« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月24日 (金)

琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|特別編46:近江八幡(おおみはちまん)~願成就寺(がんじょうじゅじ)にて--Beautiful Scenery of Omihachiman City-4- #shiga #japan #photo

 

願成就寺

 



まずは写真を御覧頂いた方にご利益がありますように。

その名も、願成就寺(がんじょうじゅじ)。聖徳太子が開基した由緒あるお寺です。
日牟礼山(八幡山)の石段を少し登ったところに、近江八幡の旧市街を見守るように建っていました。

滋賀県近江八幡市は、琵琶湖の東に位置する「水郷と近江商人のまち」。
このブログのタイトルになっている「堅田」のほぼ対岸にあります。


 

願成就寺案内板


願成就寺の由来

推古天皇27年正月に聖徳太子(48才)が勅を賜り、近江国(滋賀県)に48箇所の寺を建立。
最後にこの寺を建て、故に願いが成就したとして願成就寺と号した。
---聖徳太子の願いが「叶った」から、建てたお寺なんですね。さすがにスケールが違います。


 

願成就絵札案内板

 

 



ふもとの京街道門前通りでは、お寺にちなんで「日本一願いが叶う絵札」(願成就絵札)を販売していました。
一枚百円、十二枚セットで千円とのことです。願い事のある方はぜひ。


 

京街道門前通り

 

 



京街道門前通りは、町屋の並ぶ落ち着いた通りです。蕎麦屋の日牟禮庵の前で撮影。


 

願成就寺のお地蔵さん

 

 



暑さの中にも一服の清涼感。願成就寺の石仏です。境内ににはたくさんの石仏がありました。


 

 

本願寺八幡別院

 

 



京街道門前通りから見えていたのが、本願寺八幡別院。実に見事な姿のお寺です。


 

本願寺八幡別院案内板

 

 



本願寺八幡別院。由緒に蓮如上人の開基とありました。

近江(滋賀)のお寺は、京都・奈良に隠れてしまっているけれど、素晴らしい寺がたくさんあります。
生活の中に溶け込んでいて、何より地元の方が大切にされている社寺。
私は、そういう風景を丁寧に撮っていけたらと思っています。


 

北元町の町並み1

 

北元町の町並み2

 

 



本願寺八幡別院の辺りは「北元町」と呼ばれます。
北元町の町並みにはどこか時間が止まっているような独特の雰囲気があって、近江八幡ならではの美しさを感じました。

案内板によれば、西元町・西末町・北末町とあわせて、明治維新までは「寺内(じない)」と呼ばれていました。
寺内とは、本願寺八幡別院の門前町という意味です。

近江八幡は豊臣秀吉の甥・秀次が開いた城下町です。その後、近江商人の町として栄えました。
そんなことも相まって独特の雰囲気を醸し出しているのだろうと思います。


 

 

 

夏の八幡掘8・白い蔵と小道

 

 



夏の八幡掘。八幡掘は琵琶湖に繋がる運河で、近江八幡を代表する風景です。

「八幡堀は天正13年(1585年)に豊臣秀次(秀吉の甥)が八幡山に城を築き開町したことに始まります。秀次は、八幡堀と琵琶湖とを繋ぎ、湖上を往来する船を城下内に寄港させることで、人、物、情報を集め、さらに楽市楽座制を実施することで城下を大いに活気づけました。」(近江八幡観光物産協会 八幡堀~八幡堀とその歴史について~より)

(※八幡掘の詳細は第1回に掲載しています。)


 

常夜灯とサルスベリの花、日牟禮八幡宮の鳥居(八幡掘に続く石段の途中から撮影)

 

 



常夜灯の側の木陰で、サルスベリ(百日紅)のピンクの花が咲いていました。
向こうには、八幡掘に続く石段と、日牟禮八幡宮の鳥居。
日差しが遮られたせいか、暑い夏もどこか終わりを感じさせてくれるような、そんな一コマでした。

Crape-myrtle ( Lagerstroemia indica ) and A torii at the entrance of Himure hachimangu in Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan.
Photography by J.Kanematsu. September 10, 2009.


 

※この日の撮影では、八幡掘と旧市街の町並みを中心に撮りました。
他にも素敵な場所がたくさんありますので、ご関心のある方は下記を参照下さい。

観光地として有名な場所や他のヴォーリズ建築、水郷めぐりについては、
近江八幡観光物産協会 http://www.omi8.com/index1.htm

八幡山ロープウェー http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/
2012年8月31日(金)まで、12歳未満のお子さん連れのご家族で往復利用すると、こども料金が「無料」です。
リンク先のHPには、通年利用可能なネットクーポン券(大人・子供とも往復1割引)も載っていました。

町歩きのモデルコースについては、
遊歩百選-近江八幡のまちなみ http://www.gaido.jp/machikado/2004/10/23yuuho/


 

■撮影地:滋賀県近江八幡市小船木町(願成就寺)、北元町(本願寺八幡別院)、大杉町(八幡掘)
小船木町、北元町へのアクセス:JR近江八幡駅から近江鉄道バス約5分 小幡町下車
近江鉄道バス時刻表:6番 長命寺行きまたは長命寺経由 休暇村行き
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=8020

■地図:願成就寺~本願寺八幡別院周辺

大きな地図で見る


 

堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

続きを読む "琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|特別編46:近江八幡(おおみはちまん)~願成就寺(がんじょうじゅじ)にて--Beautiful Scenery of Omihachiman City-4- #shiga #japan #photo" »

2012年8月17日 (金)

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり--Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo

 

 

日牟禮八幡宮の鳥居(八幡掘に続く石段の途中から撮影)


神社の鳥居と、大きな木。
木陰が石段に影を落として、聞こえるのはセミの声だけ。
日本の夏の風景ですね。

琵琶湖の東に位置する滋賀県近江八幡市から、
引き続き、夏の風景をお届けします。

近江八幡(おおみはちまん)は、水郷と近江商人のまち。
このブログのタイトルになっている「堅田」のほぼ対岸にあります。

↑八幡掘に続く石段の途中から、日牟禮八幡宮の鳥居を撮ってみました。
A torii at the entrance of Himure hachimangu in Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan.

↓こちらが八幡掘です。(Hachiman-bori Canal)

夏の八幡掘7・白壁の家と緑に囲まれた八幡掘


白壁の家と緑に囲まれた八幡掘は、情緒あふれる風情があって、
時代劇の撮影地としても有名です。(※詳細は第1回に掲載)
八幡掘の水は、この先にある西ノ湖を経て、琵琶湖に繋がっています。

Hachiman-bori Canal is located in Omihachiman City, Shiga Prefecture, and measures approximately 15m wide and 6km long.Drawing its water from Lake Biwa, Hachiman-bori Moat served not only as a moat during battles, but also as a waterway.

近江八幡は近代洋風建築の町でもあります。


081703


白雲館(Hakuunkan)

1877年(明治10年)に、八幡東学校として建てられた擬洋風建築。国の登録有形文化財建造物です。
1階は近江八幡観光物産協会の事務所、2階は休憩所・ギャラリーになっています。
■所在地:近江八幡市為心町元9


池田町洋館街(旧ウォーターハウス邸)


池田町洋館街(Western houses built by Vories in Ikeda town)

近江八幡市旧市街の一角にある、現存する3棟の西洋館。
建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが大正時代に手掛けた初期の作品です。
写真は旧ウォーターハウス邸― 1913年(大正2)築。
■所在地:近江八幡市池田町5丁目

池田町洋館街案内板

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880年10月28日 - 1964年5月7日)
建築家。近江兄弟社の創立者の一人で、メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家。
20代で八幡商業高等学校の英語教師として来日。83歳で亡くなるまで、近江八幡で暮らしました。
1941年(昭和16年)に日本に帰化。一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と名乗りました。
近江八幡には町のあちこちにヴォーリズ建築が残っています。

William Merrell Vories (October 28, 1880 - May 7, 1964)  was an educator, architect, missionary
and entrepreneur born in the United States who worked mainly in Omihachiman city,Japan.


旧八幡郵便局


旧八幡郵便局(Old Hachiman post office  built by Vories)

ヴォーリズ建築。1921年竣工、1960年まで郵便局の局舎として使用されていました。
現在はギャラリーやイベント会場、ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会の事務所になっています。
■所在地:近江八幡市仲屋町中8


アンドリュース記念館


アンドリュース記念館(Andrews Memorial  built by Vories) ヴォーリズの処女作。

アンドリュースさんは、ヴォーリズの大学時代の親友でした。若くして亡くなったそうです。
アンドリュース家より送られた資金を元に、ヴォーリズが貯蓄金すべてを捧げて自ら設計。
1907(明治40)年に近江八幡YMCA会館として竣工、1935(昭和10)年に2代目の会館として別の位置に改築。
2009年8月、国の登録有形文化財に登録されました。
■所在地:近江八幡市為心町中31


アンドリュース記念館案内板


 

近江八幡市立八幡小学校


近江八幡市立八幡小学校(Omihachiman elementary school)

ひときわ目を引く、白亜の小学校。近代洋風建築の町、近江八幡らしい建物ですね。木造二階建て。
設計は田中松三郎氏、1917(大正6)年竣工とのことです。(近代建築巡り(近江八幡市立 八幡小学校)より)
■所在地:滋賀県近江八幡市本町5


 

ヴォーリズ像(近江八幡市の皆さんより、愛と敬意を込めて)


近江八幡を歩けば、心に染みるように伝わってくるのが、ヴォーリズさんへの敬意。
どうしたら写真で伝わるかな、と思って歩いていたら、この像に出逢いました。

右側がヴォーリズさんです。A statue of William Merrell Vories.
花を差し出す子供の像には、生花が飾られていました。
■所在地:大杉町バス停近く(※地図→http://goo.gl/maps/eHvg6

近江八幡の皆さんは、ヴォーリズさんをとても尊敬しています。

 


※この日の撮影では、八幡掘と旧市街の町並みを中心に撮りました。
他にも素敵な場所がたくさんありますので、ご関心のある方は下記を参照下さい。

観光地として有名な場所や他のヴォーリズ建築、水郷めぐりについては、
近江八幡観光物産協会 http://www.omi8.com/index1.htm

町歩きのモデルコースについては、
遊歩百選-近江八幡のまちなみ http://www.gaido.jp/machikado/2004/10/23yuuho/

近江八幡といえば、和菓子の「たねや」が有名ですが、
冒頭でご紹介した日牟禮八幡宮の鳥居の側に、「日牟禮ヴィレッジ たねや」があります。
日牟禮カフェの特別室も、ヴォーリズ建築とのことです(旧忠田邸を補修改築)。
室内の写真がありました→http://taneya.jp/shop/shiga_himure_vories.html

<2012/8/18追記:八幡山ロープウェーの夏休み情報>
八幡掘と旧市街からすぐ行けるのが、八幡山ロープウェーです。
8/18の京都新聞朝刊に「夏休みこども無料キャンペーン」の情報が出ていたので、お知らせします。

◆2012年8月31日(金)まで、12歳未満のお子さん連れのご家族で往復利用すると、こども料金が「無料」。
 (他の割引券との併用および片道利用には適用されません)
◆2012年8月26日(日)まで、夏季営業時間延長。9:00~18:30(上り最終18:00)
詳細は→http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/
往復1割引になるネットクーポン券あり。行かれる方は涼んできて下さいね。

※近江八幡シリーズ、第4回(最終回)へ続きます。
Photography by J.Kanematsu. September 10, 2009.
To be continued.


 

■撮影地:滋賀県近江八幡市
旧市街へのアクセス:JR近江八幡駅から近江鉄道バス約10分 大杉町下車
近江鉄道バス時刻表:6番 長命寺行きまたは長命寺経由 休暇村行き
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=8020

■地図:白雲館周辺

大きな地図で見る


 

堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

続きを読む "琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|特別編45:近江八幡(おおみはちまん)~近代洋風建築の町、ぐるっと町めぐり--Beautiful Scenery of Omihachiman City-3- #shiga #japan #photo" »

2012年8月10日 (金)

琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|特別編44:近江八幡~涼しげな町屋と、教会と、飛行機雲 Beautiful Scenery of Omihachiman City-2- #shiga #japan #photo

 

081001


町屋の白壁に映える、紫の花と緑。涼しげですね。
暮らしている人の美しさを感じさせる佇まいです。

琵琶湖の東に位置する滋賀県近江八幡市から、
前回に引き続き、夏の風景をお届けします。

近江八幡(おおみはちまん)は、水郷と近江商人のまち。
このブログのタイトルになっている「堅田」のほぼ対岸にあります。

旧市街には昔ながらの町屋が残っていて、
一般の住宅として使われているのも、堅田とよく似ています。
A Matiya( townhouse) of Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan.


081002


近江八幡の旧市街の町並み。
家の前にある花が行く人の目を楽しませてくれます。新町4丁目にて。
At Shinmachi-dori Street( Shinmach 4chome) of Omihachiman City, Shiga Prefecture,Japan.


081003


町屋の向こうに、教会が見えていました。
近江八幡は、近代洋風建築の町でもあります。

建築家 William Merrell Vories (October 28, 1880 - May 7, 1964) は
20代で英語教師として近江八幡に来日した後、
亡くなるまでずっと、この町で暮らしました。
今でも、町のあちこちにヴォーリズ建築が残っています。


081004


日本基督教団近江八幡教会。 Omihachiman Church.
ヴォーリズを訪ねて(日本基督教団 近江八幡教会)によれば、
「ここにはヴォーリズの1924(大正13)年築の教会がありましたが、残念なことに焼失しました。
今の教会は比較的新しく、1983(昭和58)年に一粒社ヴォーリズ建築事務所により建てられたものです。」

※近江八幡教会の隣には、ヴォーリズの処女作である
「アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館)」が現存しています。
※ヴォーリズ建築の写真は、次回まとめてお届けします。


081005


路地のような道の続く旧市街。道路には「止まれ」の文字。
この空間では絵になる文字だな、と思って撮った一枚ですが、
後になって、奥に丸いポストが写っていることに気がつきました;;

(そういえば、近江八幡の旧市街で見かけたポストは
昔ながらの丸いポストばかりでした。)

実はこのすぐ先にヴォーリズ建築があります。


081006


突き当たった道を左折すると、旧八幡郵便局に遭遇。
ヴォーリズ建築のひとつで、現在はギャラリー等として使われています。
Old Hachiman Post Office,designed by William_Merrell_Vories,1921.


081007


旧八幡郵便局の隣にあるのが、「酒游舘」。
"Shuyukan".Sake and Japanese local food restaurant at Omihachiman.

時間の関係で素通りしてしまったので、後で調べてみたら、
近江八幡の銘酒と滋賀の郷土料理が楽しめるお店でした。

近江八幡唯一の酒蔵である西勝酒造(1717年創業)が、
憩いの場、交流の場として1992年に開館。
ギャラリーでは酒造りの常設展が楽しめるとのことです。

近江八幡は蔵を活かしたお店が多いので、
町歩き、食べ歩きを楽しむ方にお勧めです。


081008


道の両脇には町屋、上空には飛行機雲が。
Matiya( townhouse) ,road and Jet stream.

※近江八幡シリーズ、第3回へ続きます。
Photography by J.Kanematsu. September 10, 2009.
To be continued.



 

■撮影地:滋賀県近江八幡市新町、仲屋町
旧市街へのアクセス:JR近江八幡駅から近江鉄道バス約10分 大杉町下車
近江鉄道バス時刻表:6番 長命寺行きまたは長命寺経由 休暇村行き
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=8020

■地図:近江八幡教会(地図左下)~旧八幡郵便局、酒游舘

大きな地図で見る


 

堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

 

 

続きを読む "琵琶湖の畔の風景写真「Katata/堅田」|特別編44:近江八幡~涼しげな町屋と、教会と、飛行機雲 Beautiful Scenery of Omihachiman City-2- #shiga #japan #photo" »

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ