« 鈴鹿の流れ星9(木地師の里、滋賀県東近江市蛭谷から君ヶ畑を巡る)~近江山河抄の舞台を歩く(71) | トップページ | 伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72) »

2014年11月30日 (日)

滋賀と京都の紅葉(2014年11月撮影)【洛北】大原から古知谷阿弥陀寺、蓮花寺、赤山禅院 【滋賀】湖東三山、永源寺、石山寺、三井寺、日吉大社、西教寺、鶏足寺、石道寺、湖南三山、不動寺、太郎坊宮、教林坊



11月後半はいかがお過ごしでしたか?
私は連日、紅葉の撮影で、京滋のお寺を中心に回っていました。
ひたすら早起きして、移動、撮影、移動の毎日でした。

名刹は山の中、石段の上にあることが多いので、バスと電車の後は てくてく歩きます。
この数年でだいぶ鍛えられたかな、と思いつつ、上り坂はやっぱり苦手です^^;

冒頭の写真は、京都市左京区にある天台宗寺院「蓮華寺」(れんげじ)にて。
「そうだ 京都、行こう。」という名キャッチコピーがありますが、まさにそんな感じですね。

蓮華寺は池泉鑑賞式庭園で知られ、石仏もまた美しいお寺です。
比叡山麓にある八瀬駅の一つ手前(上橋)でバスを下りると、蓮華寺があります。



この秋も、撮影を通じて、いろんな一期一会がありました。
紅葉の前は奈良に伺ったのですが、奈良の皆さんには本当に良くして頂きました。
斑鳩町の皆さま、奈良市の皆さま、本当にありがとうございました。

京都大原や滋賀各地へと、定刻どおりバスを走らせてくれる運転士さん。
お寺の拝観受付や交通整理、道案内をされていた地元の方々。
遠くは横浜や奈良から、滋賀の湖南三山へ参拝していただいた皆さま。
さまざまな出会いとご縁に、感謝します。


◎滋賀と京都の紅葉(2014/11/21~28撮影)
・京都市北部(洛北) :蓮花寺、古知谷阿弥陀寺、大原(三千院近辺)、赤山禅院
・滋賀県東部[甲良町・愛荘町・東近江市]:西明寺・金剛輪寺・百済寺(湖東三山)、永源寺
・滋賀県南部~西部[大津市]:石山寺、三井寺、日吉大社、西教寺
・滋賀県北部[長浜市]:鶏足寺(旧飯福寺)、石道寺
・滋賀県南部[湖南市]:常楽寺・長寿寺・善水寺(湖南三山)、不動寺
・滋賀県東部[東近江市]:太郎坊宮、教林坊

※上記の写真を「NIKON IMAGE SPACE」で限定公開しています。
滋賀京都の紅葉/秋の風景2014
(NIKON IMAGE SPACEにジャンプします)

※提携先のアマナイメージズにて今後掲載(販売)予定です。
寺社の写真はこちら
風景写真はこちら

↑上記リンク先の「この作家を検索」から、他の掲載作品をご覧いただけます。

※写真に関するお問い合わせはメールフォームからお願いします。
※撮影者ホームページ:Jun Kanematsu Photo Works(兼松純写真事務所)


« 鈴鹿の流れ星9(木地師の里、滋賀県東近江市蛭谷から君ヶ畑を巡る)~近江山河抄の舞台を歩く(71) | トップページ | 伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72) »

滋賀の町並み・風景/Shiga,Japan」カテゴリの記事

京都/Kyoto,Japan」カテゴリの記事

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ