« 奈良公園の鹿寄せ(大雪の後に撮影)~2014年2月の撮影日記から(5) | トップページ | 伊吹の荒ぶる神4(琵琶湖岸の神話の町~朝妻湊跡と湖底遺跡、世継の七夕伝説、山内一豊の母・法秀院ゆかりの地、元伊勢・坂田神明宮(滋賀県米原市朝妻筑摩・世継・飯・宇賀野))~近江山河抄の舞台を歩く(62) »

2014年3月 2日 (日)

奈良・東大寺にて、修二会前日、11人の僧侶(練行衆)が二月堂参籠宿所に入るところ~2014年2月の撮影日記から(6)

昨年(2013年)、「近江山河抄の舞台を歩く」の中で、奈良とのつながりをご紹介した。(※)
そのご縁で現在、奈良を撮っている。

東大寺といえば、二月堂での修二会(いわゆるお水取り)が3月1日から始まった。
それに先だって、2月20日より「別火」と呼ばれる前行の期間があった。
練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が、泊まり込みで行(ぎょう)を行うのだ。
古来より、天下泰安、風雨順時、五穀豊穣、万民快楽など、人々の幸福を願う行である。

*別火について⇒東大寺ホームページ



そして、2月28日の午後。
前行を終えた練行衆が、東大寺戒壇院の庫裡(別火坊)から
二月堂参籠宿所(さんろうしゅくしょ)に移動する。その一場面を撮影させていただいた。


(※)近江(滋賀)と奈良のつながりについて
聖武天皇が発願した大仏は、近江の紫香楽宮(甲賀市信楽町)で造り始められた。
信楽の山続きには、奈良の鬼門に建てられた寺がある(栗東市の金勝寺)。
東大寺初代別当となった良弁は、金勝寺を開いた僧侶。近江出身と言われている。
奈良に都が移ったことで、大仏と国家鎮護の寺は、東大寺で実現された。
金勝(大野神社界隈)には、興福寺や藤原氏との繋がりを伺わせる社寺が残る。


« 奈良公園の鹿寄せ(大雪の後に撮影)~2014年2月の撮影日記から(5) | トップページ | 伊吹の荒ぶる神4(琵琶湖岸の神話の町~朝妻湊跡と湖底遺跡、世継の七夕伝説、山内一豊の母・法秀院ゆかりの地、元伊勢・坂田神明宮(滋賀県米原市朝妻筑摩・世継・飯・宇賀野))~近江山河抄の舞台を歩く(62) »

奈良/Nara,Japan」カテゴリの記事

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ