« 逢坂越3(長安寺の牛塔と関寺小町/埋もれ百体地蔵) ~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(3) | トップページ | 逢坂越5(大関越で出会った仏様(後編)) ~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(5) »

2013年3月25日 (月)

逢坂越4(大関越で出会った仏様(前編)) ~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(4)

 


逢坂越(大関越)で出会った石仏24


京都から滋賀へ抜ける逢坂越(大関越)で、思いがけずたくさんの石仏に出会った。

逢坂越(大関越)で出会った石仏35


山道の脇に石仏が点々と置かれていて、散策を兼ねてお参りできるようになっている。
昭和になってから、近所の人が寄進して作られたものらしい。

逢坂越(大関越)で出会った石仏01


仏様のお顔といい、数といい、素晴らしかったので、2回に分けてご紹介します。

逢坂越(大関越)で出会った石仏02


逢坂越(大関越)で出会った石仏03


逢坂越(大関越)で出会った石仏04


逢坂越(大関越)で出会った石仏05


逢坂越(大関越)で出会った石仏06


逢坂越(大関越)で出会った石仏07


逢坂越(大関越)で出会った石仏08


逢坂越(大関越)で出会った石仏09


逢坂越(大関越)で出会った石仏10


↑この写真のように、お顔の分からない状態の仏様も数体あった。

逢坂越(大関越)で出会った石仏11


逢坂越(大関越)で出会った石仏12


道の先には、また次の石仏があって、どこまでも道が続いている。

静まり返った山中でこれだけの数の仏様に会うと、人は敬虔な気持ちになる。
(特に何か信仰している宗教があるわけではないけれど、そう感じるには十分だった。)

歩くことと信仰は、どこかでつながっているのかもしれない。

逢坂越(大関越)で出会った石仏13


逢坂越(大関越)で出会った石仏14


逢坂越(大関越)で出会った石仏15


逢坂越(大関越)で出会った石仏16


逢坂越(大関越)で出会った石仏17


逢坂越5(大関越で出会った仏様(後編))へ続きます。


周辺地図はこちら


View Larger Map


« 逢坂越3(長安寺の牛塔と関寺小町/埋もれ百体地蔵) ~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(3) | トップページ | 逢坂越5(大関越で出会った仏様(後編)) ~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(5) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ