« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

【滋賀県】国際シンポジウム「世界と琵琶湖ハートウェア」開催のお知らせ(参加無料・同時通訳有り/基調講演:嘉田由紀子滋賀県知事)International Symposium -Lake Biwa and the World Heartware

 

Sympo1

 


琵琶湖に関する国際会議のチラシをいただいたので、ご紹介します。
参加無料・同時通訳有り。
琵琶湖の研究者でもある、嘉田由紀子滋賀県知事が基調講演されます!

主催者の滋賀大学さま以外に告知が出ていなかったので、
私のほうで勝手に文字起こし&アバウトな英訳をしました。(文責:J.Kanematsu)


世界と琵琶湖ハートウェア(心・文化・記憶)

滋賀大学環境総合研究センター第4回国際シンポジウム
(財)国際湖沼環境委員会共催

開催日 2013年3月10日(日)
場所 コラボしが21大会議室
(滋賀県大津市打出浜2番1号)
(最寄駅:JR 膳所/大津)
http://www.collaboshiga21.jp/
参加無料・同時通訳有り

午前の部:事例発表(10:30~12:30)
「ハートウエアがアジアの湖沼・河川流域管理を変える」

<発言要旨>
フィリピン:首都圏大湖沼ラグナ湖と秘境古代湖ラナオ湖:利害の対立を克服するために
パキスタン:山岳湿地湖沼群における人々の生存と生活をどう支援するべきか
マレーシア:急速な国土開発と経済発展でひっ迫する水資源問題に多民族国家はどう取り組むのか
インド:生態系崩壊の危機に瀕したアジア最大の潟湖はどのようにして復活したのか
インドネシア:湖沼大国の多様な湖沼環境問題に不可欠な流域ガバナンスの向上の取組とは

午後の部(1):基調講演

13:30~13:40 挨拶:滋賀大学学長「本国際シンポジウムの意義」
13:40~14:20 基調講演:嘉田由紀子滋賀県知事「琵琶湖の経験:近い水・遠い水と統合的湖沼流域管理(ILBM)」

午後の部(2):アジアと琵琶湖からのパネリストによる討論

14:30~16:30 「湖沼流域管理におけるハートウェア・アプローチ」

申込み
FAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。
当日参加も可能ですが、同時通訳ヘッドセットの準備の都合上、事前登録頂ければ幸いです。

申込み・お問い合わせ
滋賀大学環境総合研究センター 中村研究室
TEL:077-537-7994/FAX:077-537-7994
E-mail: ki-takemoto@biwako.shiga-u.ac.jp
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/cgi-bin/topics/contents.cgi?no=162
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/


 


International Symposium -Lake Biwa and the World Heartware(heart, culture and mind)

4th International Symposium sponsored by the Research Center for Sustainability and Environment (RCSE),Shiga University
Co-organizers:International Lake Environment Committee Foundation (ILEC)

Date: March 10, 2013 (Sun)
Location: Collabo Shiga 21(Large Conference Room )
(Uchidehama 2-1,Otsu city,Shiga prefecture)
Nearest station: JR Otsu / Zeze
※access→Google Translate
Join free• With simultaneous interpretation

The morning: Case Study Presentation (10:30 to 12:30)
"Heartware( Heart basin management) changes the lakes and rivers of Asia"

Summary remarks:
Philippines: Lake Lanao (large lake in the metropolitan area),and Lake Laguna (unexplored ancient lake):In order to overcome the conflicts of interest.
Pakistan: How should we support the survival and life of the people living around lakes and wetlands of high mountains?
Malaysia: How to tackle water resource issues as the multi-ethnic state.
India: How did the revival of Asia's largest lagoon.
Indonesia: Efforts to improve the management of rivers and lakes.

Afternoon (1) Keynote Address:
13:30 to 13:40  Shiga University President: Greetings"The significance of this international symposium"
13:40 to 14:20  Shiga Governor Yukiko Kada Keynote: "Experiences of Lake Biwa: an integrated lake basin management and water close to distant water (ILBM)"

Afternoon (2): Discussion with panelists from Asia and Lake Biwa
14:30 to 16:30  Heartware approaches in lake basin management

Sign up:
Please apply by E-mail or FAX.
In preparation for simultaneous interpretation headset, please sign up in advance as much as possible. You can also enter on the day.

Application & Contact
Nakamura laboratory of RCSE,Shiga University
TEL:077-537-7994/FAX:077-537-7994
E-mail: ki-takemoto@biwako.shiga-u.ac.jp
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/cgi-bin/topics/contents.cgi?no=162
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/


 

 

Sympo2


続きを読む "【滋賀県】国際シンポジウム「世界と琵琶湖ハートウェア」開催のお知らせ(参加無料・同時通訳有り/基調講演:嘉田由紀子滋賀県知事)International Symposium -Lake Biwa and the World Heartware" »

2013年2月22日 (金)

写真動画【葵祭 社頭の儀 2012】Aoi festival"Syato-no-gi",Kyoto,Japan

 


もうすぐ雛祭りなので、今回は京都から、平安装束の世界をお届けします。
2012年に撮影した葵祭の写真をつなげて、動画にしてみました。

葵祭といえば、行列が都大路を歩く「路頭の儀」がおなじみですが、
「社頭の儀」は、下鴨神社で関係者だけで行われる神事です。

◇斎王代(ヒロイン)を始めとする、きらびやかな女人列。
◇伝統の祭儀「社頭の儀」。
◇舞殿のまわりを馬が三周する「牽馬の儀」。
◇六人の舞人が舞殿に昇り、駿河舞と求子舞(もとめごまい)を舞う「東游(あずまあそび)」。

行列に使われた風流傘(ふりゅうがさ)が楼門の外に並べられて、とても美しかったです。

社頭の儀を撮影させていただいて、平安絵巻のような美しさと、世界遺産・下鴨神社の荘厳さ、
そして随所に見られるお辞儀の美しさが、深く印象に残りました。

映像の最後の部分には、京都らしい風情を感じさせる写真を入れました。どうぞ御覧下さい。





※当ブログの舞台である堅田は、平安時代に下鴨神社の御厨(みくりや)となった歴史を持ちます。
葵祭前日には、毎年、堅田から下鴨神社に琵琶湖の鮒を奉納しています。
葵祭前儀「献饌供御人行列」。毎年5月14日に実施)

※社頭の儀を写真で御覧いただけます(2012年5月のバックナンバー)/My Photo of Aoi Festival

http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012516-katata-.html


続きを読む "写真動画【葵祭 社頭の儀 2012】Aoi festival"Syato-no-gi",Kyoto,Japan" »

2013年2月19日 (火)

写真動画ページを公開しました Jun Kanematsu Photo Works

 


先月公開したホームページに、写真動画ページを追加しました。

「写真動画・里山~湖西地方の里山の風景」、
「献饌供御人行列 2009年5月14日(木)」のほか、
「堅田の風景カレンダー2012」、「韓国世界遺産2012」を収録しています。

http://www.junphotoworks.com/photomovie/index.html

※近日中に、写真動画の「葵祭・社頭の儀」を追加(公開)予定です。

葵祭の写真を見ていると、なんだか雛祭りを思い出して、
このブログのレイアウトも、期間限定で雛祭り風にしてみました^^


 

続きを読む "写真動画ページを公開しました Jun Kanematsu Photo Works" »

2013年2月12日 (火)

安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その3)

 


このテーマの最終回です。

前々回(その1)→住所・名前・メールアドレス
前回(その2)→いざというとき

 

 

◇普段から

 


不安をできる限り軽減するためには、自分がコントロールできることに意識を向けるのが大事です。
行動の指針としては、手段を複数もつこと、プライベートと体外的な場面を分けて考えること。
それに尽きるのではないかと思っています。


<対策>

 

◆プライベートと仕事・対外用のアドレスを使い分ける(プロバイダーも別にすると理想的)


よく紹介される例を挙げます。
・通信販売を利用するときは、フリーメール(Gmail,yahooメールなど)を使う。
・仕事、社会活動、プライベートと場面に応じて、メールアドレスを使い分ける。

メールアドレスの流出やスパムメール、ウイルスに出くわしても、被害を最小に食い止められます。
使い分けには、公私をきちんと区別できるメリットもあります。

 

 

 

◆もうひとつのメールアドレスとして、Gmailや、さくらのメールボックスを使う方法もある


Gmailは、Googleが提供しているフリーメールです(無料)。
Gmailの利点は、その1で書いたように、スパム対策に優れていること。
もう一点挙げるとすれば、登録時に他のメールアドレスを要求されないことです。
たとえばyahooメールは登録時に他のメールアドレスを持っていないと登録できませんが、
Gmailでは、そのようなことがありません(2013年2月現在)。

フリーメールではないメールアドレスがもうひとつほしい場合は、
現在使っているプロバイダーで別のアドレスを取得するという方法の他に、
さくらのメールボックスを利用するという方法もあります。

これはさくらインターネットが提供しているWebメールで、1Gの容量を一年1000円で使えます。(※)
独自ドメイン・複数ドメインに対応していて、好きな数だけメールアドレスを作れます。
ただしWebメールなので、通信環境(ネットに接続する方法)は自分で確保する必要があります。

なお、メールアドレスが複数になったら、メールを転送して一箇所で見るようにすると便利です。

※(2013年2月19日追記)さくらのメールボックスは、容量が5Gになりました。
(14日、さくらインターネット発表。)

 

 

 

◆自分なりのルールを決めておく(友達申請を受けるのは実際に会った人だけにする等)


いろんな考え方があると思うので深く書きませんが、特にSNSではこれで悩む人も多いようです。
私が聞いた中には、メールを見る時間は午前11時と午後5時に限定している方もいました。

一週間の中でネットに触れない日を作るのも有効です。(あえて情報を遮断することも必要。)
時間の使い方にも影響してくるので、自分にとって一番いい方法を模索してみてください。

 

 

 

◆相談相手を持つ


不特定多数の人からメールを受け取って返信している人ほど、対処する知恵をもっています。
たとえばお父さんが娘さんに伝えていける知恵は、こういう場面で発揮されると思います。
周囲の人にちょっと相談してみる。yahoo知恵袋などの相談サイトを見てみるのも、大きな力になります。

 

 

 

◆(特に女性の方向け)女性の先輩のHPやブログを参考にする


世の中に出ている情報は、男性からの発信だったり、商業的な色彩の発信が多いのも事実です。

おかしなメールが来ても、(表立っては)冗談にしたり、闘志を燃やせるのは男性ならでは。
(このような場合、男性が女性に、「男性の友人と同じ感覚で」話をするのは、控えるようお勧めします。
彼女を怖がらせる可能性のほうが大きいので、感じ方の違いを尊重することが必要です。)

思いを飲み込んで女性の側から発信が萎縮してしまうのも、本当にもったいない話だと思います。
そこで今回、主に女性や初心者の方を想定して、こんな記事を書いてみました。

女性の先駆者の方のHPやブログを見て、「楽しそうだな」「美人だな」で終わらせるのではなく、
こんなところを参考にしたらいいのではないかと私は思っています。

・メールフォーム→どの会社のメールフォームかに加え、レイアウト、色使い、添えてある言葉など
(簡潔で丁寧な文章の好例です)

・ブログやFacebookのコメント欄→受け答えだけでなく、微妙な場合のスルーの仕方など

・プロフィール写真→写真の大きさ、うつむき方、逆に顔だけのアップにしてしまうなどの方法。
女性同士の場合、特に参考になります。


プロフィール写真の場合、その1で書いたように、画像検索から外すのも方法のひとつです。

 

 

 

◆ネットだけ、1つのサイトだけ、1つのSNSだけに頼らない


ネットでの情報発信は、ものすごい力と可能性を秘めています。
一方でネットはひとつの手段でしかないことも、きちんと意識しておく必要があります。
そのバランスが大切なんじゃないかと、最近思うようになりました。

悲しいことに、ネットは他人に対する暴力として使われることがあります。
だけど、道具は使う人次第で周りを幸せにすることもできます。

発信する内容や、発信者の好み・個性によって、使う媒体や使い分けの必要も出てきます。
(「ツイッターは苦手だけどブログは好き」みたいに。私はそれはそれでいいと思っています。)

試行錯誤したり、ほかの人の知恵を借りたり、時には休んだりしながら、自分のペースで発信していく。
それが一番大切なのかなと思っています。(2013年2月)


 

続きを読む "安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その3)" »

安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その2)

 


前回は、住所・名前・メールアドレスに項目立てをして、
安心して情報発信を行うための知恵を書きました。

今回は、いざというときの判断に役立つ知恵をご紹介します。

 

 

◇いざというとき

 


実は本当に悩むのは、どこまで対処すればいいか判断がつかないときです。
そこで今回は、グレーゾーンへの対応に絞って書いてみました。


<対策>

 

◆不審な電話番号やコメントは、まずはそのままネットで検索してみる


ブログへの迷惑投稿の例(検索結果を表示しています)

上記のケースは私も実際に経験したもので、かなりのブロガーが困惑したケースです。
実在するサイトとブランド名が書いてあって、多いときは週に21通。外国のサーバー経由でした。
同じ投稿者がこんなコメントを残したので、愉快犯の要素も否定できません。
不特定多数に営業で送られているらしいケースが、結構あります。

また、ネットショップを開店してすぐなどに、知らない番号が携帯の履歴に残っていたときは、
念のため、電話番号をネットで検索してみることをお勧めします。

私はカレンダー作品を販売したとき、すぐに知らない番号から携帯にかかってきた経験があります。
留守電にメッセージが残っていなかったので、気になって調べたところ、九州の広告代理店でした。
他の人にも同じ様な営業をしているようだったので、特に掛け直すことはしませんでした。

ネットショップや個人事務所の方は、特に開業直後、同じ様な経験をされることが多いようです。
特定商取引法の表示は、消費者保護という本来の目的を離れて広告に利用されているのが実態です。
お断りしますと一言書いておくだけでも違うので、いろんな方の表示を参考にしてみて下さい。


 

 

◆SNSでおかしなメッセージが届いたときは運営事務局に報告する

女性は相手に気を使う方が多いのですが、おかしいと思ったときは遠慮せずに報告して下さい。
事務局がきちんとブロックしてくれます。送った人はアカウントを停止されることも多いようです。


 

 

◆忍者バリアーでかわす

http://www.ninja.co.jp/barrier/
スパムに悩んでいる方は一度使ってみて下さい。結構効きます。
リンクまでブロックできること、操作と設置が簡単で無料で使えることが利点です。
(ただし、伝家の宝刀を抜くようなものなので、このブログでは使っていません。)

忍者バリアーを使う一番の効果は、きちんと意思表示をすることができる点でしょう。
大概の場合それで十分で、毅然とした意思表示が一番効くからです。

 

 

 

◇きちんと申し入れること(意思表示をすること)も、時と場合によっては必要

 


というわけで、忍者バリアーで書いたことと重なりますが、大事なことです。
著作権を侵害されたと感じたとき、行き違いや誤解があったとき、何度も連絡が来るなどなど。
自分の考えや感じたことを、きちんと申し入れることが必要になってきます。

あとは感情的にならないこと、そして深追いしないことが一番だと思います。
特にメールは相手の反応が見えないので、悪く取らないことも大切です。
そして、勇気を出して対処した自分をいたわることを忘れずに。


 

>>次回(このテーマの最終回)に続きます。(◇普段からの対策etc)


続きを読む "安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その2)" »

2013年2月 9日 (土)

安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その1)

 

最近、自分の写真作品を集めたホームページを公開したところ、
東日本大震災に関する情報支援サイトも運営していることを御存知のせいか、
ネットで情報発信することについての不安や悩みについて、
特に女性の方と、話をする機会がありました。

おそらく、不安はこのあたりに集約されるのではないかと思います。

 

1.発信者の安全・プライバシー(精神衛生面を含む)
2.技術的なもの(わからない、難しそう)
3.著作権がらみ

 

 

 

情報発信したいけれど、聞こえてくるのはなんだか怖い話が多いし、
それで躊躇している方も多いのでは、と思います。

今回は、安心して情報発信を行なうためにも、
発信者の安全・プライバシー(精神衛生面にも配慮した)の観点から、
私自身の経験を踏まえて、ちょっとした知恵を書いてみました。

※主に女性の方や初心者の方
が、個人で発信する場合を想定しています。
※プライベートから社会活動に至るまで、様々な場面を想定しています。
※セキュリィテイ(ウイルス対策)については、専門ではないので触れません。

 

 

 

◇自宅の住所・名前

 

一般論としては、住所は都道府県(あるいは市町村)でとどめておき、
必要な人には後から知らせるのが一番だと思います。

仕事の場合は職種や形態にもよると思いますが、住所は市町村でとめておくか、
表示していないことも多いようです。(個人事務所やフリーランスなど。)

名前は通称名(雅号・ペンネーム)を使うのもひとつの手段だと思います。
(本名が必要なのは、税金の申告と契約書面を書くときくらいなので。)
ただし、仕事や活動の性質上、本名や住所を出す必要が出てきますよね。
ネットで販売を行なうときは、特定商取引法により販売業者・販売責任者の表示が必要です。


(2013/2/20追記) 通称名を検討されている方向けのまじめな情報です。ご参考までに。

 

旧姓、ペンネームなどで仕事をされている方の実際(名刺など)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1225155.html?from=recommend

 

ペンネームで銀行口座を開設する方法 - PayPalビジネスアカウント または ゆうちょ銀行振替口座
(ペンネームでフリーライーターをしている方の経験談です)
http://www.wildhawkfield.com/2012/01/blog-post_24.html

 

なお、個人事業主開業届けを出していようがいまいが、Paypalに本人確認資料を提出すれば、
ビジネスアカウントで支払いを受け取ることはできるとのことです。
http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=619

 

<対策>

 

住所や名前を画像掲載する
画像は文字検索にはひっかかりません

 

Googleのウェブマスター ツールとrobotテキストを使って、画像検索から外す
これで検索には出ません
この方法はプロフィール写真なども応用きます。

 

※いずれもネットで検索すれば、具体的な方法が出ています。
※リクエストがあれば、後日、具体的な方法を書きます。


住所:○県○市○町(以下はメールにてご連絡します。)と表記する方法もある

 

市民団体の方動物のためのチャリティーカレンダーをネット販売したり、
主婦の方
子供服のネット販売をしているケースで見かけたことがあります。

 

法律の解釈問題になるので、ここでは突っ込んで書きませんが、
特定商取引法はいわばお客さんを不利益から守るための法律
であり
上記のようなケースでは、お客さんの問い合わせに応じて返答している限り
構わないのではないかと思った次第です。

<その他>

 

yahoo!やmixi,Facebookなどのプロフィ-ルでは、
「公開」が標準になっている項目があるので、登録時に注意!


会員登録したら、自動的に名前でホームページが作られて慌てた経験があります。
(外国の写真投稿サイトでしたが・・・)

SNSを利用すると、必ずプロフィ-ルページがセットになってついてきます。
一般的に非公開になっているか、「友人」からはどんな風に見える設定になっているか、
「友人の友人」からはどんな風に見えるかなど、「登録時に」必ず確認して下さい。

 

 

 

◇メールアドレス(メアド)

 

いわゆる迷惑メールは、一般的にはほとんどが広告メール(スパムメール)です。
困るのは、問い合わせなどの大事なメールがまぎれてしまうこと。

yahooメールやGmailを受け付けない設定にしている所もあるようですが、
現在はGmailを使う人も多いので、方法としてはなるべく避けたいですよね。


 <対策>

 

メアド画像にして掲載する
画像にす
れば、自動的にメアドを収集しているシステムにはひっかかりません。

ブログなどでメアドを書くときは@を書かない。
「info☆yourdomein.com ←☆を@に変えて下さい」のように書く。

 

「エンティティ化する」という方法もあるそうです。
http://www.infomake.org/article207.htm


メールフォームを使う
広告が入ることが気にならなければ、無料で使えるものがあります。
ちなみに私は、運営サイトの性質に応じて3社を使い分けています。
スマホに対応しているか、SSL通信に対応しているか、英語表記ができるかなど。
お申込みフォームとして使うこともできるので、色々研究してみて下さい。

 

 

 

 

◇スパムコメント、スパムメールを見えない状態にする

 

本当にスパムコメント、スパムメールなら、最初から見えなくしてしまう。
来たことすら分からない。これが精神衛生上理想的です。


 

 <対策>

 

Gmailを使う
迷惑メールフォルダを見ない限り、「迷惑メール」(6通)などと表示されません。
迷惑メールフォルダに入ったメールは30日後に消去されます。

 

スパムコメントを隔離する機能があるブログを使う(ココログなど
このブログは@niftyのココログというブログサービスを使っています。
スパムコメントは、迷惑メールフォルダのよう
別のフォルダに入ります。
そして、Gmail同様、30日後に消去されます。


>>次回に続きます。(◇いざというとき◇普段からの対策etc)


続きを読む "安心して情報発信を行うために~実践編:発信者の安全・プライバシーに配慮した方法を考える(その1)" »

2013年2月 6日 (水)

琵琶湖の水草から作った"たい肥"が無料配布されます(2013/2/23大津、2/24草津、3/2近江八幡、3/3守山、3/9長浜、3/10高島)

 


専用船での水草刈取作業の様子、浮御堂前にて


琵琶湖の南側(南湖)で、夏場を中心に異常繁殖している水草。
写真は2009年10月に、本堅田の浮御堂北湖岸で撮影したものです。

▼2010年に、琵琶湖南湖の水草問題について書きました。

専用船での水草刈取作業の様子、浮御堂前にて (琵琶湖南湖の水草問題 )


当時、「刈り取った水草を肥料として使う試みが始まったばかりです」とご紹介しましたが、
滋賀県が現在、実験的に堆肥化に取り組んでいるとのことです。
今回無料配布のお知らせを目にしましたので、ご紹介します。


琵琶湖の力で育てよう!!~水草たい肥無料配布~

(1)2013年2月23日 (土) 10~15時 大津市 二本松1-1 (競輪場 駐車場)
(2)2013年2月24日 (日) 10~15時 草津市 矢橋町 (矢橋帰帆島 駐車場)
(3)2013年3月2日 (土) 10~15時 近江八幡市 津田町 (運動公園 南側)
(4)2013年3月3日 (日)10~15時  守山市 木浜町 (木浜漁港前 県有地)
(5)2013年3月9日 (土) 10~15時 長浜市 早崎町 (奥びわスポーツの森 北側)
(6)2013年3月10日 (日) 10~15時 高島市 今津町 (JR近江今津駅 南側)

事前申込み不要。配布場所まで取りに来られる方に限ります。

配布量は、プランター利用~軽トラック程度。
後日簡単なアンケートを提出する必要があります。

滋賀県水草たい肥無料配布


▼詳細(PDF)
http://www.ohmi.or.jp/water_grass/distribution_compost_winter.pdf

▼モニター結果(2012年10月15日現在の水草たい肥使用結果)
http://www.ohmi.or.jp/water_grass/conclusion-conpost1015.pdf

▼お問い合わせ
〒520-0807
滋賀県大津市松本一丁目2-1
公益財団法人 淡海環境保全財団
TEL 077-524-7168  FAX 077-524-7178
e-mail dk00☆pref.shiga.lg.jp(☆を@に変えて下さい)
もしくは
〒520-8577
滋賀県大津市京町四丁目1-1
滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課
TEL 077-528-3463  FAX 077-528-4847
e-mail info☆ohmi.or.jp(☆を@に変えて下さい)

▼以前から秋を中心に随時配布されているとのことです。ご参照下さい。
琵琶湖の力で育てよう!!水草たい肥モニター募集について


 


堅田(滋賀県大津市)の写真 浮御堂
「専用船での水草刈取作業の様子、浮御堂前にて (琵琶湖南湖の水草問題 )」
■撮影地:浮御堂北湖岸(滋賀県大津市本堅田1丁目)

Waterweeds abnormally grow in Lake Biwa recently and it becomes the problem.
Waterweeds are removed from the Lake Biwa by an special machine.
I photographed it in front of Ukimido temple.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Ukimido Temple
2009.10.13 11:00 "Waterweeds are removed from the Lake Biwa by an special machine "


続きを読む "琵琶湖の水草から作った"たい肥"が無料配布されます(2013/2/23大津、2/24草津、3/2近江八幡、3/3守山、3/9長浜、3/10高島)" »

2013年2月 4日 (月)

堅田内湖が「かや」と呼ばれていた理由について(文章)&雪の比良山系、堅田内湖に映る影(写真) ~Honkatata/本堅田 338(2) #shiga #japan #photo

 

雪の比良山系、堅田内湖に映る影

2012年の6月に、堅田出身のWさんから頂いたお便りをご紹介しました。
Wさんは子供の頃、堅田内湖の事を「かや」と呼んでいたそうです。

▼春の堅田内湖の写真と、Wさんのお便りはこちら。

琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。水に浮かんでいるような町のお話、続編。


先日、堅田の町おこし団体・湖族の郷(こぞくのさと)の皆さんにお会いしたので、
是非この機会にと、お話を聞いてきました。

30代の方はさすがに「かや」は聞いたことがないということでしたが、
その親から祖父の世代の方は、皆さん「かや」をご存知でした。

「かや」は愛称みたいなもの。当時は堅田内湖と呼んでいなかっただけで、
おそらく、琵琶湖のヨシ(葦)が語源なのではないかというお話でした。

ヨシ→茅葺(かやぶき)屋根の「かや」を連想したのではないかというのですが、
「かや」の正確な漢字は分かりませんでした。

当時、堅田内湖は琵琶湖の一部みたいなもので、ヨシがたくさん生えていたから
「かや」と呼んだのではないだろうか、というのが話の結論でした。


そのためなのか、堅田内湖は不動産登記の地目でいうと
「雑種地」(いずれにも該当しない土地)に当たるといったお話も出ました。

▼地目についてはこちらに解説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%9B%AE

また、ある方のお話によれば、堅田内湖から堅田漁港沿いの家は
漁師さんの家ばかりだったそうです。

Wさんや皆さんのご参考になれば幸いです。

湖族の郷資料館の館長さんのお話は伺うことができなかったので、
今度また、館長さんに伺ってみますね。


 


写真:堅田内湖に架かる橋の上から写した、堅田らしい冬の風景。
内湖の中に見えているのは、淡水真珠の養殖用の柵です。

(写真右から)内湖の畔の木、田畑、今は使われていない遊園地の観覧車、
ヤマダ電機の赤い看板、ゴルフ練習場のバックネット、マンションに民家。
背後には、雪の比良山系が見えています。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 堅田内湖19 「雪の比良山系、堅田内湖に映る影」
■撮影地:堅田内湖(内湖大橋の上より撮影。滋賀県大津市本堅田4丁目)

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata Katata  Inner Lake 19
2010.01.09 15:20"Mt.Hira and Katata InnerLake in January"


 

 

 

続きを読む "堅田内湖が「かや」と呼ばれていた理由について(文章)&雪の比良山系、堅田内湖に映る影(写真) ~Honkatata/本堅田 338(2) #shiga #japan #photo" »

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ