« 韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン) »

2010年12月14日 (火)

韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)

昌徳宮(敦化門)

韓国ドラマ「イ・サン」の主人公の”王様”は、この宮殿で政務を行っていました。
(李氏朝鮮22代国王・正祖(チョンジョ)といい、実在の人物です。)
また、「宮廷女官チャングムの誓い」のロケ地になったのが、この宮殿です。

ここは韓国・ソウル中心部にある宮殿、「昌徳宮」(チャンドックン)です。
1405年に李氏朝鮮3代国王・太宗が造営した王宮で、1997年に世界遺産に登録されました。
この「敦化門」(トンファムン)は昌徳宮の正門で、1412年の建築です。
現存する韓国の宮殿の正門としては最古のものになります。極彩色の装飾が見事ですね。

※屋根の梁、天井に見られる極彩色の装飾は「丹青」(タンチョン)と呼ばれます。
赤・青・黄・黒・白を用いて描かれ、建物の格を示すほか、木材の腐食を防ぐ役割をもっています。

写真一枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(敦化門)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Donhwamun Gate  2010.09.16 08:57

Donhwamun Gate - The main palace gate. Built in 1412, Donhwamun has a two-story pavilion-type wooden
structure, and is the largest of all palace gates. Donhwamun was burned down during the Japanese invasion
of 1592 and was restored in 1608. ( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(錦川橋)

錦川橋(クムチョンギョ)。1411年に造られた石橋です。かつて、ここから先は王様の空間でした。

写真ニ枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(錦川橋)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Geumcheongyo Bridge  2010.09.16 09:15

Geumcheongyo Bridge - Oldest bridge still extant in Seoul. Built 1411.
(http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung)


昌徳宮(仁政殿)

とにかく広い宮殿です。少し歩いて、正殿である「仁政殿」(インジョンジョン)に到着しました。
王の即位、臣下の朝礼、使臣の接見など、国の重要行事が行われた場所です。

写真三枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(仁政殿)
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Changdeokgung Injeongjeon Hall  2010.09.16 09:18

Injeongjeon Hall (National Treasure) - the throne hall of Changdeokgung, it was used for major state affairs
including the coronation of a new king and receiving foreign envoys. Originally built in 1405, it was rebuilt in 1610
after being burned down during the 1592 Japanese invasion, and a third time in 1804 after being destroyed by a fire.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(仁政殿 玉座)

仁政殿の内部にある玉座です。
後ろの屏風に描かれているのは「日月五嶽図」で、王と王妃、領土を表しているそうです。

写真四枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(仁政殿 玉座) 2010.09.16 09:22
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|King's chair at Changdeokgung Injeongjeon Hall 


昌徳宮(淡い紫色の菊の花)

淡い紫色の菊の花が咲いていました。左側の塀の向こうは「昌慶宮」(チャンギョングン)という別の宮殿です。
(昌徳宮から昌慶宮へ入ることはできませんので、ご注意ください。)

写真五枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(淡い紫色の菊の花) 2010.09.16 09:39
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|Light purple chrysanthemums at Changdeokgung royal palace


昌徳宮(西遊記の登場人物の石像)

屋根の先端に小さな石像が並んでいるのが見えますか?実は皆「西遊記」の登場人物なのです。
この宮殿の守護神で、先端から三蔵法師、孫悟空、猪八戒と続いているそうです。
(ちなみに韓国には河童伝説がないので、沙悟浄の姿はありません。)

写真六枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(西遊記の登場人物の石像) 2010.09.16 09:35
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea|The guardian deities of the Changdeokgung royal palace


昌徳宮(宣政殿)

鮮やかな青い瓦の宮殿が、宣政殿(ソンジョンジョン)。
王が臣下と国政を議論する場所として使われ、儒生の試験会場や宴会の場所にもなったそうです。

韓国ドラマ「イ・サン」の王様は、ここで政務を行っていたわけですね。
青い瓦の宮殿としては、韓国に現存する唯一のものだそうです。

写真七枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(宣政殿) 2010.09.16 09:35
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea| Changdeokgung Seonjeongjeon Hall (blue roof)

Seonjeongjeon Hall - An office for ruling officials, the king held daily meetings with ministers,
reported on state affairs and seminars here.( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(楽善斎)

昌徳宮の隅に少し離れて建っているのが「楽善斎」(ナクソンジェ)。
日本語パンフレットには、「一人の女性に対する憲宗の深い愛が刻まれた建物」とありました。

李氏朝鮮第24代王・憲宗は、側室だった金氏を寵愛し、一緒に過ごす新居として楽善斎を作らせました。
芸術への関心が高かった憲宗は、ここで読書をしたり書画を鑑賞して過ごしたようです。
プライベートな空間のため、「丹青」(タンチョン、極彩色の彩色のこと)が施されていません。
裏庭は階段状のお花畑になっていて、不思議な形の石が置いてあったり、細やかな配慮が感じられる空間です。

楽善斎は日本ともゆかりの深い場所です。
梨本宮家から韓国に嫁ぎ、大韓帝国最後の皇太子・李垠の妃となった李方子(まさこ)さまも、ここで暮らしました。

写真八枚目:창덕궁 韓国・ソウル 世界遺産 昌徳宮(楽善斎) 2010.09.16 09:46
UNESCO World Heritage in Seoul,South Korea| Changdeokgung Nakseonjae

Nakseonjae -former residence of Korean imperial family including Princess Bangja .
( http://en.wikipedia.org/wiki/Changdeokgung )


昌徳宮(地図)

大きな地図で見る

昌徳宮へのアクセス(↓ソウルナビの記事へのリンクです)
昌徳宮(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン) »

韓国 /South Korea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ