« 鈴鹿の流れ星7(滋賀県東近江市:紅葉の永源寺を訪ねる)~近江山河抄の舞台を歩く(51) | トップページ | 近江路2(東近江のかくれ里:紅葉の瓦屋寺と太郎坊宮)~近江山河抄の舞台を歩く(53) »

2013年11月29日 (金)

鈴鹿の流れ星8(紅葉の湖東三山 -百済寺、金剛輪寺、西明寺- を訪ねる)~近江山河抄の舞台を歩く(52)

庭園の池に写る秋
滋賀県東近江市にある百済寺(ひゃくさいじ)にて、庭園の池に写る秋。

紅葉と百済寺

小椋谷の入口の永源寺から、北へ向って行くと、百済寺、金剛輪寺、西明寺が、ほぼ同じ間隔に並んでいる。「湖東三山」とも呼ばれ、近江では指折りの古い寺院である。

百済寺は、百済の僧のために、聖徳太子が建立したと伝えるが、蒲生野に住んでいた帰化人の援助によるのであろう。-白洲正子『近江山河抄』「鈴鹿の流れ星」

百済寺・喜見院の庭園
百済寺・喜見院の庭園。天下遠望の名園とも呼ばれ、蒲生野、遠くは比良を一望できる。
写真中央のやや右に、こぶのように見えるのが、太郎坊宮(次回掲載予定)。

百済寺本堂
百済寺参道
石畳の長い参道を登っていくと、空中楼閣のように百済寺の本堂が見えてくる。
かつて百済寺は「湖東の小叡山」と呼ばれたほどの壮大な寺院だった。
しかし、明応7年(1498)の火災、文亀3年(1503)の兵火で全焼。
天正元年(1573)には織田信長の焼き討ちに遭い、またも全焼している。

中世に当地を支配した佐々木六角氏は、百済寺の近くに支城の鯰江城を築いていた。
信長と敵対する六角氏に味方したため、百済寺は焼き討ちに遭ったという。
その後、春日局などの喜捨を得て、慶安3年(1650年)に本堂・仁王門・山門等を再興。
境内は国の史跡に指定されている。

百済寺城跡の石垣
寺の境内には、百済寺城跡の石垣が残っている。
小石を積み上げた石垣のため、信長も安土への「石曳」をせず、破壊されずに残ったという。

釈迦山百済寺:滋賀県東近江市百済寺町323
http://www.hyakusaiji.or.jp/


金剛輪寺の千体地蔵
金剛輪寺は、聖武天皇の勅願によって、天平13年(741)に行基が開基したと伝わる。
参道の両脇に沿って、風車をお供えした千体地蔵が並び、強く印象に残る。


金剛輪寺の参道
金剛輪寺の参道はかなり長い。上り坂が続くため、参拝者はゆっくりと上がっていく。

金剛輪寺本堂と紅葉
参道を登りきると視界は一変する。鎌倉時代の本堂と三重塔が現われ、疲れも吹き飛ぶ。
この寺も信長の焼き討ちに遭っているが、僧侶の機知で本堂等は焼失を免れたという。

金剛輪寺の紅葉
金剛輪寺の紅葉は「血染めのもみじ」と呼ばれる鮮やかさ・華やかさが特徴だ。

金剛輪寺は天平十三年、行基が創立した寺で、長い石畳の参道を行くと、石段の上に大きな本堂が現われる。鎌倉時代の建築で、広々とした境内は気持がよく、紅葉の頃は特に美しい。-白洲正子『近江山河抄』「鈴鹿の流れ星」

金剛輪寺宝塔
金剛輪寺宝塔。本堂脇の鐘楼の奥にある階段を登ると、宝塔が一つ、ひっそりと建つ。
現高260cm。上部が欠けており、完全であれば十一尺塔になるという。

なお、金剛輪寺のある場所は、平成の市町村合併の前は「秦荘町」と呼ばれていた。
1955年(昭和30年)4月1日以前は「秦川村」と呼ばれていたことから、この地は渡来人の秦氏と 何らかの関係があるとみられている。今でも金剛輪寺の後ろの山を秦川山(松尾寺山)という。

金剛輪寺:滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺874
http://kongourinji.jp/


西明寺の不断桜
西明寺の不断桜。春秋冬に開花するという桜で、天然記念物になっている。
高山性の桜で、彼岸桜系統の冬桜に属するという。

西明寺の二天門
西明寺の二天門。紅葉が鮮やかで、個人的に一番好きな場所だ。
西明寺は、承和元年(834)に仁明天皇の勅願によって三修上人が創建したと伝わる。
三修上人は、修験道の霊山である伊吹山を開山したといわれる伝説の行者である。
西明寺もまた信長の焼き討ちに遭っているが、僧侶の機知で焼失を免れている。

西明寺の三重塔

この寺は、平安初期に、伊吹山を開いた三修上人が、池の中に光明が輝くのを見て、「池寺」と名づけたのにはじまるという。・・・中でも美しいのは、三重塔の中にある鎌倉時代の壁画で、天井から柱の隅々まで、極彩色の菩薩像で埋まっている。
-白洲正子『近江山河抄』「鈴鹿の流れ星」

西明寺の参道

おそらく三重塔の壁画は、池寺の池に出現した光明を映したもので、山と水と、天と地と、互いに呼応することにより、この世の浄土を表現しようとしたに違いない。・・・あざやかな五彩からほとばしる光が、無数の円を描くうち一つになって、中央に鎮座する大日如来に吸収されて行く。

忍者や木地師の底辺から、大日如来の浄土に及ぶまで、鈴鹿の山中には何と多くのものがかくされていることか。・・・そういうものを生むに至った歴史について考える時、私は目くるめく思いがする。-白洲正子『近江山河抄』「鈴鹿の流れ星」


撮影日:2013年11月19日(湖東三山-百済寺、金剛輪寺、西明寺-)

西明寺:滋賀県犬上郡甲良町大字池寺26
http://www.saimyouji.com/index.html

次回:近江路2(東近江のかくれ里:紅葉の太郎坊宮と瓦屋寺)の予定です。


大きな地図で見る


« 鈴鹿の流れ星7(滋賀県東近江市:紅葉の永源寺を訪ねる)~近江山河抄の舞台を歩く(51) | トップページ | 近江路2(東近江のかくれ里:紅葉の瓦屋寺と太郎坊宮)~近江山河抄の舞台を歩く(53) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ