« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

【葵祭前儀「献撰供御人行列」2015年度参加者募集】葵祭前日(5/14)、滋賀堅田から京都下鴨神社へ、琵琶湖の鮒を納めに行く行事です

湖族の郷資料館前到着

◆献饌供御人行列(けんせん くごにん ぎょうれつ)とは・・・
葵祭の前日(5月14日)、琵琶湖畔の町・本堅田から、京都の下鴨神社へ、
鮒(ふな)と鮒寿司を献上する祭儀です。

近年は”葵祭「前儀」”として、葵祭の公式行事になっています。


(ポスター提供:堅田湖族の郷事務局様)

大道町の町屋の前を行く5

◆平安時代(1090年)、堅田は京都下鴨神社の御厨(みくりや)となりました。
「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、
琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から献饌供御人行列が行われています。
(※堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。)

鮒寿司 中島七郎兵衛商店と、大道町(本堅田1丁目)の町並み

◆浮御堂に近い、大道町と呼ばれる町並み。生活の中に町屋が残る美しい界隈です。
その大道町にある鮒寿司屋さんが、写真の中島七郎兵衛商店さんです。
中世の頃、琵琶湖といえば堅田、堅田といえば鮒と言う位、堅田は栄え、鮒は珍重されたといいます。


↓堅田町内巡行経路(滋賀県大津市本堅田1丁目)↓


◆5月14日の日程(例年)

1.堅田町内巡行:午前8時から9時
神田神社→旧西浦の小路→伊豆神社→港橋→本町商店街通り→出町通り→みくりや参道→湖族の郷資料館(バスにて下鴨神社へ)

2.下鴨神社糺の森参道巡行:午前10時から11時

下鴨神社楼門を潜る2

◆今年(2015年)は式年遷宮を迎えた下鴨神社で!

下鴨神社舞殿の脇を通り本殿へ2

◆どなたでも参加できます。参加費は無料です。
衣装準備の都合上、前日までに湖族の郷資料館までご連絡ください。
お問い合わせ・参加申し込み:湖族の郷資料館(電話077-574-1685)

▼昨年度までの様子はバックナンバーをご覧下さい。
献饌供御人行列&葵祭/festival at Katata and Kyoto


撮影日:2011年5月14日
Copyright(C)2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.



滋賀県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村


↓YouTube動画でもご紹介しています↓


2015年4月24日 (金)

モバイル フレンドリー 対策・対応について(簡単にできる最低限の応急措置、まとめました)



スマートフォンでご覧のみなさま、こんにちは。
2015年4月21日から、Googleが「モバイル フレンドリー」という方法を採用することになりました。

「スマホ画面対応」の見やすいサイトは、モバイルでの検索結果で優遇しますよ”、というものです。
(”スマホで見づらいサイトは、モバイルでの検索結果で順位を下げますよ”、ということです。)

このブログは、@niftyのブログシステムを使っているため、「モバイル フレンドリー」になっています。
しかし、2015年4月現在もかなりの数のウェブサイトが、モバイル フレンドリーに対応していないようです。
この連休中、サイトを手直しするか、思い切って作り直すか、頭の痛い人も多いのでは・・・?

筆者のホームページも非対応だったため、4月にちょこちょこ手直しをしました。
その経験をもとに、とりあえずモバイル フレンドリーにする、簡単にできる方法を書いています。

1.モバイル フレンドリーかどうか確認する
こちらですぐに分かります。調べたいサイトのURLを入れて下さい⇒モバイルフレンドリーテスト

2.「PageSpeed Insights」で、具体的な問題点を把握する
こちらですぐに分かります。調べたいサイトのURLを入れて下さい⇒PageSpeed Insights

続きを読む "モバイル フレンドリー 対策・対応について(簡単にできる最低限の応急措置、まとめました)" »

フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)、購入前の情報と、購入後の登録手順まとめてみました

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) [2015年度版] 12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

写真を扱う人が使うソフトに、「Photoshop」という編集・加工ソフトと、
「Lightroom」という現像・管理ソフトがあります。

Lightroomの正式名は「Photoshop Lightroom」ですが、
ここでは単に「Lightroom」と書いておきますね。

このPhotoshopとLightroomの最新版を1ヶ月1000円弱で使えるのが、
「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」です。

今年になって、事務所のパソコンに入れ直すことになったとき、
改めて調べてみると「ネット認証する手順で迷った」という声が多かったです。
実はアドビのサイトでクレジットカードを登録しなくても使えます!

また、フォトグラフィプランが始まった当初から比べると、購入しやすくなっている印象があります。
これから購入を考えている方のご参考になればと、情報をまとめてみました。

続きを読む "フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)、購入前の情報と、購入後の登録手順まとめてみました" »

2015年4月16日 (木)

滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


雪山と菜の花と、線路と川。どこか懐かしい、湖北(滋賀県北部)の春の風景です。

春は、今まで眠っていたかのように見えた自然のエネルギーが、いきいきと目覚めるような季節。
桜やいろんな花が一気に咲くのを見ていると、私もエネルギーをいっぱいもらいました。

おかげさまで、今回で1400件目の記事となりました。
滋賀の美しい風景をご紹介したくて、琵琶湖畔の堅田という町から始まったブログです。
ご訪問いただいている皆さまに、春のいぶきが届きますように!



滋賀の桜シリーズ、今回は滋賀県北部の余呉湖(滋賀県長浜市)からお届けします。
JR余呉駅から歩いてすぐの余呉湖導水路は、湖へ向かって桜並木が続く場所です。



少し遠くから見たところ。種まきを待つ畑のむこうに、桜並木と余呉湖。



余呉湖は、日本最古の天女の羽衣伝説が残る場所です。
水浴びしていた天女が羽衣をかけたのが、柳の木でした。
余呉観光情報HPによれば、羽衣伝説で柳が登場するのは余呉だけだそうです。



余呉の春。民家の周りを桜と菜の花が優しく咲きます。



余呉湖畔の一本桜。新録が気持ちいい季節になりました。

余呉湖畔は桜と柳の並木道が続き、レンタサイクル・車で一周できます。
今週末の桜をお探しの方は、ぜひお出かけ下さい♪

☆2015年4月11日(土)から19日(日)まで「余呉湖さくら祭り」開催中とのことです!
詳細はこちらからどうぞ→http://yogokanko.jp/

撮影日:2015年4月9日(木)
Copyright(C)2007-2015 Jun Kanematsu/兼松純写真事務所. All rights reserved.



滋賀県 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城

桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


2015年4月15日 (水)

滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)


撮影先の駐車場で出会ったのは・・・



桜の下のお昼寝猫。気持ちよさそう!



駐車場の桜と、置物のカモ。(頭が緑なのでアヒルなのかな?)
三島池(滋賀県米原市池下)は水鳥で知られる場所です。



春の三島池は、桜と伊吹山が望めるスポット!この日もお花見の人が結構来ていました。
桜を見ると皆さん、表情がパッと明るくなって、こちらも嬉しくなっちゃいます。

今年は湖北(滋賀県北部)の桜を中心に撮影してきました。
前回(徳源院の道誉桜)に引き続き、同じく米原市の三島池をご紹介しました。
次回は余呉の桜と菜の花をお届けします。滋賀の美しい風景をお楽しみ下さい♪
(撮影日:2015年4月9日(木))

☆三島池の最寄り駅:JR東海の近江長岡駅。伊吹山登山口の最寄り駅でもあります。
☆バス:近江長岡駅から湖国バス(長浜駅行き)乗車約10分。三島池ビジターセンター下車すぐ。


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城

桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


2015年4月14日 (火)

滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)


滋賀県米原市の清瀧寺徳源院に、道誉桜と呼ばれる桜があります。
資料によれば、エドヒガンザクラの一種で、樹齢約300年。樹高約10m、胸高周り2.3mだそうです。
京極家の第5代当主・佐々木道誉(高氏)が植えたと伝えられる桜で、現在は2代目にあたります。

道誉は鎌倉時代から南北朝時代の人物で、当初は鎌倉幕府の執権・北条高時に仕えました。
その後、足利尊氏に味方して室町幕府の成立に尽力し、政所執事を務めた実力者でした。
粋に振舞う「婆沙羅(ばさら)大名」として、『太平記』にも登場しています。

清滝は元弘の変(後醍醐天皇を中心とする討幕の乱・1331-1333年)の舞台となった場所でした。
後醍醐天皇に仕えた北畠具行が幕府方に捕われて護送される途中、斬首されたのが清滝です。
具行の人柄を惜しんだ道誉は、徳源院に一ヶ月ほど留めて命乞いをしたと『増鏡』にあります。

貞和三年(1347年)、徳源院に近い丸山の山頂に、北畠具行卿墓(宝篋印塔)が建てられました。
現在、国指定の史跡になっています。


道誉桜(3代目)と三重塔。
3代目は1977年(昭和52年)に植えられた桜だということです。


左が道誉桜(2代目)、右が3代目。

徳源院は京極氏の菩提寺で、境内には歴代当主の墓(石廟と宝篋印塔)が並ぶ様は圧巻です。
京極氏歴代当主の墓も国指定の史跡になっています。
徳源院と京極氏については、以前このブログで詳しくご紹介しています。

▼近江源氏・佐々木氏ゆかりの地を巡る。氏神「沙沙貴神社」と京極家の菩提寺「徳源院」
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-56de.html


清滝の集落に咲く桜。その向こうを、関ケ原方面へと新幹線が通り過ぎていきました。
伊吹山は雲の中です。


徳源院のもより駅は、JR東海の柏原駅(かしわばらえき・滋賀県米原市柏原)です。
柏原は中山道の宿場町で、ごらんのとおり、町並みが非常に美しいところです。

柏原駅から徳源院までは、中山道経由で約25分。朝8時過ぎだったので誰も歩いていませんでした。
地元の方に教えていただいた柏原中学校の裏を通るルートだと、少し近道になります。
下に地図を出しておきましたのでご参考になれば幸いです。

駅から機材を背負って徳源院まで歩き、また駅まで歩いて帰りました。次は三島池へ向かいます。
(撮影日:2015年4月9日)

▼柏原駅から徳源院への地図(近道)


▼中山道を歩く場合の地図:柏原~(寄り道して徳源院)~醒井の地図(Google map)
中山道(醒井・柏原・関ケ原)と北国脇往還を歩く~滋賀県米原市・長浜市・岐阜県不破郡関ケ原町


付記:米原市にて、もうひとつの「元弘の変」の舞台(米原市番場の蓮華寺)

元弘3年(1333年)5月9日、六波羅探題北方の北条仲時は、足利尊氏に追われ東国へと向かいます。
しかし軍勢は佐々木道誉によって阻まれ、番場の蓮華寺(写真)で一族432人と共に自刃しました。

蓮華寺境内には仲時主従の一石五輪塔群の墓があり、お参りすると胸に迫るものがあります。
春の蓮華寺は、境内の紅梅(3月末・写真)と、コバノミツバツツジ(4月上旬~中旬)がきれいです。
番場はやはり中山道の宿場町で、関ケ原→柏原→醒井→番場と位置します。
米原駅からバスがありますが、徒歩も可能(約1時間)です。一緒に回ってみるのもおすすめです。


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城

桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


2015年4月10日 (金)

滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)


伊豆神社は、近江八景「堅田の落雁」として知られる「浮御堂」のそばにある神社です。
堅田大宮とも呼ばれ、琵琶湖に続く掘割(江戸時代のもの)が周囲を取り囲みます。
春にはやさしい色の桜が、↑石橋の両脇↓と、本殿の奥で咲いてくれます。


琵琶湖に続く掘割が見えています。
写真2枚目に写っている道をまっすぐ行くと琵琶湖岸で、右に曲がると浮御堂の前に出ます。


由緒に、寛平年間(878~897年)比叡山の法性坊阿闍梨が諸国修行に出たとき、
伊豆の三嶋で笈に乗っていたところ、 伊豆権現が乗り移り、神託を受けて社を建てたといいます。

その後、比叡山に帰り堅田を訪れた法性坊は、辺りの風景が三嶋の地に似ているところから、
祭神を分祀しこの地に伊豆神社を創建したと伝えられています。

祭神の大山須祇命は「和多志(渡し)」の神で、社殿も当時の港の方向を向いて建てられました。
実際に港があったのが、前回ご紹介した「おとせの浜」の前にある児童公園のあたりです。

室町時代、伊豆神社には惣(自治組織)が置かれたことから、様々な古文書が残されました。
港の位置が描かれた古絵図も残っていて、近年、本格的な研究が進められています。
堅田の歴史についてまた新しい情報が分かれば、このブログでもお伝えしていく予定です。


伊豆神社といえば、「幸福の石」に参拝する女性の姿が絶えない印象があります。
擦ると幸せになる、恋しい人逢いたい人にその思いが叶うとの言い伝えを持つ石です。
お花見がてら、ぜひお参り下さいませ。

▼伊豆神社の「幸福の石」について
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/katatahonkata-1.html


伊豆神社本殿の前にて、桜と狛犬。



伊豆神社本殿奥の桜です。(撮影日:2015年4月9日)


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城

桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜 ~the most beautiful place 071-075


昨日(4月9日)は、桜の撮影で湖北(滋賀県北部)を回ってきました。
その帰りに撮影した、おとせの浜(堅田)の桜です。
琵琶湖の小さな入り江に面した、桜並木とヨシ群落。対岸には三上山(近江富士)。
初めてここに来たのは、ちょうど10年前のことでした。

▼おとせの浜の伝承(源平合戦に由来しています)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/honkatata1212-d.html


今年(2015年)の4月は桜の開花日が早かった上に、上旬は雨の日が多かったですよね。
これからお花見に行きたいよー!と思っている方に、2015年の桜情報です。
湖北(滋賀北部)は、昨日(4月9日)がちょうど満開でした。

今週末(4月11日・12日)でもお花見が大丈夫なのは・・・
湖北なら海津大崎、余呉湖、長浜城(豊公園)、三島池、道誉桜(徳源院)がおすすめです。
近畿なら吉野山(奈良)、仁和寺の御室桜(京都)、造幣局の桜の通り抜け(大阪)が見ごろ。
ちなみに、堅田に近い比叡山延暦寺(奥比叡)は、GWのころ満開になるでしょうね。

☆2015年4月11日(土)から19日(日)まで「余呉湖さくら祭り」開催中とのことです!
詳細はこちらからどうぞ→http://yogokanko.jp/


おとせの浜の桜は、地元の方が植えたソメイヨシノだと伺っています。
幹からも花がいっぱい咲きます!

堅田の桜は滋賀南部や大津の街中より少し遅くて、海津大崎より少し早いくらいの感じです。
それで何度も泣かされました。咲いているかなと思って出かけるとつぼみだったり、五分咲きだったり。
堅田は地元ではなく、住んでいるわけでもなかったので、何度も通ってつかんだ感覚です。


おとせの浜・遠景(高台の公園より撮影)。

そういえば昨年4月初め、この場所からよく見えていたのは、
湖岸にテレビカメラを構えて桜を撮影している人たちでした。

その後NHKのローカル番組で「おとせの浜」が紹介されて、
このブログのアクセスが急にあがったときはびっくりしました。

私にとって、おとせ桜は一年に一度しか見れないことがほとんどなので、
お近くの方にはこの桜を直に楽しんでいただけたら嬉しいです(^^)

▼堅田雄琴湖岸公園(おとせの浜と堅田なぎさ苑)の地図
Google map


堅田なぎさ苑前にて、つりをするお兄さんたちと桜。
なぎさ苑といえば、5月に行われる供御人行列(葵祭前儀)の準備会場になっています。
堅田のみなさま、供御人行列まであと1ヶ月ですね!


▼桜シリーズ(2014年~2015年撮影)

吉野山の桜(奈良)

桜の頃、京都(1) 蹴上インクライン、南禅寺、哲学の道、岡崎疏水、平安神宮、円山公園、嵐山、嵐電の桜の通り抜け

桜の頃、京都(2) 醍醐寺、南禅寺、元離宮二条城

桜の頃、京都(3) 祇園白川から清水寺へ歩く、清閑寺と高倉天皇陵、毘沙門堂と山科疏水

滋賀の桜(1) ひこにゃんと彦根城
滋賀の桜(2) 海津大崎:琵琶湖畔の桜の並木道
滋賀の桜(3) 近江八幡の水郷と、時代劇のロケ地・八幡堀
滋賀の桜(4) 長浜曳山まつりと、長浜城・豊公園の桜
滋賀の桜(5) 三井寺(園城寺)、琵琶湖疏水(鹿関橋)、石山寺と瀬田川

滋賀の桜(6) 琵琶湖畔(堅田「おとせの浜」)にて、満開の桜
滋賀の桜(7) 伊豆神社の桜と、幸福の石(滋賀県大津市本堅田)
滋賀の桜(8) 徳源院の道誉桜(滋賀県米原市清滝)
滋賀の桜(9) 伊吹山を望む三島池の桜&お昼寝猫(滋賀県米原市池下)
滋賀の桜(10) 余呉湖の桜(滋賀県長浜市)


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ