堅田・滋賀のイベント&情報/Katata Shiga info

2015年7月22日 (水)

【お知らせ・その2】小川珈琲 堅田店、2015年8月23日に閉店へ

堅田駅ロータリーから右手に歩いていくと、数分で見えてくるのが、小川珈琲 堅田店です。
2015年8月23日に閉店されるそうです。

堅田店閉店のご案内(小川珈琲ホームページ)


もう何年も前になりますが、撮影の帰りに、一度だけ堅田店に入ったことがありました。
たぶん2008年か2009年ごろで、ちょうど今みたいに暑い時分で、私は汗だくで腹ペコでした。
確かスパゲッティを食べたような記憶があります。

憧れのお店は、何かきっかけがないと、なかなか行けないものです。
私は堅田店の前を通るたびに、「デートするのにいいお店だなー」と思っていました。
だけど、デートは相手のある話だから、腹ペコな私は思い切って入ってみたのでした。
入るとき少しドキドキした、ひと夏のささやかな思い出です。

あの日のアイスコーヒーはおいしかったな。小川珈琲 堅田店さん、ありがとう。


閉店の件はおおつうしんさんから教えていただきました。ありがとうございます!


【お知らせ・その1】第32回堅田湖族まつりのお知らせ(2015年8月1日・2日) #shiga #otsu

毎年8月第一土曜日~日曜日に行われている「堅田湖族まつり」のご案内です。

2015年8月1日(土) 午後3時~午後9時 堅田湖族祭り
会場・・・大津市本堅田4丁目~堅田漁港周辺
(JR堅田駅ロータリーより湖岸方向に直進、徒歩約10分)

・子どもフェスティバル(堅田小学校金管バンド):午後3時~5時 堅田駅前第2公園(堅田保育園横)
・模擬店:午後3時30分~ 内湖大橋付近(歩行者天国になります)
・ヤングフェスティバル:午後3時30分~9時 月影広場(内湖大橋東詰)
・盆踊り:午後7時半~7時50分 漁協会館広場
・湖族の灯り(灯籠):午後7時半~8時50分 堅田漁港突堤
・花火大会:午後8時30分~8時50分 堅田漁港沖湖上

2015年8月2日(日) 午前9時~12時半 湖族船競争
会場・・・神辺なぎさ公園沖(浮御堂北湖上)

▼お問い合わせ
堅田湖族まつり実行委員会
TEL : 077-573-1211

▼昨年までの様子はこちらをどうぞ!
湖族まつり (堅田自治連合会ホームページ)


▼Googleマップに会場の「内湖大橋」の表記がないので、地図を作ってみました。



余談ですが、Googleマップで検索しても、2015年7月現在「内湖大橋」は表示されません。
Googleマップの画面で何気なく「内湖大橋」を送信したら、Googleから「審査開始」のメールが来ました。

予想外の展開で、びっくりしています・・・
審査の結果はまたお知らせしますね。
Googleマップに「内湖大橋」が載る日を祈りつつ・・・


2015年4月30日 (木)

【葵祭前儀「献撰供御人行列」2015年度参加者募集】葵祭前日(5/14)、滋賀堅田から京都下鴨神社へ、琵琶湖の鮒を納めに行く行事です

湖族の郷資料館前到着

◆献饌供御人行列(けんせん くごにん ぎょうれつ)とは・・・
葵祭の前日(5月14日)、琵琶湖畔の町・本堅田から、京都の下鴨神社へ、
鮒(ふな)と鮒寿司を献上する祭儀です。

近年は”葵祭「前儀」”として、葵祭の公式行事になっています。


(ポスター提供:堅田湖族の郷事務局様)

大道町の町屋の前を行く5

◆平安時代(1090年)、堅田は京都下鴨神社の御厨(みくりや)となりました。
「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、
琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から献饌供御人行列が行われています。
(※堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。)

鮒寿司 中島七郎兵衛商店と、大道町(本堅田1丁目)の町並み

◆浮御堂に近い、大道町と呼ばれる町並み。生活の中に町屋が残る美しい界隈です。
その大道町にある鮒寿司屋さんが、写真の中島七郎兵衛商店さんです。
中世の頃、琵琶湖といえば堅田、堅田といえば鮒と言う位、堅田は栄え、鮒は珍重されたといいます。


↓堅田町内巡行経路(滋賀県大津市本堅田1丁目)↓


◆5月14日の日程(例年)

1.堅田町内巡行:午前8時から9時
神田神社→旧西浦の小路→伊豆神社→港橋→本町商店街通り→出町通り→みくりや参道→湖族の郷資料館(バスにて下鴨神社へ)

2.下鴨神社糺の森参道巡行:午前10時から11時

下鴨神社楼門を潜る2

◆今年(2015年)は式年遷宮を迎えた下鴨神社で!

下鴨神社舞殿の脇を通り本殿へ2

◆どなたでも参加できます。参加費は無料です。
衣装準備の都合上、前日までに湖族の郷資料館までご連絡ください。
お問い合わせ・参加申し込み:湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

▼昨年度までの様子はバックナンバーをご覧下さい。
献饌供御人行列&葵祭/festival at Katata and Kyoto


撮影日:2011年5月14日
Copyright(C)2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.



滋賀県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村


↓YouTube動画でもご紹介しています↓


2015年2月28日 (土)

【琵琶湖畔・早春ウォーク(蓮如粥の昼食付)】春の散歩ジウム開催のお知らせ(2015/3/8(日)10時~@堅田浮御堂周辺)



堅田の町おこしに取り組む団体「湖族の郷」の主催で、早春の堅田を散策するイベントが開催されます。
主催者様からご案内をいただきましたので、皆さまにお知らせします。

びわ湖堅田湖族の郷 春の散歩ジウム「湖戦場物語」

■日時:2015年3月8日(日) 午前10時~午後3時(小雨決行)(受付開始:午前9時30分~)
■集合場所:JR堅田駅東口(京都駅からJR湖西線にて約20分)
■参加費:お一人¥1500(昼食「蓮如粥」・拝観料含む。当日受付にて受領。)
■お問い合わせ:湖族の郷(こぞくのさと)資料館(電話077-574-1685)までお願いします。


大きな地図で見る


これが、琵琶湖の上に建つ寺、浮御堂です。

堅田は、滋賀県大津市の北部にある琵琶湖畔の町です。
近江八景の一つ「堅田の落雁」こと、「浮御堂」がある町として知られています。

浮御堂は平安時代に創建された禅寺で、琵琶湖の上に建っています。
境内からは琵琶湖が360度展望でき、対岸まで広がる素晴らしい眺めが御覧いただけます。

琵琶湖

堅田は平安時代から京都の下鴨神社の「御厨」として庇護を受け、湖上交通を取り仕切り、
中世には琵琶湖最大の自治都市として発展しました。

居初邸と、古い蔵

今でも町並みにその面影が残り、町屋が生活の中に残っています。
(写真:中世に堅田を治めた豪族・居初氏の邸宅)

室町時代には、20代~30代の一休さんが堅田の「祥瑞寺」で修行し、悟りをひらきました。

祥瑞寺、静かな朝の鐘

(写真:祥瑞寺、静かな朝の鐘)

同じく室町時代には、比叡山延暦寺から仏敵とされた蓮如が、堅田の「本福寺」に滞在しています。
蓮如を匿って延暦寺から町を焼き討ちにされながら、堅田の人々は数年で町を復興させました。

信仰心の篤さと湖上交通の安全を願う気持ちから、浮御堂の徒歩圏には10近くもの寺社があります。

本福寺の松

(写真:本福寺の松)
本福寺では毎年、3月第2日曜日に「蓮如忌」が営まれ、昼食には「蓮如粥」が振舞われます(有料)。
※今回の昼食がこの「蓮如粥」です。頂いた事がありますが、シンプルな白いお粥ですよ。

そして、なんといっても、堅田は路地の町。
路地の向こうにぱっと琵琶湖が見えるのは、堅田ならではの風景です。

居初邸の路地2

地元の方々のご案内をいただけるのが、このまち歩きの大きな魅力です。
早春の折、お気軽にお出かけください。

※写真:2011年2月のバックナンバー(※堅田の名所・町案内を掲載)からお届けしました。


第7回堅田100円商店街開催のお知らせ(2015/3/7(土)10時~16時@堅田駅~堅田出町~浮御堂周辺)



今回で第7回を迎える「堅田100円商店街」のご案内です。
各店自慢の商品を、お得にゲットできる“まちセリ”も同時開催!

◆日時:2015年3月7日(土) 10:00~16:00
◆場所:滋賀県大津市本堅田・今堅田(JR京都駅より湖西線「堅田駅」下車)
※各会場の最寄のバス停・駐車場は「第1回チラシ」を御覧下さい。

◆主催:堅田商業連合共同組合、本通り商店街、中央商店街、出町商店街、
浜通り商店街、JR駅前商店街、琵琶湖大橋商店街

◆お問い合わせ 堅田商業連合協同組合
TEL:077-572-1154

詳細は下記チラシをご覧ください(クリックすると拡大します)。

第7回堅田100円商店街-チラシ表

第7回堅田100円商店街-チラシ裏


2015年1月25日 (日)

「江戸時代の堅田と堅田藩」報告会開催のお知らせ(2015/3/8(日)14時~@大津市北部地域文化センター/無料・先着300名/堅田大庄屋文書研究会)

初冬の浮御堂と琵琶湖(浮御堂北湖岸から)

元徳11年(1698)に成立した堅田藩は、多くの法令やお触れを出し、領国支配を進めました。
一方で、堅田の大庄屋(庄屋を束ねる存在)は、堅田藩からのお触れや日常の業務を留帳に付け続けました。
堅田大庄屋文書研究会では、この留帳の解読作業とともに、伊豆神社に残る本堅田村文書の調査を進めてきました。
本報告会では、江戸時代の堅田について、これまでの調査・研究成果をもとに報告します。(告知チラシより)

◆日時:2015年3月8日(日) 14:00~16:30
◆場所:大津市北部地域文化センター(大津市堅田2丁目1-11)(地図
◆入場:無料(事前申込み不要・先着300名)

◆内容
○報告1 堅田藩領と堀田家の世界
○報告2 堅田で書き留められた触~本堅田諸色留帳の内容~
○報告3 江戸時代の本堅田村を知る~明細帳にみる300年前の堅田~
○報告4 堅田の空間をよむ~再発見の古絵図を中心に~

◆主催:科学研究費補助金基礎研究「譜代小藩堅田藩の基礎的研究-地域社会の変容と藩政の展開-」グループ
◆共催:堅田学区自治連合会、伊豆神社、堅田大庄屋文書研究会、甲南大学文学部歴史文化学科「歴らぼ」
◆後援:大津市歴史資料館
◆お問い合わせ:堅田大庄屋文書研究会(katataojoya☆gmail.com(☆を@に変えて下さい))

◆アクセス
・公共交通機関:JR堅田駅より江若バス「堅田町内循環線」または「浜大津線」で仰木道下車
※堅田町内循環線のバス時刻表[PDF]⇒江若交通
※浜大津線(大津駅・県庁前行き)のバス時刻表[PDF]⇒江若交通
※堅田駅より仰木道までのバス料金は180円です(2015年1月現在)

・自動車:国道161号線「仰木口」より浮御堂方面へ⇒一つ目の角(堅田高校グラウンド角)を右折⇒直進すぐ



2015年1月15日 (木)

曼陀羅山古墳群の出土品(水晶製切子玉)、滋賀里で展示中です!(2015/1/30まで)

水晶の切子玉、そして耳輪

琵琶湖の西に位置する小野は、小野妹子や小野道風で知られる小野氏のふるさとです。
小野周辺の丘陵地は古墳が多く、曼陀羅山とその山麓には「曼陀羅山古墳群」があります。
2013年2月には真野北小の北側で新たに5基の円墳が発見されました。



冒頭の写真は、2014年2月開催の現地説明会で撮影した副葬品の一部です。
水晶の切子玉をはじめとする出土品が、2015年1月現在、滋賀里で展示されています。
2014年12月に筆者も見学させていただきました。

曼陀羅山古墳群は地元の皆さんの関心が高い古墳で、
現地説明会に行きたかったよ~(泣)という声をたくさん聞きました。
この機会にぜひご覧ください。

「第23回埋蔵物文化財みにみに展示会 大津むかし むか~し」

◆日時:2014年11月10日(月)~2015年1月30日(金) 9時~17時
◆場所:大津市埋蔵文化財調査センター(地図
(〒520-0006 滋賀県大津市滋賀里1丁目17−23/電話番号:077-527-1170)
◆入館料:無料
◆駐車場:あり(約10台)

◆今回展示されている主な出土品
・水晶製切子玉・石室内出土土器・・・曼陀羅山古墳群(緑町)
・須恵器・・・中村遺跡(真野2丁目)
・石室内出土土器・・・穴太飼込古墳群(穴太3丁目)
・手焙り形土器・・・滋賀里遺跡(見世2丁目)
・弥生土器・壷・石包丁・・・南滋賀遺跡(南志賀3丁目)
・軒平瓦片・・・惣山遺跡(大江8丁目)

▼今回名前が出てきた遺跡を地図にしてみました。
リンク先の遺跡名をクリックすると、場所と簡単な説明(メモ)が表示されます。
今回展示品が出土した古墳・遺跡一覧

曼陀羅山の尾根筋から見た、真野北小学校付近の古墳
曼陀羅山の尾根筋から見た、真野北小学校と曼陀羅山古墳群。(2013年8月撮影)

 真野川と、里山の風景(真野家田町付近)
真野川と里山の風景(2011年5月撮影)。古墳や遺跡がありそうな雰囲気ですね。

近年、堅田駅西側(山の手)の再開発に伴って、真野の発掘調査が行われているようです。
今回は真野の「中村遺跡」のうち、堅田駅に近い真野2丁目からの出土品が展示されています。

ちなみに今回の調査地点は「真野廃寺」の東側に位置するそうです。
真野廃寺の場所は、確か、堅田駅(山の手)再開発に伴う道路建設予定地のあたりです。
真野廃寺は白鳳時代の寺院跡で、2010年6月の発掘調査で瓦を焼いた跡が見つかっています。
今後の動向が楽しみですね!


2014年10月26日 (日)

「信楽高原鐵道復興応援ウォーク」開催のお知らせ(2014/11/9(日)@滋賀|Aコース:JR甲西駅から20km、Bコース:JR貴生川駅集合→代行バスで紫香楽宮駅、Aコースと合流し10km)☆予約不要☆参加者300名様に記念品プレゼント


2013年9月の台風18号により、甚大な被害を受けて運行休止していた信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)。
現在は代行バスが貴生川~信楽間を運行しています。

台風により橋脚や橋桁が流された杣川橋梁(そまがわきょうりょう)が、ついに先日、復旧しました!
2014年10月20日には、杣川橋梁で初めて試験運行が行われています。
そしてついに2014年11月29日(土)より、列車運行が再開されます!

その復興応援ウォークが、滋賀県ウォーキング協会主催で11月9日(日)に開催されます。
主催者様よりチラシをいただきましたので、皆さまにご紹介させていただきます。

☆詳細は下記チラシまたは滋賀県ウオーキング協会(イベント概要)をご覧下さい。

写真は2010年4月、桜の咲く信楽駅にて。
2015年の春はまた同じ風景が見られそうですね!楽しみです。

▼信楽高原鐵道ホームページ
http://koka-skr.co.jp/


2014年9月10日 (水)

【琵琶湖の近くであおぞら市】「堅田湖族にぎわい市」開催のお知らせ(2014年10月19日(日)・11月23日(日)@滋賀県大津市本堅田)

第2回ななまちフリーマーケット(堅田旧本町商店街にて)
大津北商工会さんからの情報です。
琵琶湖に近い浮御堂周辺で、10月と11月に1回ずつ「あおぞら市」が開催されます。
地域の特産品、各店自慢の商品、農水産品などが販売される予定です。

◆日時:2014年10月19日(日)・11月23日(日) 両日とも 9時~14時
◆場所:湖族の郷資料館、浮御堂周辺(滋賀県大津市本堅田1丁目)


※例年この時期に開かれていた「ななまちフリーマーケット」は、今年度は開催されません。
※一般の方のフリーマーケット出店募集は(残念ながら)ありませんので、ご注意下さい。

※もよりのバス停は、江若バス・堅田町内循環線「浮御堂前」(JR堅田駅より乗車7分)です。
日曜日の朝9時台までは浮御堂前までバスが行きませんので、「堅田出町」をご利用下さい。
堅田町内循環線時刻表

※駐車場は、東洋紡の前(堅田高校の奥)にある「堅田観光駐車場」をご利用下さい。
(堅田観光駐車場の所在地:滋賀県大津市本堅田3丁目2)


<出店を希望される方向けの情報>

◆出店資格
・商品販売・模擬店 … 大津市北部地域で事業を営まれている方、組合や団体
・農水産品の出店 … 大津市内で農業・漁業に従事されている方
※軽トラを乗り入れての出店、2日間のいずれかの日だけの出店もOK。

◆出店ブース:20ブース募集 (1ブース 間口4m×奥行2m)
※原則1申込・1ブース(複数希望は空ブースがある場合のみ対応)

◆出店料:1,000円(1ブース・1日あたり)
◆申込締切:10月3日(金)(募集数20ブースに達し次第、締め切り)
◆出店募集要項、出店申込書はこちら⇒http://otsukita-sci.com/event.php?no=270

◆申込・お問い合わせ:堅田湖族にぎわい市実行委員会事務局
〒520-0242 滋賀県大津市本堅田3丁目7-14(大津北商工会本所内)
TEL:077-572-0425 FAX:077-572-1140
URL:http://www.otsukita-sci.com/


2014年9月 1日 (月)

琵琶湖畔【十六夜お月見イベント】のお知らせ(近江八景「浮御堂」近く・滋賀県大津市本堅田「十六夜公園」にて。2014/9/9(火)19時開演、雅楽の生演奏あり)

十六夜の月が出てくる直前の浮御堂(2011年9月13日撮影)
近江八景のひとつ、堅田の浮御堂は、琵琶湖に浮かぶようにして建つ禅寺です。
その浮御堂から歩いて5分くらいの湖畔に、十六夜公園という小さな公園があります。

公園の名は、「十六夜」の日に、松尾芭蕉が堅田でお月見の会をしたことにちなみます。
芭蕉は「堅田十六夜の弁」という俳文を残しました。

望月の残興なほやまず。二三子いさめて、舟を堅田の浦に馳す。
その日、申の時ばかりに、何某茂兵衛成秀という人の家のうしろに至る。
「酔翁・狂客、月に浮れて来たれり」と、舟中より声々に呼ばふ。
あるじ思ひがけず、驚き喜びて、簾をまき塵をはらふ。
・・・(中略)・・・
もとの岸上に杯をあげて、月は横川(よかわ)に至らんとす。

鎖(じょう)明けて月さしいれよ浮御堂
やすやすと出でていざよふ月の雲    -松尾芭蕉「堅田十六夜の弁」

今回ご紹介するイベントは、芭蕉にちなんで「月見酒ほろよいシンポジウム」になっていますが、
ジュースやお茶を飲みながら、生演奏を楽しんだりお話を伺ったりする、ゆったりイベントです。
(お酒、缶ビールもあります^^)

主催者様から今年もご案内をいただきましたので、皆様にご案内させていただきます。
お近くの方はぜひどうぞ。



堅田湖族の郷主催 第23回月見酒ほろよいシンポジウム

◆日時:2014年9月9日(火) 午後7時より
◆場所 琵琶湖畔「十六夜公園」(堅田港・堅田水上派出所の南隣)
※午後5時の時点で雨天の場合は「堅田なぎざ苑」にて開催します。

☽トークやクイズで楽しむ「芭蕉とその足跡」
☽雅楽「千年の調べコンサート」(出演:膳所・和田神社「奏和会」の皆さん)
☽「堅田十六夜の辨」朗詠

◆会費 おひとり(飲み物とも)¥1000
※チケットは当日会場でお求めいただけます。

◆主催:堅田 湖族の郷
◆お問い合わせ:湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

□アクセス:京都駅よりJR湖西線で約20分、堅田駅下車。
堅田駅より江若バス堅田町内循環線で約5分、「堅田出町」下車。
湖岸方面(東洋紡・堅田高校の反対方向)へ徒歩約10分。

□雨天時の会場・堅田なぎざ苑 ※十六夜公園は都久生須麻神社のそばです。

大きな地図で見る

▼「堅田十六夜の弁全文」はこちらの後半に掲載しています。
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/katata201210119.html


より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ