« 丸子船の模型を、町屋の二階で眺める ~Honkatata/本堅田 381-382 | トップページ | 古時計、レトロな扇風機、箪笥、鉄瓶、釜(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 384 »

2011年4月26日 (火)

三人の大黒様(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 383

三人の大黒様

二升徳利、箪笥、台帳、古い看板、算盤、そして大黒様が三人。後ろに写っているのは琵琶湖で漁に使う網と籠。
これらはすべて、琵琶湖・浮御堂の近くにある「湖族の郷資料館」に展示されている民具(の一部)です。

かつて堅田(滋賀県大津市本堅田・今堅田)は、琵琶湖の湖上交通を取り仕切った町でした。
吉川英治さんは、著書「新・平家物語」の中で、堅田の人々(堅田衆)を「湖族(こぞく)」と呼びました。
「湖族の郷」という名称はそこから来ていて、町おこしにも使われています。

湖族の郷資料館は、二階建ての町屋をそのまま活かした、堅田の歴史資料館です。
今回から4回にわたって、資料館に展示されている堅田の民具をご紹介します。

Articles for everyday use ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E5%85%B7 ) and Daikokuten.
In Japan, Daikokuten (大黒天), literally, god of great Darkness or Blackness, is one of the Seven Gods
of Fortune.Daikokuten evolved from the Indian deity, Shiva. The name is the Chinese and Japanese
equivalent of Mahakala, another name for Shiva.(http://en.wikipedia.org/wiki/Daikoku-ten)


撮影地:湖族の郷資料館(滋賀県大津市本堅田1丁目21-27) 電話番号:077-574-1685  入館料:大人100円


大きな地図で見る

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 2011.03.13 15:05
「三人の大黒様(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて)」
 
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata 2011.03.13 15:05
"Daikoku, God of Wealth (at Kozokunosato shiryokan,Honkatata,Japan)"


堅田(アクセス・地図/map)

Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 丸子船の模型を、町屋の二階で眺める ~Honkatata/本堅田 381-382 | トップページ | 古時計、レトロな扇風機、箪笥、鉄瓶、釜(滋賀県大津市本堅田・湖族の郷資料館にて) ~Honkatata/本堅田 384 »

Honkatata/本堅田」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ