« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

伊吹山と夏の花~2014年夏の撮影日記から

 



今年の夏は本当に雨(豪雨)が多かったですね。
被害に遭われた地域の皆様には、心からお見舞いお申し上げます。

今回掲載するのは、豪雨の合間を縫って撮影してきた夏山の風景です。
実はこの日の午前中(移動中)は大雨で、昼過ぎに奇跡的に晴れてくれました。
冒頭の写真は、紫色の花が印象的なウツボグサです。


撮影したのは、滋賀県で一番高い山・伊吹山(標高1377 m)です。
岐阜県関ケ原から伊吹山ドライブウェイを使うと、9合目の山頂駐車場まで上ることができます。
麓の古戦場が気になりつつも、ドライブウェイで伊吹山へ!

伊吹山はオオタカの撮影地としても有名なところです。
二枚目の写真に写っている一番奥の辺りで、超望遠レンズを構えた人を数人見かけました。
場所は山頂駐車場に入る少し手前です。(この写真は山頂駐車場の入り口付近で撮影。)


こちらが伊吹山9合目から望む登山道と3合目です。
3合目(写真右側)も高山植物の宝庫で、以前、高原ホテルとロープウェイがあったところです。
写真右から左側へ、くねくねと続いているのが、上野登山口(メインルート)からの登山道です。

伊吹山の登山道というのは、実はこの他にもいくつかあります。
そのひとつ、上平寺登山口からのルートが、上野からのルートに5合目付近で合流します。
その上平寺(じょうへいじ)登山口にあるのが、私のずっと探していた「伊吹神社」のようです!

昨年春から、白洲正子さんの紀行文『近江山河抄』の舞台を撮影して歩いているのですが、
「伊吹神社」の場所だけがどうもはっきりしませんでした。
『伊吹町史』を調べたところ、地質だったか自然の項目にあったのが、上平寺の伊吹神社でした。
当地が修験道の道だという白洲さんの記述からしても、ここでほぼ間違いないと思います。
(※訂正します⇒詳細は伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

日本の場合、山岳信仰を介して、山と神社は結びついていることが多いですね。
登山口が神社というケースは結構あります。比良山系の葛川明王院(大津市)もそうでした。
寺社と自然を両方撮る人は少ないようですが、私にとっては自然な流れでした。

▼伊吹神社と上平寺ルートの参考に、リンクを張っておきます(ヤマレコへのリンク)。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=10999



脱線が長くなったので、伊吹山の写真に戻ります。
今回最大の発見は、スズムシソウを見たことでした。


伊吹山を訪ねたのは7月27日。写真のメタカラコウ(雌​宝​香)の黄色い花が満開でした。
ピンク色がきれいなシモツケソウには、今年は少し早かったようです。
後で、今年のシモツケソウの満開はお盆の頃だったと聞きました。


こちらはヤマホタルブクロ。沢山咲いていました。


雄大なパノラマ!西遊歩道から望む伊吹山山頂です。
駐車場からは西遊歩道経由で、山頂まで徒歩約40分です。


伊吹山頂には日本武尊像があります。
古事記・日本書紀によれば、日本武尊は伊吹の荒ぶる神と戦って、瀕死の重傷を負いました。
その傷を癒したのが「居醒(いさめ)の清水」(古事記)で、麓の各地に伝承が残っています。

「居醒の清水」伝承地の一つが、バイカモと清流で知られる米原市醒井(さめがい)です。
醒井へは伊​吹山の帰りに立ち寄ることのできる距離で、電車でも関ヶ原から3駅・15分です。
JR醒ヶ井駅前には水の駅(道の駅)があって、こちらもおすすめです。


東遊歩道にて、お花畑の散策です。下り専用の登山道になっています。
東遊歩道は足場が若干悪いことから、登山靴必須です。


東遊歩道にて。伊吹山頂から東遊歩道経由で駐車場まで徒歩約60分でした。

※今回の撮影機材:Nikon D7100+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
(すべて手持ち撮影。これが一眼レフでぎりぎりの重さかなという気はします。約1.2kg。)
(マクロレンズではなく、45cm迄しか寄れませんが、花にピントをあわせるのは可能です。)

※山で撮影するときのご参考に、「アウトドア登山ガイド」さんより、撮影用品を網羅したページです。
登山グッズガイド カメラ レンズ バッグ 三脚

※今回はニコンの「NIKON IMAGE SPACE」を使って、画像を貼り付けてみました。
ニコンの画像共有・保存サービスで、ユーザー登録すればどなたでも無料で使えます。
ベーシックアカウントでは2GB、スペシャルアカウント (ニコンユーザー)では20GB使えます。
今回は共有アルバムとしては作っていないのですが、ウェブ上の共有アルバムとしても使えます。
沢山撮った写真をメールで送るのが大変なとき、共有アルバムを作って知らせれば便利ですよ。
NIKON IMAGE SPACE

<関連記事>
伊吹山麓のセツブンソウと春の花、「峠のシシ垣」(滋賀県米原市大久保)~2014年3月の撮影日記から(2)

伊吹の荒ぶる神2(中山道・柏原宿から醒井宿を歩く~後編:柏原一里塚から醒井「居醒の清水」とバイカモの花)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(34)


 

続きを読む "伊吹山と夏の花~2014年夏の撮影日記から" »

2014年8月30日 (土)

【2014年8月豪雨】広島市:ボランティア活動に使用する車両の高速道路料金の無料措置について(「東日本大震災・避難情報&支援情報サイト」より転載)

 

当ブログ(Katata/堅田)では、2011年3月の東日本大震災の際、被災地の避難者名簿の情報を掲載しました。
その後、当ブログから独立させて運営しているサイトが「東日本大震災・避難情報&支援情報サイト」です。
このたびの広島市の土砂災害についても発信しており、当ブログでも転載することにしました。
最後に災害義援金などについてご紹介しています。皆さまのご参考になれば幸いです。
ページ制作者:兼松(J.Kanematsu)

(転載ここから)

 


8月19―20日に起きた広島市の土砂災害に伴う災害救助ボランティアとして高速道路を使用する車両につき、高速道路料金の無料措置が講じられました。広島市災害ボランティア本部が発行する「ボランティア活動受入れ予定証明書(様式3)」の事前申請が必要です。

◆期間:2014年9月23日(火)まで
◆対象:ボランティア活動に従事される方で、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両
◆被災地へ入る際のIC:原則として「広島IC」か「広島北IC」限定

※広島市災害ボランティア本部が発行する「ボランティア活動受入れ予定証明書(様式3)」の事前申請が必要です。「証明書の発行には、余裕を持った申請をお願いします。」とのことです。
◆問い合わせ先:社会福祉法人広島市社会福祉協議会 広島市災害ボランティア本部(TEL:082-544-3399)

※「ボランティア活動受入れ予定証明書(様式3)」を受領後に、各区役所地域起こし推進課(安佐南区、安佐北区除く。)、各消防署警防課、消防局危機管理部防災課に申請して下さい。(受付時間は平日8時30分~17時15分。)安佐南区役所・安佐北区役所では申請を受け付けていませんので、ご注意下さい。

▼必要書類・申請方法等は広島市ホームページをご覧下さい。
平成26年8月19日からの大雨による土砂災害に伴い、ボランティア活動に使用する車両の高速道路料金の無料措置について

(8/29追記)安佐南区内の避難所の連絡先(問い合わせ用電話番号)が発表されています。
安佐南区内の避難所の連絡先電話番号について

(8/30追記)支援ボランティア活動に関する専用ホームページが8月28日に開設されました。
http://hiroshimavc.jp/(広島市災害ボランティア本部)

(9/4追記)県外ボランティア(団体)受け入れ開始が発表されました。
県外ボランティアの参加条件として「10人以上の団体」に限定、「マイクロバス(28人以下)での参加」となっていますのでご注意下さい。
◆詳細⇒http://hiroshimavc.jp/archives/1108
◆お問い合わせ先:広島市災害ボランティア本部(専用ダイヤル:080-2931-1742)

-
東日本大震災・避難情報&支援情報サイト「【2014年8月豪雨】広島市:ボランティア活動に使用する車両の高速道路料金の無料措置について」(2014/8/28)

 

(転載ここまで)

下記のリンク先ページでは、広島土砂災害(平成26年8月豪雨)に関する情報を掲載しています。

▼【2014年8月豪雨】広島市の避難所、被害状況、保護したペットの情報、災害ボランティアセンターの設置について
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/404113512.html
避難所、被害状況(避難状況含む)、ペット(相談窓口)、災害ボランティアセンター、災害義援金、救援物資、安否確認、行方不明者名簿(リンク)を掲載しています。


 

 

 

続きを読む "【2014年8月豪雨】広島市:ボランティア活動に使用する車両の高速道路料金の無料措置について(「東日本大震災・避難情報&支援情報サイト」より転載)" »

2014年8月23日 (土)

新聞コラムが当ブログの文章を「引用」したのでは?と指摘されている件について~新聞社に申し入れを行いました

 




掲載するか迷いましたが、標題の件につき、ご報告させていただきます。

7月14日(月)付の、ある新聞の朝刊に、堅田の歴史に関するコラムが掲載されました。
ところが、冒頭の箇所(祭事「献撰供御人行列」の解説)が、当ブログの文章によく似ていました。
同じ単語や言い回しがちりばめるように使われていたので、すぐに新聞社に問い合わせました。

当該新聞コラムは署名記事で、執筆していたのは文化財専門職の公務員の方でした。
そのためもあってか、新聞社からは明確な返答が得られませんでした。

著作権専門の弁護士さんに連絡をとって相談したところ、文書で申し入れをすることになりました。

***


献撰供御人行列
については、地元の方に声をかけていただき、2009年から撮影してきました。
資料が殆どなかったため、地元の方や主催者の方に伺った話を書いてきました。
撮影した写真につける文章を、つたないながら苦心して考え、何度も書き直しています。

冒頭に掲載したYouTubeには、撮影初期に書いた解説文(若干長いバージョン)が載っています。
新聞コラムの冒頭箇所にも、同じ単語や言い回しがちりばめるように使われてありました。
(※YouTubeに掲載している文章は、画面右上のiボタンをクリックすると表示されます。)

「葵祭の前日」に本堅田から「京都の下鴨神社」へ鮒と鮒寿司を奉納する祭事、と書いたのは、
現在は葵祭の前儀となっているこの祭事を、全国の皆様にわかりやすく伝えるためには
どうしたらいいかと考えた末の表現でした。

当方としては、この数年、主に地元(滋賀県内)の寺社や祭事を巡って、
撮影しながら地元の方に話を伺ったり、歴史を掘り起こす活動に力を入れてきました。

祭事で撮影した写真を製本して、ブログの文章を添えて、記録としてお渡しすることもあります。
今回のようなことがあると、地元の方や撮影先の方との信頼問題につながりかねません。
(写真につけた文章が、新聞のパクリであると思われても・・・困ります。)

憂慮するのは、今後当該コラムが新聞社から出版されるような場合にまた同じ問題が起こることです。
作品(および活動)を守るために、私一人でも声をあげざるをえませんでした。

***

8月5日(火)に特定記録郵便で文書を送付し、個人で新聞社と執筆者に申し入れを行いました。
今後、当ブログを引用する場合は、引用部分と出典を明記していただくよう、お願いします。
判断に迷う場合は、管理人(兼松)までご連絡下さい。

また、当ブログにも誤記はありますので、祭事を活字にする場合は必ず主催者様にご確認ください。
堅田に歴史資料館があるのは、専門家の方ならなおさら、少し調べればお分かりになると思います。
同じ間違い(
)をそのまま新聞に載せられても・・・当初の憤りを通り越して悲しいです。

正直に申し上げて、突然の出来事に困惑しているのが今の気持ちです。
事態の長期化は望んでいません。それゆえ新聞社と執筆者の方に一筆入れさせて頂いた次第です。

今回の件で参考にさせていただいたサイトの中に、こんな言葉が書いてありました。
問題なのは、他人の著作物(の一部)を自分のオリジナルであるかのごとく掲載することです。
(「睡眠障害・夜泣きなどに関すること」のサイト運営者・中谷さんのコラム「著作権について」より)

似たような経験をされた方の今後の参考になればと、最後に相談窓口等の情報を掲載しています。
ものを作る人や書く人が、こんな思いをすることがないよう、願ってやみません。

 



(2015/1/10追記)
類似箇所の具体的な指摘を行ったため、しばらくブログの現状(表現)を変更できませんでした。
2015年を迎えたのを機に、ブログ、YouTube(解説)とも該当箇所を訂正させていただきました。


訂正箇所(
)は献饌供御人行列の開始年度です。

× 1994年から献饌供御人行列が行われている。

○ 1990年から献饌供御人行列が行われている。
(堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年以降続けられている。)

訂正を行った記事は以下のとおりです。
(1)2009/5/20  臨時増刊号・献饌供御人行列の動画(2009年5月14日(木)撮影)
(2)2010/4/17  献饌供御人行列(01) 神事の日の朝、神田神社 ~Honkatata/本堅田 253
(3)2010/4/30  献饌供御人行列(14) カモアオイ(双葉葵、賀茂葵)の御神紋を掲げて ~Honkatata/本堅田 282-283
(4)2013/5/17   【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真】 滋賀・堅田町内巡行編(2013年5月14日撮影) #shiga #otsu #japan #photo
(5)2014/5/22   【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真】 滋賀・堅田町内巡行編(2014/5/14) #katata #shiga #japan #festival #photo
(6)2014/5/24   【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真】 京都・下鴨神社巡行編(2014/5/14) #kyoto #japan #festival #photo
(7)YouTube(動画の解説文):献撰供御人行列 2009年5月14日(木)

(追記ここまで)

***

 

<参考リスト>

1. 引用について(分かりやすい解説)

著作権について(「睡眠障害・夜泣きなどに関すること」)

インターネット著作権問題 引用と無断転載・盗作(剽窃)の違い(「心理学総合案内こころの散歩道」 )

著作物が自由に使える場合は?(公益社団法人著作権情報センター)
↑「Q. 他人の著作物を引用するときの注意点を教えてください。また、出所の明示はどのようにすればよいのですか?」というQ&Aがあります。

2. ブログ記事を新聞に「引用」されたケース
(経緯や対応の仕方が冷静に書かれていて参考になりました)

ブログ「劇場文化のフィールドワーク」さんより
本ブログの“引用”について2(報告)(2014年7月8日)
本ブログの“引用”について(2014年6月4日)

3. 相談窓口
Arts and Law
「作家やクリエイター、企画者などのアートマネジメントの現場を対象に、弁護士を中心とした専門家による法的支援のプロボノ=ボランティア活動です。」(Arts and Lawホームページより)

4. 【ご参考に】ネットに転載された場合の対処法

◆写真家縄田賴信さんの公式ブログ「北海道に恋して」より
プロバイダー責任制限法に基づく発信者情報開示請求・書式
サイト掲載写真を無断使用された場合の対処法!

◆Googleに著作権侵害申立てをする方法(「パシのSEOブログ」さんより)
記事の7割をコピーしたページに対しGoogleに著作権侵害申立てしたらインデックス削除してくれた

◆ブログ運営会社の通報窓口など(neco_love_proさんのまとめ)
無断転載・ブログが盗作された時の対処法・通報窓口一覧

 

5. ネットに転載された場合の対処法その2(2015年8月25日追記)

残念な事にその後、写真家で写真盗用の被害に遭った方の経験談が相次ぎました。対処法や訴訟(本人訴訟)の経験談など、皆様のご参考になればとご紹介させていただきます。

◆studio9代表・中原さんのブログ「studio9」より(2015年5月19日記事)
私は怒ってる!ヒドい写真盗用に遭ったので経緯と対策をまとめてみた!

◆先輩写真家・有賀さんのブログ「旅するフォトグラファー 有賀正博」より(2015年8月21日・8月14日記事)
写真を盗用されたら削除を要請する。盗用した本人か、Googleさんに。
写真のパクリはgoogle画像検索で簡単に見つけ出せるぞ

※有賀さんは現在、写真の無断転載の件で、企業相手に本人訴訟(弁護士・司法書士なしで1人で訴訟)をされています。


 

 

 

 

続きを読む "新聞コラムが当ブログの文章を「引用」したのでは?と指摘されている件について~新聞社に申し入れを行いました" »

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ