« 琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり--Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo | トップページ | 涌井雅之氏、ベニシア・スタンリー・スミスさん講演(9/29(土))「京都洛東ロータリークラブ・創立25周年事業市民フォーラム」のお知らせ※入場無料・申込9/15(土)必着 »

2012年8月24日 (金)

琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|特別編46:近江八幡(おおみはちまん)~願成就寺(がんじょうじゅじ)にて--Beautiful Scenery of Omihachiman City-4- #shiga #japan #photo

願成就寺

まずは写真を御覧頂いた方にご利益がありますように。

その名も、願成就寺(がんじょうじゅじ)。聖徳太子が開基した由緒あるお寺です。
日牟礼山(八幡山)の石段を少し登ったところに、近江八幡の旧市街を見守るように建っていました。

滋賀県近江八幡市は、琵琶湖の東に位置する「水郷と近江商人のまち」。
このブログのタイトルになっている「堅田」のほぼ対岸にあります。

願成就寺案内板

願成就寺の由来

推古天皇27年正月に聖徳太子(48才)が勅を賜り、近江国(滋賀県)に48箇所の寺を建立。
最後にこの寺を建て、故に願いが成就したとして願成就寺と号した。
---聖徳太子の願いが「叶った」から、建てたお寺なんですね。さすがにスケールが違います。

願成就絵札案内板

ふもとの京街道門前通りでは、お寺にちなんで「日本一願いが叶う絵札」(願成就絵札)を販売していました。
一枚百円、十二枚セットで千円とのことです。願い事のある方はぜひ。

京街道門前通り

京街道門前通りは、町屋の並ぶ落ち着いた通りです。蕎麦屋の日牟禮庵の前で撮影。

願成就寺のお地蔵さん

暑さの中にも一服の清涼感。願成就寺の石仏です。境内ににはたくさんの石仏がありました。


本願寺八幡別院

京街道門前通りから見えていたのが、本願寺八幡別院。実に見事な姿のお寺です。

本願寺八幡別院案内板

本願寺八幡別院。由緒に蓮如上人の開基とありました。

近江(滋賀)のお寺は、京都・奈良に隠れてしまっているけれど、素晴らしい寺がたくさんあります。
生活の中に溶け込んでいて、何より地元の方が大切にされている社寺。
私は、そういう風景を丁寧に撮っていけたらと思っています。

北元町の町並み1
北元町の町並み2

本願寺八幡別院の辺りは「北元町」と呼ばれます。
北元町の町並みにはどこか時間が止まっているような独特の雰囲気があって、近江八幡ならではの美しさを感じました。

案内板によれば、西元町・西末町・北末町とあわせて、明治維新までは「寺内(じない)」と呼ばれていました。
寺内とは、本願寺八幡別院の門前町という意味です。

近江八幡は豊臣秀吉の甥・秀次が開いた城下町です。その後、近江商人の町として栄えました。
そんなことも相まって独特の雰囲気を醸し出しているのだろうと思います。


夏の八幡掘8・白い蔵と小道

夏の八幡掘。八幡掘は琵琶湖に繋がる運河で、近江八幡を代表する風景です。

「八幡堀は天正13年(1585年)に豊臣秀次(秀吉の甥)が八幡山に城を築き開町したことに始まります。秀次は、八幡堀と琵琶湖とを繋ぎ、湖上を往来する船を城下内に寄港させることで、人、物、情報を集め、さらに楽市楽座制を実施することで城下を大いに活気づけました。」(近江八幡観光物産協会 八幡堀~八幡堀とその歴史について~より)

(※八幡掘の詳細は第1回に掲載しています。)

常夜灯とサルスベリの花、日牟禮八幡宮の鳥居(八幡掘に続く石段の途中から撮影)

常夜灯の側の木陰で、サルスベリ(百日紅)のピンクの花が咲いていました。
向こうには、八幡掘に続く石段と、日牟禮八幡宮の鳥居。
日差しが遮られたせいか、暑い夏もどこか終わりを感じさせてくれるような、そんな一コマでした。

Crape-myrtle ( Lagerstroemia indica ) and A torii at the entrance of Himure hachimangu in Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan. Photography by J.Kanematsu. September 10, 2009.


※この日の撮影では、八幡掘と旧市街の町並みを中心に撮りました。
他にも素敵な場所がたくさんありますので、ご関心のある方は下記を参照下さい。

観光地として有名な場所や他のヴォーリズ建築、水郷めぐりについては、
近江八幡観光物産協会 http://www.omi8.com/index1.htm

八幡山ロープウェー http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/
2012年8月31日(金)まで、12歳未満のお子さん連れのご家族で往復利用すると、こども料金が「無料」です。
リンク先のHPには、通年利用可能なネットクーポン券(大人・子供とも往復1割引)も載っていました。

町歩きのモデルコースについては、
遊歩百選-近江八幡のまちなみ http://www.gaido.jp/machikado/2004/10/23yuuho/


■撮影地:滋賀県近江八幡市小船木町(願成就寺)、北元町(本願寺八幡別院)、大杉町(八幡掘)
小船木町、北元町へのアクセス:JR近江八幡駅から近江鉄道バス約5分 小幡町下車
近江鉄道バス時刻表:6番 長命寺行きまたは長命寺経由 休暇村行き
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=8020

■地図:願成就寺~本願寺八幡別院周辺

大きな地図で見る

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


« 琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり--Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo | トップページ | 涌井雅之氏、ベニシア・スタンリー・スミスさん講演(9/29(土))「京都洛東ロータリークラブ・創立25周年事業市民フォーラム」のお知らせ※入場無料・申込9/15(土)必着 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり--Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo | トップページ | 涌井雅之氏、ベニシア・スタンリー・スミスさん講演(9/29(土))「京都洛東ロータリークラブ・創立25周年事業市民フォーラム」のお知らせ※入場無料・申込9/15(土)必着 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ