« 琵琶湖の漁具・タツベ(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 386 | トップページ | 禅寺の屋根瓦で見つけた、いい顔 ~Honkatata/本堅田 388 »

2011年4月30日 (土)

町屋がそのまま資料館になっています(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 387

町屋がそのまま資料館に

町屋というと京都?と思いがちですが、浮御堂周辺は、琵琶湖から続く路地の奥に町屋が残る界隈です。
この界隈は大道町と呼ばれ、本堅田の中でも独特の風情があります。
その一角にあるのが「湖族の郷資料館」。ごらんの通り、町屋が資料館になっています。

写真中央に「祭」と見えますね。堅田では4月の第3日曜日(今年は17日でした)に一斉に春祭りが行われます。
次のお祭りは5月14日(葵祭の前日)。琵琶湖の鮒を下鴨神社に献上する祭事(供御人行列)が待っています。
平安時代の堅田が下鴨神社の御厨だった歴史に由来する祭事で、葵祭の公式関連行事になっています。

※大道町の町並みは、バックナンバーから御覧いただけます。→本堅田1丁目(滋賀県大津市)の町並み
※資料館前で直売されている「琵琶湖しじみ」については、 4/9の記事でご紹介しています。

※湖族(こぞく)とは?
かつて堅田(滋賀県大津市本堅田・今堅田)は、琵琶湖の湖上交通を取り仕切った町でした。
資料館の名前にある「湖族(こぞく)」とは、吉川英治さんの著書「新・平家物語」の中に出てくる言葉です。
水運、漁業、船大工などを生業にした堅田の人々(堅田衆)を指しています。(海賊ではありません、念のため。)


撮影地:湖族の郷資料館(滋賀県大津市本堅田1丁目21-27) 電話番号:077-574-1685  入館料:大人100円


大きな地図で見る

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 2011.04.14 12:33
「町屋がそのまま資料館になっています(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて)」
 
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata 2011.04.14 12:33
"Machiya just becomes the museum (Kozokunosato shiryokan,Honkatata,Japan) "


堅田(アクセス・地図/map)

Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 琵琶湖の漁具・タツベ(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 386 | トップページ | 禅寺の屋根瓦で見つけた、いい顔 ~Honkatata/本堅田 388 »

Honkatata/本堅田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖の漁具・タツベ(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 386 | トップページ | 禅寺の屋根瓦で見つけた、いい顔 ~Honkatata/本堅田 388 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ