« 【葵祭】2012年5月15日(火) 雨の下鴨神社にて、関係者だけで行われた「勅使奉幣の儀」の写真を掲載しています(写真ブログKatata/堅田) #kyoto #photo | トップページ | 写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて) ~Honkatata/本堅田 450 #shiga #otsu #photo »

2012年5月17日 (木)

【葵祭】2012年5月16日(水) 晴天の下鴨神社にて、関係者で行われた「社頭の儀」の写真を掲載しています(写真ブログKatata/堅田) #kyoto #photo

Aoi_festival2012_051601

葵祭というと、都大路を行列が行く「路頭の儀」が有名ですが、
今回ご紹介するのは、下鴨神社の舞殿で行われる「社頭の儀」(11時40分頃開始)です。

葵祭の起源は6世紀に遡ります。平安京が造営される前の京都では凶作が続いたため、
当時の天皇が上賀茂神社と下鴨神社に勅使を送って五穀豊穣を祈願したのが起源とされています。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/葵祭)

関係者が身に着けるのは、御神紋のカモアオイ(双葉葵、賀茂葵)という植物です。
カモアオイ自体はとても小さな植物のため、葉の形のよく似たカツラの枝を一緒に挿します。

※このページの写真は18枚です。読み込みに多少時間がかかることがあります。御了承下さい。


Aoi_festival2012_051602

舞殿に行列が入ってきました。先頭は楽士たち。雅楽の楽器が続きます。

Aoi_festival2012_051603


Aoi_festival2012_051604

童女(わらわめ)は、斎王代の傍らに仕える少女。愛らしい姿ですね。続いて斎王代が入ってきました。

Aoi_festival2012_051605


Aoi_festival2012_051606

Aoi_festival2012_051607

Aoi_festival2012_051608

美しい女人列が続きます。装束が本当に素晴らしかったです。この雰囲気が皆さんに伝わりますように。


Aoi_festival2012_051609

神服殿に座った斎王代と女人たち。生きているお雛様を見ているようでした。


Aoi_festival2012_051610

伝統の祭儀「社頭の儀」の様子です。

Aoi_festival2012_051611

社頭の儀を終えた勅使が舞殿を降りるところです。4人の侍従が付き従います。
向かいの神服殿で斎王代と女人たちが儀式を見守ります。


Aoi_festival2012_051612

ぶどう色の装束の男性が陪従(べいじゅう)。一人は和琴を抱えています。

Aoi_festival2012_051613

勅使が舞殿を退出すると、陪従(べいじゅう)が歌を唱えます。後姿がまた見事でした。日本の美、ですね。


Aoi_festival2012_051614

緋色の装束の舞人(まいうど)。裾の模様も季節感があって素晴らしかったです。

Aoi_festival2012_051615

6人の舞人が舞殿に昇り、駿河舞と求子舞(もとめごまい)を舞うのが「東游(あずまあそび)」。
傍らで見守る人の装束と小物にも見とれてしまいました。ピンクが斬新で効いています。

Aoi_festival2012_051616

舞殿を一旦降りた舞人たちは、皆の前で肩袖を下ろします。現われたのは新緑を思わせる色。

Aoi_festival2012_051617

再び舞殿に昇って舞う、舞人たち。東游(あずまあそび)が終わると、社頭の儀終了です。


Aoi_festival2012_051618

行列に使われた風流傘(ふりゅうがさ)が、楼門の外に並べられていました。
溢れんばかりの造花で飾られて、神社の緑に映えていました。

行列は下鴨神社で休憩をとって、この後、上賀茂神社へと向かいました。
私は3日続けての下鴨神社での撮影となりましたので、そのまま帰りました。
今回思いがけず、貴重な撮影の機会を頂きました。深く御礼申し上げます。


前日の5月15日(火)、雨の下鴨神社にて、関係者だけで行われた「勅使奉幣の儀」の写真は こちらに掲載しています。http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012515katata-k.html

前々日の5月14日(月)に行われた葵祭前儀「献饌供御人行列」(本堅田、下鴨神社)の写真は、後日掲出します。
2009-2011年度の供御人行列の写真はこちらに収録しています。
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/cat39653099/index.html

※「献饌供御人行列」 葵祭の前日(5月14日)、滋賀県大津市本堅田から、下鴨神社へ琵琶湖の鮒を届ける神事。


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


« 【葵祭】2012年5月15日(火) 雨の下鴨神社にて、関係者だけで行われた「勅使奉幣の儀」の写真を掲載しています(写真ブログKatata/堅田) #kyoto #photo | トップページ | 写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて) ~Honkatata/本堅田 450 #shiga #otsu #photo »

献饌供御人行列&葵祭/festival at Katata and Kyoto」カテゴリの記事

京都/Kyoto,Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【葵祭】2012年5月15日(火) 雨の下鴨神社にて、関係者だけで行われた「勅使奉幣の儀」の写真を掲載しています(写真ブログKatata/堅田) #kyoto #photo | トップページ | 写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて) ~Honkatata/本堅田 450 #shiga #otsu #photo »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ