが気にならなければ、無料で使えるものがあります。
ちなみに私は、運営サイトの性質に応じて3社を使い分けています。
スマホに対応しているか、SSL通信に対応しているか、英語表記ができるかなど。
お申込みフォームとして使うこともできるので、色々研究してみて下さい。


◇スパムコメント、スパムメールを見えない状態にする

本当にスパムコメント、スパムメールなら、最初から見えなくしてしまう。
来たことすら分からない。これが精神衛生上理想的です。


 <対策>

Gmailを使う
迷惑メールフォルダを見ない限り、「迷惑メール」(6通)などと表示されません。
迷惑メールフォルダに入ったメールは30日後に消去されます。

スパムコメントを隔離する機能があるブログを使う(ココログなど
このブログは@niftyのココログというブログサービスを使っています。
スパムコメントは、迷惑メールフォルダのよう
別のフォルダに入ります。
そして、Gmail同様、30日後に消去されます。


>>次回に続きます。(◇いざというとき◇普段からの対策etc)


2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ