« 見上げれば、満開の桜の花 ~tree・flower/木・花 035 | トップページ | JR湖西線沿線にて撮影。113系(湘南色)、ユキヤナギの花咲く天神川の上を行く ~Tenjingawa Green belt/天神川緑地021 »

2011年4月11日 (月)

桜の花のお供え(琵琶湖岸・おとせの浜にて) ~the most beautiful place 055、015(2)、056

桜の花のお供え(琵琶湖岸・おとせの浜にて)

前回UPしたのは、琵琶湖岸(滋賀県大津市本堅田)の、この場所の桜でした。
石の前に桜の花がお供えしてありました。この石はおとせの石と呼ばれ、古くからの伝承があります。
浮御堂に近いこの一角は「おとせの浜」と呼ばれ、湖岸の桜並木になっています。

Sakura (Cherry blossoms) at Otose beach of Lake Biwa.
This is the most beautiful place in Honkatata,Japan. It takes about 20 minutes by JR train from Kyoto.


春の日に、おとせの浜を泳ぐアヒル

春の日に、おとせの浜を泳ぐアヒル。
地元のみなさんにかわいがられて、このあたりに住み着いてしまったと聞きました。
とてもいい表情をしています。


おとせの浜、遠景(琵琶湖岸の桜並木)

おとせの浜、遠景。湖の中に茶色く見えているのは、ヨシ(葦)を刈った跡です。
5月の頃にはヨシも繁って、この場所からの眺めもまた変わります。
おとせの浜から堅田なぎさ苑一帯にかけては、一年を通じて、美しい風景が広がります。


おとせの石(大津市史より)

おとせは堅田出身の女性で、源平争乱の時代、京都の源氏屋敷に奉公していました。
主家滅亡のとき、源氏の白旗を守って大津へと逃れますが、平家の侍に切られて亡くなります。
白旗を握った腕は堅田の浜に流れ着き、浜の石を血で染めたといいます。

片腕は、おとせの息子が指を開かせるまで、白旗を離さなかったといいます。
それを見た人々は忠義をたたえて塚を築いて弔いました。
息子は母の意志をついで白旗を守護し、のち木曽義仲の武将手塚太郎光盛になったと伝えられています。

この話は、寛延二年(1749)浄瑠璃『源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)』に
役名を小万(こまん)と替えて取り入れられています。

The stone of Otose

"There was the woman called Otose who is Katata's graduate and was serving the mansion of Genji
of Kyoto at the time in which the 12th century, and Genji and Heike, the samurais, did the conflict.
She protected Genji's white flag on the occasion of the Heike's extinction, got off to Otsu, avoided
Heike's pursuer,and jumped into Lake Biwa. However, she had the hand that grasped the white flag cut off
by Heike's samurai, and died.One arm of hers flowed and arrived at Katata, and dyed the stone of the beach
with blood.Since then, this beach has come to be called the beach of Otose.The child received his mother's
will,subsequently protected a white flag, and said that he was Taro Miturori Tezuka ,general of Yosinaka Kiso,
after that."


写真一枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 the most beautiful place( 堅田で最も美しい場所 )
「桜の花のお供え(琵琶湖岸・おとせの浜にて)」 2009.04.07 11:39撮影
■撮影地:琵琶湖岸・堅田雄琴湖岸公園(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真二枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 the most beautiful place( 堅田で最も美しい場所 )
「春の日に、おとせの浜を泳ぐアヒル」 2007.04.05 13:40撮影
■撮影地:琵琶湖岸・堅田雄琴湖岸公園(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真三枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 the most beautiful place( 堅田で最も美しい場所 )
「おとせの浜、遠景(琵琶湖岸の桜並木)」 2009.04.07 11:23撮影
■撮影地:琵琶湖岸・堅田雄琴湖岸公園(滋賀県大津市本堅田1丁目)


1:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  the most beautiful place
2009.04.07 11:39"Sakura (Cherry blossoms) at Otose beach of Lake Biwa"

2:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  the most beautiful place
2007.04.05 13:40"Ducks at Otose beach of Lake Biwa"

3:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  the most beautiful place
2009.04.07 11:23"Otose beach of Lake Biwa"

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


地図(堅田雄琴湖岸公園)


大きな地図で見る

Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 見上げれば、満開の桜の花 ~tree・flower/木・花 035 | トップページ | JR湖西線沿線にて撮影。113系(湘南色)、ユキヤナギの花咲く天神川の上を行く ~Tenjingawa Green belt/天神川緑地021 »

the most beautiful place (Katata,Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見上げれば、満開の桜の花 ~tree・flower/木・花 035 | トップページ | JR湖西線沿線にて撮影。113系(湘南色)、ユキヤナギの花咲く天神川の上を行く ~Tenjingawa Green belt/天神川緑地021 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ