« 本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(5) 堅田藩陣屋跡から ~Honkatata/本堅田 332-334 | トップページ | 京都・年の瀬の風景(2) 貴船 »

2010年12月30日 (木)

京都・年の瀬の風景(1) 伏見稲荷大社・奉納品の前に立つ着物美人

着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)

商売繁盛の神様といえば、お稲荷さん。
年の瀬らしくて、景気がよくて、この時期の空気感のある写真ということで、
お稲荷さんの総本宮【伏見稲荷大社】(京都市伏見区)の写真を選んでみました。

ちなみに堅田(当ブログの舞台・滋賀県大津市)と京都の間はJRで約20分。
伏見稲荷大社へは、京都駅からJRでわずか5分の世界です。


伏見稲荷の年の瀬は、新しい年を迎えるにあたって、京都中の企業から奉納品が集まってくる時期です。
その景色を撮っていこうと、2008年の年末に立ち寄ったときの写真です。
帰り際に外拝殿に寄ったら、こんな風に着物姿の女性が立っていたのでした。

こんな風景が日常としてあるのが、京都。伏見稲荷周辺には、情緒あふれる門前町もあります。
そんなところを含めて、あの周りはまさに「京都」だという感じがします。

拝観料不要、閉門時間が無いことから、外国人観光客を数多く見かける場所でもあります。
(英語、ときには日本語で話しかけられることもたびたびです。)

写真一枚目:「着物姿の女性(年末の京都・伏見稲荷大社 外拝殿にて)」 2008.12.30 16:38:16
A woman who wears a kimono at the end of the year( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )
■撮影地:伏見稲荷大社(京都市伏見区深草藪之内町68番地)


京都 伏見稲荷大社 内拝殿

伏見稲荷大社 拝殿(内拝殿)。ここから本殿を拝みます。

写真二枚目:「京都 伏見稲荷大社 内拝殿」 2008.12.30 16:34:00
Haiden in front of honden( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )


京都 伏見稲荷大社 案内板

伏見稲荷大社は全国に約三万社あると言われるお稲荷さんの総本宮です。
毎年初詣の時期は近畿地方最多の参拝者でにぎわいます。

写真三枚目:「京都 伏見稲荷大社 案内板」 2008.12.30 16:33:46
Guideboard of Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan 


京都 伏見稲荷大社 表参道の夕暮れ(手前:第二鳥居、奥:第一鳥居)

伏見稲荷大社 表参道の夕暮れです。
初詣に向けて、屋台の準備が終わったところを撮影しました。
楼門から撮影したので、手前が第二鳥居、奥が第一鳥居になります。

第一鳥居の目の前にはJR稲荷駅があり、京都駅との間はわずか5分。
今回の写真の場所と千本鳥居だけなら、新幹線の待ち時間に立ち寄ることも可能です。

写真四枚目:「京都 伏見稲荷大社 表参道の夕暮れ(手前:第二鳥居、奥:第一鳥居)」 2008.12.30 16:38:50
The front approach and Torii at the evening( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )

"A torii (鳥居) is a traditional Japanese gate most commonly found at the entrance of or within
a Shinto shrine, where it symbolically marks the transition from the profane to the sacred."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Torii )


京都 伏見稲荷大社 千本鳥居

伏見稲荷といえば、この千本鳥居があまりにも有名ですね。

表参道から千本鳥居までは歩いて10分程度の距離です。
京都駅から電車で来る場合、1時間程度あれば、千本鳥居を抜けた先にある奥社崇拝所まで十分行けます。
(気軽に雰囲気を楽しみたいなら、奥社崇拝所で引き返すのがおすすめです。)

一の峯(頂上)まで行って稲荷山を一周するには、ちょっとした山歩きになりますので、
足元をしっかりしたうえ、雨具持参で2-3時間を目安にお出かけください。

写真五枚目:「京都 伏見稲荷大社 千本鳥居」 2008.12.30 16:27:08
Senbon Torii leading to the inner shrine( Fushimi Inari Taisha Shrine in Kyoto,Japan )


"Fushimi Inari Taisha (伏見稲荷大社) is the head shrine of Inari, located in Fushimi-ku, Kyoto, Japan.
The shrine sits at the base of a mountain also named Inari, and includes trails up the mountain to many
smaller shrines. Since in early Japan Inari was seen as the patron of business, each of the Torii is donated
by a Japanese business. First and foremost though, Inari is the god of rice.Merchants and manufacturers
worship Inari for wealth. Donated torii lining footpaths are part of the scenic view.
This popular shrine is said to have as many as 32,000 sub-shrines (bunsha (分社)) throughout Japan."
( http://en.wikipedia.org/wiki/Fushimi_Inari-taisha )


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(5) 堅田藩陣屋跡から ~Honkatata/本堅田 332-334 | トップページ | 京都・年の瀬の風景(2) 貴船 »

京都/Kyoto,Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(5) 堅田藩陣屋跡から ~Honkatata/本堅田 332-334 | トップページ | 京都・年の瀬の風景(2) 貴船 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ