« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月17日 (金)

印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年12月―2013年1月版】 琵琶湖・浮御堂|韓国世界遺産|京都世界遺産|キミノセンリョウ|特急雷鳥 #shiga #kyoto #korea #photo #calender

2012年12月カレンダー・水原華城(華虹門)

 

※このカレンダーは、2012年の復興支援カレンダー製作に際して参考案として製作された作品です。
ジャンルは駅や鉄道、琵琶湖、里山、東京や奈良、京都、花など、さまざまです。
※作品集としての性格を持たせる意味もあり、昨年末から随時UPしています。
1月から11月のカレンダーはページ後半部分にリンクがあります。
※カレンダーの利用条件については、このページの最後を御覧下さい。(商用使用等と、改変・加工は禁止されています)

◆2012年のカレンダーも今回で最終回。2012年12月版カレンダーは、5パターンあります。
まずは、韓国・水原より、世界遺産の水原華城をカレンダーにしました。
水原華城といえば、写真の華虹門(ファホンムン)が有名です。城郭が水原川の上にある、美しい水門です。

※「韓国世界遺産」は、現在別サイトで、2012年度の復興支援カレンダーとして販売されています。
そのため今年の風景カレンダー (フリー)では、題材として「韓国世界遺産」は外しました。
(被写体としての「堅田」も、全く同様です。)
そこで今回、カレンダーをお買上げいただいた方、サイトを訪問していただいた方、皆さんに楽しんで頂けるよう、
最後に「堅田」と「韓国世界遺産」の写真でカレンダーを再製作しました。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

韓国・世界遺産の写真 水原華城(華虹門) 수원화성 화홍문
「2012年12月カレンダー・水原華城(華虹門)」
Photograph of UNESCO World Heritage of South Korea   2010.09.16 13:46
"Calendar in December in 2012;Hwahongmun,Hwaseong Fortress"


 

2012年12月カレンダー・ゆりかもめ、飛ぶ(浮御堂を背景に)

 

 

◆所変わって堅田(滋賀県大津市)より、浮御堂を背景に飛ぶユリカモメ。冬の日の琵琶湖の光景です。
2010年12月のカレンダーとして人気の高い作品だったので、今回再び12月のカレンダーにしてみました。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

堅田(滋賀県大津市)の写真 浮御堂 「2012年12月カレンダー・ゆりかもめ、飛ぶ(浮御堂を背景に)」
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Ukimido Temple  2010.02.07 10:53
"Calendar in December in 2012;Black-headed Gulls (Larus ridibundusfly) fly ,
backed by Ukimi-do Temple"


 

2012年12月カレンダー・キミノセンリョウ

 

 

◆そして、季節の植物の写真。実が黄色くなるセンリョウ(千両)、キミノセンリョウの写真です。
里山に近い民家の生垣に生えていたところを撮影しました。野鳥からのプレゼントだそうです。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

植物の写真(キミノセンリョウ) 「2012年12月カレンダー・キミノセンリョウ」
Photograph  of Sarcandra glabra in Shiga,Japan
"Calendar in December in 2012; Sarcandra glabra"


 

2012年12月カレンダー・着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)

 

 

◆所変わって、京都の年の瀬の風景。この時期、商売の神様・伏見稲荷大社には、奉納品が運ばれてきます。
右側にお酒の樽がたくさん見えていますね。その「歳旦奉献品」の前を、着物姿で通りがかった女性がいて、
一緒に撮影させて頂きました。縁起物、ということで、いいイメージづくり(宝地図みたいに?)に使っていただければ。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

伏見稲荷大社(京都市伏見区深草藪之内町)の写真
「2012年12月カレンダー・着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)」
Photograph  of Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan  2008.12.30 16:38:16
"Calendar in November in 2012; A woman who wears a kimono at the end of the year"


 

2012年12月カレンダー・特急雷鳥と国鉄113系

 

 

 

◆最後に、鉄道のカレンダーです。2011年3月12日のダイヤ改正で姿を消した、特急雷鳥。在りし日の雄姿です。
113系(湘南色)が入ってくるところを撮っていたら、反対側のホームを特急雷鳥が通過していったのでした。
JR湖西線・志賀駅(滋賀県大津市)にて、2009年1月の雪の日に撮影。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

鉄道の写真 JR湖西線・志賀駅(滋賀県大津市)
「2012年12月カレンダー・特急雷鳥と国鉄113系」
Photograph of JR West, Kosei Line Shiga Station ( Otsu City,Shiga Prefecture,Japan)
2009.1.11  10:04"Calendar in December in 2012;485 series Raichō train ,and JR West 113 series
in Shōnan livery"


 

2013年1月カレンダー・石窟庵(修復用の瓦売り場にて)

 

 

 

◆今回のシリーズの締めくくりに、2013年1月のカレンダーを作ってみました。
撮影地は韓国・慶州にある世界遺産、石窟庵 (ソックラム)です。

修復用の瓦に願い事を書いてお寺に奉納する。日本でも見られる光景ですね。

学業成就、世界平和、商売繁盛、無病息災、家内安全、会社繁栄。
どこの国でも、願いは同じ。

続いていく年への平和への祈りを込めて、皆さんに優しい時間が流れていきますように。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

韓国・世界遺産の写真 석굴암  石窟庵 (慶州)
「2013年1月カレンダー・石窟庵(修復用の瓦売り場にて)」
Photograph of UNESCO World Heritage of  South Korea |Seokguram Grotto in Gyeongju
2010.03.17 09:56:36"Calendar in January in 2013;"At Seokguram Grotto"


 

 

 

バックナンバーはこちらに掲載しています。
新しい年の皆様の幸せを願って。風景カレンダー 【2012年1月版】 雪の余呉駅|琵琶湖の小さな渡し場
【2012年2月版】 雪の棚田の前を走っていく電車|琵琶湖の水鳥たち
【2012年3月版】 春の夕暮れ、堅田駅にて(三人の女の子たち)
【2012年4月版】 アメリカスミレサイシンの花|春の駅(信楽高原鉄道・信楽駅にて)
【2012年5月版】 天神川の鯉のぼり|ひかりレールスター(JR新大阪駅にて)|スズランの花
【2012年6月版】 里山の町、仰木にて|オオデマリの花|糸崎駅にて
【2012年7月版】 D51機関車(東京・上野公園にて)|酒屋神社(京都府京田辺市)
【2012年8月版】 タチアオイの花(畑の棚田にて)|国鉄117系福知山色と113系湘南色(堅田駅にて)|麗しの浅草寺
【2012年9月版】 ソバの花(真野川の畔にて)|海の見える踏切(韓国・釜山)
【2012年10月版】 薬師寺|奈良公園の鹿|黄金色の田んぼ|コスモスの花|国鉄117系(堅田駅にて)
【2012年11月版】 学生さんと鹿|薬師寺東塔|京都・東寺の夕暮れ|滋賀・不動寺の紅葉|国鉄117系(堅田駅にて)


 

 

【皆様に気持ちよく使っていただくために】

著作権の表示ですが、もともと私はそんなにこだわってはいませんでした。
ネットに載せるということは、自由に見て頂きたい気持ちの現れです。

ただ、営利目的での無断使用は、第三者の方々を巻き込むことになり、その方々にとってもつらいことです。

皆様も私も気持ちよく過ごすための著作権であり、そのために自分のスタンスを表示する必要があると考えました。

そこで、ウェブ上での合理的な著作権利用の観点から、いつも↓下記の表示を使わせて頂いています。

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

具体的には、以下の通りです。御了承ください。

■著作権はJ,Kanematsuに帰属します。
■営利目的での使用、金銭の発生する使用、商品・景品としての配布、商用無断使用の禁止。
その結果生じたいかなる障害・損害において、一切の責任を負いません。
■上記の観点から、著作者(J,Kanematsu)のクレジット(署名)の消去はできません。
■同様に、上記の観点から、作品の改変、変形または加工はできません。
■守っていただけない業者様には警告させていただく場合があります。


 

2012年の「堅田の風景カレンダー」「韓国世界遺産カレンダー」は、復興支援カレンダーとして販売中です。
写真はこちらに掲載中。御覧下さいね。

堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

続きを読む "印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年12月―2013年1月版】 琵琶湖・浮御堂|韓国世界遺産|京都世界遺産|キミノセンリョウ|特急雷鳥 #shiga #kyoto #korea #photo #calender" »

2012年2月12日 (日)

東日本大震災から11ヶ月を迎えて~被災者数|県外避難者の方へ|自主避難受入|民間借上げ住宅の情報|お役立ちサイト|避難者支援の動き、まとめました|ご紹介:お米1合プロジェクト|車を届けるボランティア|かんがるーの会|フッコー.com

 

管理人の別サイト(東日本大震災・避難情報&支援情報サイト)より、転載します。
出典:http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251711482.html


 

 

(最終更新 2/11)

この一ケ月に更新した記事、アクセスの多い記事を中心にご紹介します。
数日前から書き溜めて、長い記事になりました。すぐに本文に入ります。

1.避難情報

(1)避難者情報

「郵便局に転居届け」が出ている方なら検索できます(goo 被災者避難先情報)
http://311.goo.ne.jp/post/

滝沢村が避難者の情報を公開しています。(1月31日現在の名簿)
※山田町、陸前高田市、大槌町、釜石市、宮古市、大船渡市、盛岡市玉山区、
宮城県気仙沼市、 石巻市、大崎市、福島県南相馬市、葛尾村の方々です。
http://www.vill.takizawa.iwate.jp/saigaihinan

岩手・福島・宮城の避難者名簿【リンク集】
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/193401345.html

(2)被災者数(最新の数)

死者1万5848人(2月10日現在)、行方不明者3305人(2月10日現在)
http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/higaijokyo.pdf

避難・転居者は34万1411人(2012年1月26日現在)
(http://www.reconstruction.go.jp/topics/20120201zenkoku-hinansyasu.pdf )
※詳細はこちらを御覧下さい。→http://hinansyameibo.seesaa.net/article/250379351.html

(3)避難所

旧埼玉県立騎西高校に、双葉町民の方が576人避難されています(2月9日現在)。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251726784.html

2次避難(ホテル・旅館)の状況です。
南相馬市民の方が1人、福島市内の1ヶ所に避難されています(2月6日現在)。
(http://www.pref.fukushima.jp/j/hinanjolist240207.pdf)

1/5-2/5の推移:南相馬市民の方が2人、福島市内の1ヶ所に避難されていました。
(http://www.pref.fukushima.jp/j/hinanjolist240106.pdf)

東北3県の1次避難所はすべて閉鎖されています。
【岩手県】10/7にすべて閉鎖されています。
http://www.pref.iwate.jp/~bousai/taioujoukyou/201110071700hinanbasyo.pdf
【宮城県】最後の1次避難所が閉鎖されました(12月22日)。
年内に2次避難所も解消され、宮城の全避難所が閉鎖されました(12月30日)。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/242352237.html
【福島県】 福島県内の1次避難所、最後の2か所が閉鎖されました(12月28日)。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/243196648.html


(4)避難状況(福島)

福島県から県外への避難状況(2012年1月26日現在)(福島県2月6日発表)
・・・県外避難者は62,808人、避難者最多は山形県13,033人、次いで東京都7,570人、新潟県6,683人
&福島県から県外への避難状況まとめ(2011年6月2日~2012年1月26日)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251004729.html

大熊町(12月31日現在) http://hinansyameibo.seesaa.net/article/245587725.html
双葉町(2月9日現在)  http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251726784.html
南相馬市(2月9日現在)  http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251595466.html

2.支援情報

東北の今を伝える【東北まぐ】2012/02/11号(特集:釡石やっぺしFM、山田町復興かき小屋、
おおふなと夢商店街、大槌臨学舎の挑戦、福地フラワー、お取り寄せ:横田屋本店ほや塩辛
※まぐまぐより転載させて頂いています)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/20120211-c71a.html

大槌町地場産品復興プロジェクト「立ち上がれ!ど真ん中・おおつち」
※2011年いっぱいの予定でしたが、募集期間が延長されています。
※支援者の方には復興後「あらまき鮭1本」「三陸の恵み」などが届けられる予定です。
http://www.otsuchi.jp/

三陸やまだ漁協復興カキオ-ナ-制度
※募集期間が3/31まで延長されています。
http://www.jf-sanrikuyamada.jp/kaki_owner.html

【被災地支援】お米1合からできる支援があります。「お米1合プロジェクト」のご紹介
全国から『協力米』を募り、南相馬市の仮設住宅を一世帯ずつ訪問して、お米に込められた”気持ち”を直接届けておられます。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/244809790.html

【被災地支援】被災地へ車を譲りたい方へ。「車を届けるボランティア」のご紹介

お車の提供だけでなく、チラシを配る、カンパする、事務局(盛岡市)まで車を運転して運ぶ、などいろんなご支援が可能です。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/225318966.html

南三陸町の「馬場中山地区ホームページ」現在も毎日更新されています。
http://www.babanakayama.jp/

「かんがるーの会」東日本大震災遺児支援の活動をされています。
http://www6.ocn.ne.jp/~kangaroo/
ツイッター  @SHINTANIyasuko

被災地支援SHOPフッコー.com
石巻の復興のためにがんばる人たちを応援します。 フッコー.com
↑支援サイトの右サイド(※PCのみ)で2月初め頃から、
ボランティアで設置させていただいているのが、このバナー。

石巻の作業所の皆さんが作った、さをり織りがモチーフになっています。
この「さをり織り」を中心に、被災地支援商品を販売されています(寄付先も選べます)。
http://www.miyagi-hukko.jp/
ツイッター @inarin5519

3.ニュース

経産省、東日本大震災の復興支援制度検索サイトを開設(2012/1/17)
国や地方自治体等が復旧・復興のために整備している支援制度を地域別、条件別に一括検索できます
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/247046358.html

福島県をめぐる医療費のニュース(2012/2/4)|医療費免除が1年延長(警戒区域等の方)、
国民健康保険等の免除が9/30まで延長(東北3県の災害救助法適用地域の方)、
18歳以下医療費無料化は「県内に住民票」が条件
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/250382535.html

国立国会図書館関西館 被災自治体のHP保存 ネット公開も検討(2012/2/3)
報道によれば、現在は東京の本館と関西館など3施設内でのみ公開とのことでした。

※その後確認したところ、こちらで一部が公開がされています。
国立国会図書館 インターネット資料収集保存事業(最終更新日:H23/12/22)
http://warp.ndl.go.jp/WARP_disaster.html

4.県外避難されている方へ(主に関東の情報)

【全国版】県外避難者の会、避難者支援団体の情報まとめました。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/242195050.html

【東京に母子だけで避難されている皆様へ】東京都委託の専門相談が実施されます
(2012/1/16~3/30、電話・FAX・メール、訪問相談、相談会もあります)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/245954064.html

☆多摩地区におられる避難者、被災者の交流会☆
「第六回つながろう!八王子で!」開催のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/tsunahachi/
日時 2012年2月26日(日)13時~16時30分
会場 八王子市明神団地自治会館(東京都八王子市明神町2-7-7)
参加費 一家族200円
参加者のお名前、ご住所、参加人数、当日の連絡先をご記入の上、
下記の方法でお申し込み下さい。
1 ファックス 042-697-9223
2 メール tsunagarou802#gmail.com(#を@に変えてください)

【埼玉県避難者の方対象】就業支援相談会のお知らせ 
埼玉県近郊でお仕事を探している方:2/17、3/9、3/16 加須市役所(要事前予約)
|福島県内の仕事を探している方:2/17 旧騎西高校
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251224918.html

【埼玉県避難者の方向け】県営住宅随時募集2012年2月3日午後1時現在、住宅情報(入間市、深谷市、日高市)|【草加市限定】ひなんしゃ・つながりカフェ オープンします2/16(木)・3/15(木)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251225872.html

【茨城県内へ避難している福島・宮城・岩手の皆様|茨城でボランティア希望の皆様】
あったか物資無料配布会のお知らせ(2/19(日)つくば市)

http://hinansyameibo.seesaa.net/article/248432010.html

栃木県内には震災で避難生活をされている方が2,500人以上いらっしゃいます。
2/8 @tochigivnet 認定NPOとちぎボランティアネットワークさんから(https://twitter.com/#!/tochigivnet/status/167019438762246144)

【とちぎに避難されている被災者の皆様へ】とちぎ暮らし応援会の2月のお茶会情報です⇒tochigigurashi311.jimdo.com
2/8 @tochigivnet 認定NPOとちぎボランティアネットワークさんから(https://twitter.com/#!/tochigivnet/status/167019630408384513)

【福島県浪江町の皆様】町民交流会開催のお知らせ(2/12さいたま・3/4長岡・3/18水戸・3/20千葉)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/248431336.html

ふるさとふくしま暮らしサポートミーティング開催のお知らせ:
2012年2月 秋田県 新潟県 群馬県 千葉県 神奈川県

※避難指示など対象区域から福島県外へ避難された方が対象です。
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/249582096.html
2/12(日)13:00~15:00 神奈川県川崎市 サンピアンかわさき
2/13(月)18:00~20:00 千葉県千葉市 千葉市民会館
2/17(金)18:00~20:00 群馬県前橋市 前橋市民文化会館
2/18(土)13:00~15:00 群馬県前橋市 前橋市民文化会館
2/19(日)16:00~18:00 秋田県秋田市 秋田市文化会館
2/24(金)18:00~20:00 新潟県柏崎市 柏崎市民プラザ
2/25(土)13:00~15:00 新潟県柏崎市 柏崎市民プラザ
2/26(日)13:00~15:00 新潟県長岡市 長岡市立劇場

5.自主避難受入

【長野市HPより】福島県在住で中学生以下のお子さんがいる世帯の方対象です。
春休み期間中の福島県からの自主避難者の受入れについて(2012年2月7日更新)

http://hinansyameibo.seesaa.net/article/251222619.html

2/4 一般社団法人「つなぐ光」さんより、沖縄移住支援金提供のお知らせ。
「見ず知らずの方から「500万円」ものご寄付をいただきました。スタッフさんみんなが涙。
【未来地球こども基金】として移住支援金14万4千円をご提供いたします!」
※対象は、福島原発200キロ圏内の、母子家庭の方です。
(申し訳ありませんが、旦那様のいらっしゃるご家庭は対象外となります)
(原発からの距離は、http://haruto.s334.xrea.com/ で確認ができます)
※詳細は→http://tsunaguhikari.ti-da.net/e3780790.html
(https://twitter.com/#!/tsunaguhikari/status/165466434053484544)

【県外避難者の皆様へ】受け入れ先自治体の支援窓口一覧(リンク集)
全都道府県と主な市町村の情報を掲載しました。(2/1より更新作業開始しました)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/207957795.html

maiさんより 福島からの自主避難全国受入リスト
http://ateliersoleil.365blog.jp/e383323.html

GO_WEST_PROJECTさんより 西日本被災者受入れ情報・ツイッター版
https://twitter.com/#!/GO_WEST_PROJECT

GO_WEST_PROJECTさんより 西日本被災者受入れ一覧早見表
http://amba.to/kNvG4c

東日本大震災で被災された方々を、福井市殿下地区が総力をあげて受け入れます。
福井県もこの取組みを支援しています(「福島県県外避難者支援ブログ」9/29より)

http://hinansyameibo.seesaa.net/article/228220532.html

6.民間借上げ住宅(自治体HPの情報)

【全国版】民間借り上げ住宅の実施状況一覧(2012年2月11日現在)
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/240686482.html
↓この一ヶ月の主な改正点をまとめておきます。(詳細は上記リンクから御覧下さい)
北海道:1/31で受付終了
青森県:2/29で終了します(県HP2/1更新に記載)
秋田県、山形県、新潟県、石川県、広島県:岩手県民の方は2/29で終了します(福島県の方は継続)
富山県:予定は1月末迄でしたが、当面の間受付を継続
山梨県:3月31日まで延長。岩手県からの避難者については2/29まで

7.避難者支援の動き、まとめました

(1)シンポジウムの資料・動画・まとめ、フリーペーパー、メルマガ、要望書

大阪弁護士会主催の12月に行われたシンポジウム「広域避難者支援に、今、求められるもの」~避難者の実情と課題~当日の配布資料及び動画をご覧いただけます http://t.co/WI7tMDh7
1/22 @maruttonishiさんから(https://twitter.com/#!/maruttonishi/status/160766677414461440)

避難者向けフリーペーパー「うぇるかむ」第10号のダウンロードはこちらから⇒http://kizuna.yamagata1.jp/modules/con02/index.php?content_id=4
1/27 @fukkou_centerさんから(https://twitter.com/#!/fukkou_center/status/162729494447271938)

【無料 被災者向け支援ニュースを配信】東日本大震災県外避難者西日本連絡会(まるっと西日本)は西日本へ避難されている方へ「西日本で受けられる支援情報」をメールにて配信。受信無料。まぐまぐから配信(広告入らないのチェックはご自身の責任でどうぞ)http://www.mag2.com/m/0001367330.html
1/29 @maruttonishi さんから(https://twitter.com/#!/maruttonishi/status/163600787547766785)

個人ブログにまとめました。ーー「京都での東日本大震災避難者支援の現状と課題」
http://goo.gl/qYWz7
2/1 @sakunaryさんから(https://twitter.com/#!/sakunary/status/164701391112257536)

とすねっとでは、山形市での相談活動を踏まえて、福島県から山形県に避難している皆さんに必要な救助について、要望書を執行しました。 「【要望書27】... http://t.co/WTAaSf5D
2/3 @tossnet 東京災害支援ネットさんから(https://twitter.com/#!/tossnet/status/165268674108858368)

(2)「ふくしま新潟県内避難者の会」代表・村上さん、県外避難者向け情報誌「FLIP」創刊、フリーペーパーとして生活情報中心に5000部
1/28毎日新聞 http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120128ddlk15040034000c.html
2/8NHK解説委員室 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/108590.html
村上さんのツイッター @MuRabbiter

(3)その他、各地の会の情報

【会津地方に避難している富岡町民の皆様】富岡町民の会発足のお知らせ
(福島民報2012年1月8日より)

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/01/post_2930.html

手をつなぐ311信州(長野県松本市)
「仮称 松本地方への避難者の会」が1/15に「手をつなぐ3.11信州」として発足。
松本市内の古民家を借りて4月をめどに避難者の拠点として開設予定とのことです。
http://pub.ne.jp/whiteotti/?entry_id=4108651

西日本へ避難中の皆さんへ
東日本大震災県外避難者連絡会(まるっと西日本)で「県外避難中ののリアルな本音のつぶやき」募集/
大阪府、大阪弁護士会、会議で真実を伝えたいので御願い。無記名OK
★つぶやきはツイッターのメール機能もしくはこちら★maruttonishi#gmail.com(#を@に変えて下さい)
2/1 @maruttonishi さんから(https://twitter.com/#!/maruttonishi/status/164590991783899136)

「滋賀県内避難者の会」の事務局が決まりました。
 
〒520-0047 大津市浜大津4丁目1ー1 明日都浜大津1階 大津市市民活動センター スモールオフィス
 
詳しくはhttp://bit.ly/x5f2Ct
2/2 @Shigahinansyaさんから(https://twitter.com/#!/Shigahinansya/status/164920956010237953)

3月10日(土)のびわ湖開きの参加者を募集します
( ※滋賀県内の避難者対象で避難者の会からの申込みです)
大津港旅客ターミナルam9時~pm3時半,昼食付。締切2月13日 詳細は http://bit.ly/w8AXPJ
2/10 @Shiga_Bi_Voさんから(https://twitter.com/#!/Shiga_Bi_Vo/status/167978691220090880)

3・11はふるさとで 避難者対象、滋賀県が帰郷支援 (京都新聞2012年2月7日)
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120207000028

8.お役立ちデータ・サイト

財団法人自治体国際化協会(CLAIR) 外国人住民災害支援情報
http://www.clair.or.jp/tabunka/shinsai/

「社会実情データ図録」
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/index.html

以下に震災関係を拾いだしました.まだあると思いますが・・・とりあえず.

東日本大震災の地域別の被害状況
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

被災後半年の東日本大震災被災市町村の人口変化(毎日新聞調べを図示)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4364.html

東日本大震災の死者数のグラフ(男女別・年齢別)
阪神・淡路大震災との比較表付き
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4363f.html

東日本大震災の津波被害により発生したがれき量(推計量)
(沿岸市町村別:北から南に並べた図)
データは内閣府のHPに掲載された「災害廃棄物処理の進捗状況」による.
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4363e.html


続きを読む "東日本大震災から11ヶ月を迎えて~被災者数|県外避難者の方へ|自主避難受入|民間借上げ住宅の情報|お役立ちサイト|避難者支援の動き、まとめました|ご紹介:お米1合プロジェクト|車を届けるボランティア|かんがるーの会|フッコー.com" »

2012年2月11日 (土)

東北の今を伝える【東北まぐ】2012/02/11号(特集:釡石やっぺしFM、山田町復興かき小屋、おおふなと夢商店街、大槌臨学舎の挑戦、福地フラワー、お取り寄せ:横田屋本店ほや塩辛※まぐまぐより転載させて頂いています)

 

 

「東北まぐ」は、メールマガジンの配信でおなじみ「まぐまぐ」さんが毎月11日に配信されているメールマガジンです。
ご好意によりそのまま転載させて頂いています。

 

 

 

 





 

 

 




 

 

 

.

 

 

 

 

 

東北まぐ
岩手県釡石市 石慶禅寺の石仏

 

 

 

 

 

 

 


はじめに

 釡石で出会った料理人は、ぽっかりと空いた心の穴を、お客さんの笑顔で埋めると誓い、店の再開を決めたと話してくれました。住む家や大切な人をなくし、途方に暮れた人々が空を見上げた、あの日の東北。彼らは立ち止まることなく、光のさす方向へ一歩づつ歩んでいます。すこし元気をとり戻した東北で、おいしいものを食べ、ともに笑ってみませんか。皆様が東北へ足を運ぶきっかけとなることを願って、東北まぐ第7号をお届けします。

 

 

 

 


 

行ってきました!東北

 




釡石をラジオで復興へ
   ~釡石やっぺしFM~

 ラジオは人の心に近いメディアです。広範囲ではなく、一人ひとりに問いかけ、確かな情報と安心を与えるものです。震災では、防災情報を伝える「災害FM」が様々な役割を果たしました。余震の情報、仮設住宅の情報などのライフラインを伝えました。東北全体に広がっていて、ラジオというメディアの良さが再認識されました。
今回は、エフエム岩手 釡井支局の佐々木茂博支局長にお話をお聞きしました。震災以降、釡石市の情報を伝える以外にも、毎週水曜日15時~16時まで「釡石市ふるさと元気隊 「釡石やっぺしFM」を放送しています。岩手県全体や、東北3県のラジオ局の放送がリアルタイムで聴けるradiko.jp復興プロジェクトを通じて、日本全国で聴くことができます。
釡石市の現状を伝えるのはもちろん、元気を発信しているそうです。DJは3人の若者。釡石出身のアーティストが生演奏を披露したりと、明るい話題を届けてくれます。ちなみに、震災後多く寄せられたリクエストは「アンパンマンのマーチ」が多かったそうです。佐々木支局長は語ります。「5~10年後の釡石が素晴らしい場所に復活するよう、1歩1歩ラジオを通じて進んでいきたい」と。「やっぺしFM」の「やっぺし」とは「やるぞ!」「いくぞ!」という意味。音楽と言葉の力で復興を目指します。


行ってきました!東北
釡石やっぺしFM放送中の様子


Information
radiko.jp復興プロジェクト
http://fukkou.radiko.jp/

 

釜石やっぺしFM
http://www.fmii.co.jp/kamaishi/

 

 

 

 

 


行ってきました!東北

 



~奇跡の牡蠣を訪ねて~
     「復興かき小屋」

 「あの大津波に耐えて、生き残ったカキがいるんですよ。」店長の佐々木隆さんは、今朝採れたという大きな牡蠣を手に、満面の笑みで迎えてくれました。 
 ここは、岩手県沿岸部の山田町。09年に営業を開始した「カキ小屋」は、目前に広がる山田湾の採れたてのカキを振る舞まう飲食施設として、人気を博して来ました。40分の食べ放題で、大人は1人2500円。カキのシーズンにあわせて秋にオープンし、翌年の5月まで営業が続きます。昨年はシーズン本番を迎えた3月に東日本大震災が発生。三陸沿岸で養殖されるカキの大半が壊滅状態に陥ったと言われています。ここ山田湾でもほとんどの養殖いかだが流されましたが、地形の影響で湾内に留まったいかだが発見され、地元漁師が懸命の移設作業を行いました。「残されたカキに、たくさんの栄養が行き渡り、かつてない大きさに育った」と佐々木店長。被災した「カキ小屋」も、同町復興のシンボルとして昨秋に再開しました。
 席に着くとスコップで運ばれてくる大粒の殻付きカキ。熱い鉄板の上にうず高く積み上げられる光景は壮観そのもの。あちこちからどよめきが聞こえてきます。 蓋をして蒸し焼きにすること10分。うま味がしみ込んだあつあつのカキは、さわやかな磯の風味を漂わせます。今まで、カキが苦手だったという小野寺沙紀ちゃん(11)も、「生臭さがなくて、とってもおいしい」と、大粒のカキを幾つも平らげていました。
 カキが蒸し上がる間、 地元のお母さん達がテーブルにつき、興味深い話を聞かせてくれます。山田の歴史や魚介を使った郷土料理の話題、震災以降の日々の話など。来場者は笑ったり大きくうなづきながら、聞き入ります。

 

 同町観光協会の沼崎真也さんは、カキ小屋再建のおもいを次のように話します。「ここは、もともと山田の観光拠点だった場所。人が戻ってくる光景を見て、町の人は勇気付けられるんです。」ぜひ、奇跡のカキを味わいに、山田のお母さん達の元気な姿を見に、「カキ小屋」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。(H.K)


行ってきました!東北
「こんなに大きいんですよ!」と隣町から来たお2人 行ってきました!東北
正午には、4卓の鉄板がすべて満席に 行ってきました!東北
お店を盛り上げる店長の佐々木さんと地元のお母さん

 


Information

 

復興かき小屋
http://www.yamada-kankou.jp/info/2011-10_kakigoya.html
公式ブログ
http://yamada-kankou.seesaa.net/

 

 

 

 

 


行ってきました!東北


おおふなと夢商店街
  ~人の笑顔が集まる場所~

行ってきました!東北
ブティックすみれ 鈴木さん親子

 


Information

 

おおふなと夢商店街
岩手県大船渡市字茶屋前57-6


 今、被災にあった各地で「復興商店街」が続々と作られています。津波の被害にあった商店が集結し、仮設店舗で商店街を新たに作る試みです。今回は、岩手県大船渡市「おおふなと夢商店街」におじゃましました。洋品店、書店、スポーツ用品店、鮮魚店、理容店、ラーメン店、焼き鳥店などなど、生活のすべてはここで全て揃う事が出来ます。仮設とはいえども、歩道はウッドデッキになっていて、アウトレットモールのような趣があります。今回は「ブティックすみれ」の鈴木隆也さんとお母様にお話をお伺いしました。
震災後、別地区でお店は再開していたのですが、再びこの大船渡駅前に戻りました。オープニングイベントは大賑わい。開店以来、人が集い、離れ離れになった人の再会の場という役割も果たしているのだとか。震災以降は動きやすいパンツが売れるそうで、スカートはなかなか売れないのだそうです。それでも大船渡の皆さん、徐々にオシャレをして、震災前の心に戻りつつあるといいます。「1日も早く、スカートをはいて街に出れるようになりたいとみんな思ってます」と鈴木店長は語ります。仮設商店街はおよそ2年間という期限があるらしく、その後はこの町に再びお店が建つ予定です。鈴木さんは「ぜひ地元でお買い物をしましょう。それが商店街、地域の復興につながります」といいます。一番の幸せはお買いもの。今、少しづつですが、その日常の笑顔が戻りつつあります。

 

 

 

 


復興への道のり

 




~教育の現場から・
  大槌臨学舎の挑戦 その1~

 がれきに覆われていた大槌の街は、冬を迎え一面の雪原に様変わりしていました。震災から10ヶ月を経たいま、消失した市街にはひと気のない静かな空間が広がっています。山裾の神社の境内に、暖かい橙色の光が漏れる場所がありました。上町ふれあいセンターの扉を開けると、「こんにちはー!!」とたくさんの中学生の明るい声がた聞こえてきました。

 

 いま女川町や大槌町で、放課後の学習支援を目的とした「コラボ・スクール」と呼ばれる新しい取り組みが始まっています。特定非営利活動法人NPOカタリバ(代表理事今村久美)が運営する「大槌臨学舎」には1月当初、受験を控えた85名の中学3年生が放課後になると勉強にやって来ます。
 スタッフの川井綾さんは「いま被災地の子供達は、進学に大きな不安を抱えている」と説明します。震災直後、被災地の学校は長期間休校となり、充分な授業が行えなかったといいます。さらに自宅を失った子供達は、学びたくても勉強出来る場所がありません。仮設住宅で暮らす中学生の一人は、「自分の机が無から、家族が寝るまでほとんど勉強出来ない」と漏らします。家屋の倒壊率が8割に迫る女川や大槌町では、多くの子供達が同じような問題を抱えていました。
 ここで学ぶ丹野朋哉くん(15)は、将来の夢を「看護師とか医療に関わる仕事に就きたい」と話してくれました。震災後、避難所や病院で奔走する看護師の姿を見て「自分も人が困っているときに、活躍出来る大人になりたい」と感じたのがきっかけです。「受験は待ってくれない」と不安に感じていた彼も、臨学舎に来てから「問題が解けなくても、先生に聞いて最後は自力で解けるようになった」といいます。最後に丹野君は「寄付してくれた方やボランティア、応援してくれる人がいるから学ぶことが出来た。とにかく、さいごまで精一杯やり切りたい」と、拳を強く握ります。(H.K)


復興への道のり
3クラスに分かれて、受験勉強に励みます 復興への道のり
「臨学舎」横の鳥居は、震災の火災で大きく焼け焦げていた 復興への道のり
「ここに来て、勉強の仕方が変わった」と丹野君

 


Information
コラボ・スクール 大槌
http://www.collabo-school.net/
特定非営利活動法人NPOカタリバ
http://www.katariba.net/
ハタチ基金
http://www.hatachikikin.com/index.html

 

 

 

 

 


“東北で見つけた”名物親父・看板娘


名物親父・看板娘

 

再開の理由は「残された者の使命だから」と福地さん 名物親父・看板娘
20畳の小さな店舗で、食卓の全てがそろう

 昨夜の雪が降り積もり、辺り一面が真っ白になった日曜日の朝。プレハブの仮設店舗で営業する生花と野菜の店「福地フラワー」には、午前中にも関わらずお客があふれていました。春菊をかごに入れたお母さんに「今晩は何にするの?」とご主人の福地和久さん(69)。「鍋にしようかしら」という答えに「じゃあ、豆腐と糸こんにゃくもいるべ」と具材を一緒に考えます。
35年前に釡石の大渡で生花店としてスタートした福地フラワーは、津波で店舗を流されましたが、昨年11月に仮設店舗で営業を再開しました。20畳足らずの小さな店舗ですが、「新鮮な野菜があるから」と、飲食店の料理人も仕入れに訪れます。福地さんが冗談を言うので、店内から笑い声が止まりません。買い物客にここの魅力を尋ねると「やっぱり、ご主人とお話しできるのが楽しいのよ」と答えが。「うれしいねぇ」と照れながら、大きなみかんを3つもおまけしてくれる、名物親父でした。(H.K)

 


Information
「福地フラワー」

 

岩手県釡石市大只越「青葉公園商店街」
D棟1階
無休、営業時間9:30~17:50

 

 

 

 


 

今月のお取り寄せ


ゴチまぐ!編集部
      イチオシの理由は?

 今回ご紹介するのは「ほや塩辛」です。「ほや」も「塩辛」もかなり好き嫌い分かれますが、これはぜひとも一度は試して欲しい逸品。
ほやの生産量、日本一の宮城で水揚げされたほやを、10時間以内に下処理。急速冷凍し、塩辛にしています。通常、ほやは時間が経過すると臭みや苦味が増しますが、この「ほや塩辛」は迅速に処理しているため、嫌なえぐみはありません。シコシコ、クニュクニュとした食感と磯の香り、ほろ苦さは日本酒にぴったり。キリッとした辛口の熱燗と一緒に流し込めば至福の瞬間を味わえること間違いなしでしょう。お酒好きならば見逃せませんよ。

 


Information

 

「ほや塩辛」
横田屋本店はこちらをクリック
http://www.yokotaya.co.jp/


今月のお取り寄せ

 

 

 



【東北まぐ!】 2012/02/11号 (毎月11日発行) ツイートする
配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから

編集 寺坂直毅 岸田浩和 梅澤恵利子
ゴチまぐ 関 裕作

 

スタッフ 野瀬紗也佳

発行元 :株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方は下記よりお問合せください。
http://www.mag2.co.jp/contact/adinfo.html
配送技術:株式会社アットウェア http://www.atware.co.jp/

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です

 

【東北まぐ!は、転載、複写、大歓迎です。】


まぐまぐ

 

 

バックナンバー

第6号:2012/01/11号(特集:RE-FUTEBOLISTA プロジェクト、石巻復興民泊、いわき市ラトブ、
木の屋石巻水産の挑戦、お取り寄せ:百年梅酒(水戸市))
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/20120111re-fute.html

第5号:2011/12/11号(特集:福島交通、塩釜ハウス、木の屋石巻水産の挑戦、雄勝すずりエンドーすずり館、
黄金かもめの卵(岩手さいとう製菓))
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111211-save_t.html

第4号:2011/11/11号(特集:中合福島店、気仙沼亀の湯、いわて三陸復興食堂、石巻復興バー、
陸前高田市災害ボランティアセンター)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111111-save_t.html

第3号:2011/10/11号(特集:仙台&雄勝、木の屋石巻水産の挑戦、塩釜水産物仲卸市場、
被災地に家電を送ろう、岩手・ウニ醤油のお取り寄せ)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/20111011-save_i.html

第2号:2011/09/11号(特集:女川&陸前高田、木の屋石巻水産の挑戦、南三陸町の海と人、
被災地に家電を送ろう、女川かまぼこのお取り寄せ)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/20110911-save_t.html

創刊号:2011/08/11号(特集:松島&石巻、木の屋石巻水産の挑戦、被災地に石油ストーブを送ろう、
気仙沼ふかひれ酒のお取り寄せ)
http://katata.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/20110811-save_t.html


 

続きを読む "東北の今を伝える【東北まぐ】2012/02/11号(特集:釡石やっぺしFM、山田町復興かき小屋、おおふなと夢商店街、大槌臨学舎の挑戦、福地フラワー、お取り寄せ:横田屋本店ほや塩辛※まぐまぐより転載させて頂いています)" »

2012年2月 8日 (水)

印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年11月版】 学生さんと鹿|薬師寺東塔|京都・東寺の夕暮れ|滋賀・不動寺の紅葉|国鉄117系(堅田駅にて) #nara #kyoto #shiga #photo #calender

2012年11月カレンダー・奈良公園にて、学生さんと鹿

 

※このカレンダーは、2012年の復興支援カレンダー製作に際して参考案として製作された作品です。
ジャンルは駅や鉄道、琵琶湖、里山、東京や奈良、京都、花など、さまざまです。
※作品集としての性格を持たせる意味もあり、昨年末から随時UPしています。
1月から10月のカレンダーはページ後半部分にリンクがあります。
※カレンダーの利用条件については、このページの最後を御覧下さい。(商用使用等と、改変・加工は禁止されています)

◆2012年11月版カレンダーは、5パターンあります。
まずは、奈良公園で出合ったほほえましい風景から。ベンチにずらっと腰掛けた学生さんたち。そして、鹿。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

奈良公園(奈良県奈良市)の写真 「2012年11月カレンダー・奈良公園にて、学生さんと鹿」
Photograph  of deer at Nara Park (Nara City,Nara Prefecture,Japan)  2010.11.4  14:02
"Calendar in November in 2012;A deer and boys at Nara Park "


 

2012年11月カレンダー・薬師寺東塔と松

 

◆次に、日本が誇る世界遺産、奈良の薬師寺から。2010年秋に撮影した、東塔(国宝)です。
ウィキペディアによれば、「現在寺に残る建築のうち、奈良時代(天平年間)にさかのぼる唯一のもの」です。
東塔は解体修理が予定されており、2011年9月には塔全体を覆う素屋根の設置工事が始まりました。
工事完了は2018年の予定とのことです。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。


Tōtō (East pagoda) at Yakushi-ji.
"Yakushi-ji (薬師寺) is one of the most famous imperial and ancient Buddhist temples in Japan,
located in Nara. The temple is the headquarters of the Hossō school of Japanese Buddhism.
Yakushi-ji is one of the sites that are collectively inscribed as a UNESCO World
Heritage Site, under the name of "Historic Monuments of Ancient Nara.""
"The East Tower (東塔 Tō-tō) is the only original 8th-century structure at Yakushi-ji.
It is regarded as one of the finest pagodas in Japan, representing Hakuhō to Tenpyō period architecture.
It has just three stories, but seems to have six because of the presence of inter-storey pent roofs (mokoshi)."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Yakushi-ji )


薬師寺(奈良県奈良市西ノ京町)の写真 「2012年11月カレンダー・薬師寺東塔と松」
Photograph  of Yakushi-ji(Nara City,Nara Prefecture,Japan)  2010.11.4  10:45
"Calendar in November in 2012; Tōtō (East pagoda) and pine tree at Yakushi-ji"


 

2012年11月カレンダー・京都、東寺の夕暮れ

 

◆所変わって京都より、秋の夕暮れ。遠くに東寺の五重塔が見える、京都ならではの風景です。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。


Five-story pagoda of Tō-ji.
"Tō-ji (東寺 Tō-ji) is a Buddhist temple of the Shingon sect in Kyoto, Japan. Its name means
East Temple, and it once had a partner, Sai-ji (West Temple). They stood alongside the Rashomon,
the gate to the Heian capital. It is formally known as Kyō-ō-gokoku-ji (教王護国寺 The Temple for
the Defense of the Nation by Means of the King of Doctrines?)[1] which indicates that it previously
functioned as a temple providing protection for the nation. Tō-ji is located in Minami-ku
near the intersection of Ōmiya Street and Kujō Street, southwest of Kyoto Station."
(http://en.wikipedia.org/wiki/T%C5%8D-ji)


東寺(京都府京都市南区九条町)の写真 「2012年11月カレンダー・京都、東寺の夕暮れ」
Photograph  of Tō-ji ( Kyoto,Japan)  2010.11.4  16:56
"Calendar in November in 2012; Twilight of autumn in Kyoto"


 

2012年11月カレンダー・不動寺の紅葉

 

◆所変わって滋賀県湖南市岩根より、不動寺の紅葉の風景です。
岩根は東海道(国道1号線)に近い集落で、旧甲西町の善水寺(湖東三山のひとつ、国宝)近くにあります。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

不動寺(滋賀県湖南市岩根)の写真 「2012年11月カレンダー・不動寺の紅葉」
Photograph of Fudō-ji ( Iwane,Konan City,Shiga Prefecture,Japan ) 2010.11.26  14:02
"Calendar in November in 2012;The beautiful Japanese temple Fudoji "

※不動寺の地図(滋賀県湖南市岩根の集落から善水寺に向かう山道の途中にあります)
※「善水寺」に印がついていますが、その右側を御覧下さい。


大きな地図で見る


 

2012年11月カレンダー・国鉄117系と堅田駅の紅葉

 

◆最後に、鉄道のカレンダーです。こちらは日本の「国鉄117系」。
JR湖西線・堅田駅(滋賀県大津市真野)にて、2009年11月撮影。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。


JR West 117 series in original livery, November 2009.

"The 117 series (117系) is a Japanese suburban electric multiple unit introduced in 1979
by Japanese National Railways (JNR), and currently operated by Central Japan Railway Company
(JR Central) and West Japan Railway Company (JR West). A total of 216 cars were manufactured.
When JNR was privatized and divided into the individual JR Group companies, JR Central received
72 cars, while JR West took possession of 144."(http://en.wikipedia.org/wiki/117_series)


鉄道の写真 JR湖西線・堅田駅(滋賀県大津市真野)
「2012年11月カレンダー・国鉄117系と堅田駅の紅葉」
Photograph of JR West, Kosei Line Katata Station ( Otsu City,Shiga Prefecture,Japan)
2009.11.26  09:41"Calendar in November in 2012;JR West 117 series in original livery"


 

 

バックナンバーはこちらに掲載しています。(今後随時更新していきます。)
新しい年の皆様の幸せを願って。風景カレンダー 【2012年1月版】 雪の余呉駅|琵琶湖の小さな渡し場
【2012年2月版】 雪の棚田の前を走っていく電車|琵琶湖の水鳥たち
【2012年3月版】 春の夕暮れ、堅田駅にて(三人の女の子たち)
【2012年4月版】 アメリカスミレサイシンの花|春の駅(信楽高原鉄道・信楽駅にて)
【2012年5月版】 天神川の鯉のぼり|ひかりレールスター(JR新大阪駅にて)|スズランの花
【2012年6月版】 里山の町、仰木にて|オオデマリの花|糸崎駅にて
【2012年7月版】 D51機関車(東京・上野公園にて)|酒屋神社(京都府京田辺市)
【2012年8月版】 タチアオイの花(畑の棚田にて)|国鉄117系福知山色と113系湘南色(堅田駅にて)|麗しの浅草寺
【2012年9月版】 ソバの花(真野川の畔にて)|海の見える踏切(韓国・釜山)
【2012年10月版】 薬師寺|奈良公園の鹿|黄金色の田んぼ|コスモスの花|国鉄117系(堅田駅にて)


 

【皆様に気持ちよく使っていただくために】

著作権の表示ですが、もともと私はそんなにこだわってはいませんでした。
ネットに載せるということは、自由に見て頂きたい気持ちの現れです。

ただ、営利目的での無断使用は、第三者の方々を巻き込むことになり、その方々にとってもつらいことです。

皆様も私も気持ちよく過ごすための著作権であり、そのために自分のスタンスを表示する必要があると考えました。

そこで、ウェブ上での合理的な著作権利用の観点から、いつも↓下記の表示を使わせて頂いています。

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

具体的には、以下の通りです。御了承ください。

■著作権はJ,Kanematsuに帰属します。
■営利目的での使用、金銭の発生する使用、商品・景品としての配布、商用無断使用の禁止。
その結果生じたいかなる障害・損害において、一切の責任を負いません。
■上記の観点から、著作者(J,Kanematsu)のクレジット(署名)の消去はできません。
■同様に、上記の観点から、作品の改変、変形または加工はできません。
■守っていただけない業者様には警告させていただく場合があります。


 

2012年の「堅田の風景カレンダー」「韓国世界遺産カレンダー」は、復興支援カレンダーとして販売中です。
写真はこちらに掲載中。御覧下さいね。

堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

続きを読む "印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年11月版】 学生さんと鹿|薬師寺東塔|京都・東寺の夕暮れ|滋賀・不動寺の紅葉|国鉄117系(堅田駅にて) #nara #kyoto #shiga #photo #calender" »

2012年2月 7日 (火)

印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年10月版】 薬師寺|奈良公園の鹿|黄金色の田んぼ|コスモスの花|国鉄117系(堅田駅にて) #nara #shiga #photo #calender

012年10月カレンダー・薬師寺金堂

 

※このカレンダーは、2012年の復興支援カレンダー製作に際して参考案として製作された作品です。
ジャンルは駅や鉄道、琵琶湖、里山、東京や奈良、京都、花など、さまざまです。
※作品集としての性格を持たせる意味もあり、昨年末から随時UPしています。
1月から9月のカレンダーはページ後半部分にリンクがあります。
※カレンダーの利用条件については、このページの最後を御覧下さい。(商用使用等と、改変・加工は禁止されています)

◆2012年10月版カレンダーは、6パターンあります。
まずは、日本が誇る世界遺産、奈良の薬師寺から。金堂のカレンダーです。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。


"Yakushi-ji (薬師寺) is one of the most famous imperial and ancient Buddhist temples in Japan,
located in Nara. The temple is the headquarters of the Hossō school of Japanese Buddhism.
Yakushi-ji is one of the sites that are collectively inscribed as a UNESCO World
Heritage Site, under the name of "Historic Monuments of Ancient Nara.""
( http://en.wikipedia.org/wiki/Yakushi-ji )


薬師寺(奈良県奈良市西ノ京町)の写真 「2012年10月カレンダー・薬師寺金堂」
Photograph  of Yakushi-ji(Nara City,Nara Prefecture,Japan)  2010.11.4  10:44
"Calendar in October in 2012; The kondō at Yakushi-ji"


 

2012年10月カレンダー・奈良公園の鹿」

 

◆次に、奈良公園で出合った鹿です。いい表情で撮らせてくれて、とても優しい目をしていました。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

奈良公園(奈良県奈良市)の写真 「2012年10月カレンダー・奈良公園の鹿」
Photograph  of deer at Nara Park (Nara City,Nara Prefecture,Japan)  2010.11.4  14:00
"Calendar in October in 2012;A deer at Nara Park "


 

2012年10月カレンダー・薬師寺回廊

 

◆こちらも、薬師寺から。朱色が印象的な回廊をカレンダーにしてみました。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

薬師寺(奈良県奈良市西ノ京町)の写真 「2012年10月カレンダー・薬師寺回廊」
Photograph  of Yakushi-ji(Nara City,Nara Prefecture,Japan)  2010.11.4  10:32
"Calendar in October in 2012; The Cloister at Yakushi-ji"


 

2012年10月カレンダー・黄金色の田んぼ(真野川の畔にて)

 

◆所変わって滋賀県大津市真野大野より、黄金色の田んぼの風景です。
今森光彦さんの「里山」の主な舞台が、この真野大野のお隣、仰木という町なのです。
真野川の畔に広がる、里山の豊かな秋。農家の方のご苦労を思いながら、実りに感謝して。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

真野大野(滋賀県大津市)の写真 「2012年10月カレンダー・黄金色の田んぼ(真野川の畔にて)」
Photograph of Manooono,Otsu,Shiga,Japan 2010.10.06 12:05
"Calendar in October in 2012; Satoyama landscape of paddy field in autumn( at Manooono,Otsu,Shiga,Japan)"


 

2012年10月カレンダー・京田辺のコスモス

 

◆こちらは、花のカレンダーです。道端の畑できれいに咲いていたコスモスに出合いました。
京都府京田辺市の酒屋神社(さかや じんじゃ、7月版カレンダーの撮影地)の近くで撮影しています。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。

花の写真(コスモス) 「2012年10月カレンダー・京田辺のコスモス」
Photograph of Cosmos in Kodo,Kyotonabe City,Kyoto,Japan
"Calendar in October in 2012; Cosmos  in Kodo,Kyotanabe,Kyoto,Japan"


 

2012年10月カレンダー・国鉄117系(向かいのホームにも117系

 

◆最後に、鉄道のカレンダーです。こちらは日本の「国鉄117系」。
向かいのホームにも同じく117系が停まっています^^
JR湖西線・堅田駅(滋賀県大津市真野)にて、2009年10月撮影。

画像の上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」で、ダウンロードできます。


JR West 117 series in original livery, October 2009.

"The 117 series (117系) is a Japanese suburban electric multiple unit introduced in 1979
by Japanese National Railways (JNR), and currently operated by Central Japan Railway Company
(JR Central) and West Japan Railway Company (JR West). A total of 216 cars were manufactured.
When JNR was privatized and divided into the individual JR Group companies, JR Central received
72 cars, while JR West took possession of 144."(http://en.wikipedia.org/wiki/117_series)


鉄道の写真 JR湖西線・堅田駅(滋賀県大津市真野)
「2012年10月カレンダー・国鉄117系(向かいのホームにも117系)」
Photograph of JR West, Kosei Line Katata Station ( Otsu City,Shiga Prefecture,Japan)
2009.10.12  10:59"Calendar in October in 2012;JR West 117 series in original livery"


 

 

バックナンバーはこちらに掲載しています。(今後随時更新していきます。)
新しい年の皆様の幸せを願って。風景カレンダー 【2012年1月版】 雪の余呉駅|琵琶湖の小さな渡し場
【2012年2月版】 雪の棚田の前を走っていく電車|琵琶湖の水鳥たち
【2012年3月版】 春の夕暮れ、堅田駅にて(三人の女の子たち)
【2012年4月版】 アメリカスミレサイシンの花|春の駅(信楽高原鉄道・信楽駅にて)
【2012年5月版】 天神川の鯉のぼり|ひかりレールスター(JR新大阪駅にて)|スズランの花
【2012年6月版】 里山の町、仰木にて|オオデマリの花|糸崎駅にて
【2012年7月版】 D51機関車(東京・上野公園にて)|酒屋神社(京都府京田辺市)
【2012年8月版】 タチアオイの花(畑の棚田にて)|国鉄117系福知山色と113系湘南色(堅田駅にて)|麗しの浅草寺
【2012年9月版】 ソバの花(真野川の畔にて)|海の見える踏切(韓国・釜山)


 

【皆様に気持ちよく使っていただくために】

著作権の表示ですが、もともと私はそんなにこだわってはいませんでした。
ネットに載せるということは、自由に見て頂きたい気持ちの現れです。

ただ、営利目的での無断使用は、第三者の方々を巻き込むことになり、その方々にとってもつらいことです。

皆様も私も気持ちよく過ごすための著作権であり、そのために自分のスタンスを表示する必要があると考えました。

そこで、ウェブ上での合理的な著作権利用の観点から、いつも↓下記の表示を使わせて頂いています。

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

具体的には、以下の通りです。御了承ください。

■著作権はJ,Kanematsuに帰属します。
■営利目的での使用、金銭の発生する使用、商品・景品としての配布、商用無断使用の禁止。
その結果生じたいかなる障害・損害において、一切の責任を負いません。
■上記の観点から、著作者(J,Kanematsu)のクレジット(署名)の消去はできません。
■同様に、上記の観点から、作品の改変、変形または加工はできません。
■守っていただけない業者様には警告させていただく場合があります。


 

2012年の「堅田の風景カレンダー」「韓国世界遺産カレンダー」は、復興支援カレンダーとして販売中です。
写真はこちらに動画として掲載中。短編集として御覧下さいね。

堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)

Katata/堅田 mobile/携帯版

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)


 

 

 

 

続きを読む "印刷や壁紙用にどうぞ。風景カレンダー 【2012年10月版】 薬師寺|奈良公園の鹿|黄金色の田んぼ|コスモスの花|国鉄117系(堅田駅にて) #nara #shiga #photo #calender" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ