« 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(17) 韓国の新幹線・KTXに乗って »

2010年12月15日 (水)

韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)

水原華城(北暗門)

中世ヨーロッパの城門のようにも見えますが、18世紀(李氏朝鮮時代)に造られたお城の門です。
水原華城(スウォンファソン)は、中国から輸入した西洋築城技術を用いて、東洋の技術と融合して設計されたお城です。
近代的な城郭で、御覧のとおり石と煉瓦が併用されています。

この門は「暗門」と呼ばれ、有事の際、城内にひそかに物資を供給するための門でした。
城内の4ヶ所にあり、写真の門は「北暗門」と呼ばれています。


水原(スウォン)は、韓国ドラマにもなった「イ・サン」(第22代国王・正祖(チョンジョ))が、風水で選んだ場所です。
ドラマのとおり、正祖はその父親(荘献世子(チャンホンセジャ))を、老論(ノロン)派の陰謀により亡くしました。
正祖の祖父(第21代国王・英祖(ヨンジョ))の命に従い、父親は米びつの中に閉じ込められて餓死したのです。
正祖は父の冥福を祈ってお墓を水原に移し、その周囲に城壁や塔、楼閣や城門を築きました。それが華城です。

水原は今でいうとソウルから電車で1時間。老論(ノロン)派を排除したい正祖にとっては理想の都市でした。
一時は遷都も検討されましたが、華城完成直後に正祖が死亡したため、遷都は見送られたそうです。

1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

写真一枚目:수원화성  북암문 韓国・世界遺産 水原華城(北暗門) 2010.09.16 13:41
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|North Secret Gate

Hwaseong (Brilliant Castle/ Fortress), the wall surrounding the centre of Suwon, the provincial capital of
Gyeonggi-do, South Korea, was built in the late 18th century by King Jeongjo of the Joseon Dynasty to
honour and house the remains of his father Prince Sado, who had been murdered by being locked alive
inside a rice chest by his own father King Yeongjo having failed to obey his command to commit suicide.
Located 30 kilometres (19 mi) south of Seoul and enclosing much of central Suwon including King Jeongjo's
palace Haenggung, UNESCO designated the fortress a World Heritage site in 1997. The Suwoncheon, the main
stream in Suwon, flows through the centre of the fortress. ( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(ブッランギ5号)

ブッランギ5号(佛狼機5号)という、携帯用の火砲が備え付けてありました。(※)
ちょうど遠足に来ていた男の子(幼稚園かな?)が、のぞきこんで遊んでいるところでした。
水原華城は、このように銃砲をも防御する近代的な構造を持っています。

※「朝鮮後期の代表的な携帯用の火砲。胴体の長さ72cm。銃口9.5cm。
フッランとは、Frankというヨーロッパ人を指す言葉で、西洋で造られた火砲をブッランギと言う。
胴体の大きい1号から小さい5号に区分される。発射枠の役割をするモポ(母砲)と、
実弾を装填してモポ(母砲)に挿入して発射させるジャポ(子砲)で構成される。
複数のジャポ(子砲)を利用して連続射撃ができたので壬辰倭乱(임진왜란 文禄慶長の役)以後には
陸戦ではもちろん海戦でもその威力を発揮し、朝鮮第一の火器として評価された。」(解説板より)

写真ニ枚目:수원화성  韓国・世界遺産 水原華城(ブッランギ5号) 2010.09.16 13:08
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Bullanggi No.5

A portable gun typically used during the latter half of Joseon dynasty.
Its length is 72 cm,and the muzzle s diameter is 9.5cm.Bullang comes from the name Frank,
meaning a European man and Western guns were typically called Bullanggi.


水原華城(東暗門)

こちらが「東暗門」です。世界遺産なのにこんなに近づけるなんて、すごいですね!

城壁に沿って旗が立ち、歩道があるのがおわかりいただけますか?
水原華城の城郭は全長5.7km。一周することができます(所要3-4時間)!まるで万里の長城みたいな感じでした。↓

写真三枚目:수원화성 동암문 韓国・世界遺産 水原華城(東暗門) 2010.09.16 13:15
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|East Secret Gate

Dongammun, the eastern secret gate, situated 140 metres (459 ft) from Dongjangdae, was used for passage
of people, animals and munitions. Construction of the gate, which sits beneath a brick structure surmounted
with a large round parapet, was completed on March 25, 1796.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(東北舗楼)

城郭に沿って歩いていくと、所々に楼閣や見張り台があります。それが水原華城を歩く楽しさかもしれません。
この鮮やかな楼閣は「東北舗楼」と呼ばれています。

※「舗楼は城郭を突出させて造った雉城の上に建てられた楼閣で、見張り台と軍事待機所のような所である。
東北舗楼は華城にある5ヶ所の舗楼の一つで、1796年(正祖20)5月15日に完工された。このあたりは地勢が
周辺より高くて東暗門と東将台、それから北暗門と訪花随柳亭に至るまで監視できる所である。隠居した士達が
被る頭巾である「角巾」と形が似て「角巾台」とも言われる。」(案内板より)

写真四枚目:수원화성 동북포루 韓国・世界遺産 水原華城(東北舗楼) 2010.09.16 13:20
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Dongbukporu(Northeastern Sentry Post)


水原華城(東北舗楼)

東北角楼(訪花随柳亭)から見た、水原市内の眺めです。城郭内部、外部とも市街地化しています。

写真五枚目:수원화성 동북각루 韓国・世界遺産 水原華城(東北舗楼) 2010.09.16 13:20
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Daytime view from North-East Pavilion

The north-east pavilion is known as Dongbuk Gangnu and nicknamed Banghwasuryujeong. It sits above Yongyeon,
a pond surrounded by a small garden. It was originally intended to be the second battle command post, though
its scenic location made it a place favoured instead for feasts.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(華虹門)

水原華城といえば、この「華虹門」(ファホンムン)が有名です。城郭が水原川を超える部分にある水門です。

写真六枚目:수원화성 화홍문 韓国・世界遺産 水原華城(華虹門) 2010.09.16 13:46
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Hwahongmun

Hwahongmun, otherwise known as Buksumun, is the gate under which the Suwoncheon flows on entering
the area encompassed by Hwaseong. (It formerly exited through Namsumun, but this gate no longer exists.)
The gate has the obvious function of being a bridge, but also housed cannons for defensive purposes.
The Suwoncheon was widened at this point and the gate has seven arches through which it passes.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(蒼龍門)

錬武台では、伝統的な国弓の弓射り体験をすることができます。
(予約不要、年中無休(3月から11月)、1回(10発)2000ウォン/計2回(20発)限度で体験可能とのことでした。)

道路の向こうに見えているのが、蒼竜門(チャンリョンムン)です。華城四大門の東門にあたります。
城郭がぐるっと取り巻いているのが、よくおわかりいただけると思います。
緑がとても美しく、気持ちのいい撮影になりました。

写真七枚目:수원화성 창룡문 韓国・世界遺産 水原華城(蒼龍門) 2010.09.16 13:02
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|Changnyongmun (East Gate)

Changnyongmun, known locally as Dongmun (East Gate), sits by a major road junction.
Its stone base is capped with a one-storey wooden pavilion. The gate was destroyed during the Korean War,
but was reconstructed in 1975.( http://en.wikipedia.org/wiki/Hwaseong_Fortress)


水原華城(錬武台近くの売店前にて)

李氏朝鮮時代の兵士を描いた絵のようです。「国弓の弓射り体験」の場所近くにあった売店の前にて。

写真八枚目:수원화성  韓国・世界遺産 水原華城(錬武台近くの売店前にて) 2010.09.16 12:54
UNESCO World Heritage in South Korea| Hwaseong Fortress|
The picture describing the soldiers of Joseon dynasty; In front of the stand


※この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

水原(地図)

大きな地図で見る

水原への行き方・入場料などは、こちらをどうぞ(↓ソウルナビの記事へのリンクです)
水原華城(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(17) 韓国の新幹線・KTXに乗って »

韓国 /South Korea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(17) 韓国の新幹線・KTXに乗って »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ