« 韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) »

2010年12月13日 (月)

韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋

ソウルの夜、タクシーの車内から

タクシーの車内からソウルの夜を撮影した写真です。初めてのソウルでした。
今年はソウルの9月も暑くて、私はインチョン空港から移動中に、暑さでバス酔いしそうになりました。
せっかく世界遺産の撮影に来たのですから、早めに夕食をとってそのままホテルへ移動。
ガイドさんがタクシーに乗せてくれたので、しばしのドライブとなり、写真も撮れていい夜になりました。

写真一枚目:ソウルの夜(タクシーの車内から) The night in Seoul City, South Korea    2010.09.15 18:59


ソウルの朝、光化門付近

翌朝元気になって撮影した、ソウルの朝の光景です。
ソウル中心部、光化門(クヮンファムン)付近を通ったときには、ちょうど通勤時間でした。

光化門は景福宮という王宮の正門です。1394年に建設され、2010年8月に最新の門が一般公開されています。
背後の山を見ればどこか中国にも似ていて、門を見ると中国とも違うと感じました。(中国に行った事はないのですが)

Gwanghwamun (Hangul: 광화문; Hanja: 光化門) is the main and largest gate of Gyeongbokgung Palace,
located in Seoul, South Korea. As a landmark and symbol of Seoul's long history as the capital city
during the Joseon Dynasty, the gate has gone through multiple periods of destruction and disrepair.
Recent restoration work on the gate was finished and revealed to the public on August 15, 2010.
(http://en.wikipedia.org/wiki/Gwanghwamun)

写真二枚目:ソウルの朝(光化門付近) 광화문
The morning at Gwanghwamunin in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:18


ソウルの朝、オフィス街と男性

こちらはソウル中心部、ソウル市庁から光化門広場の間にて撮影した通勤風景です。
いずこの街のお父さんも同じ、ですね。 今日も一日お気をつけて。いってらっしゃい。

写真三枚目:ソウルの朝(オフィス街、ソウル市庁から光化門広場の間にて)
The morning at business district in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:14


ソウルの朝、ソウル中央高校の校門にて

こちらはソウル中央高校の校門にて、朝の通学風景です。
この高校、韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地として、あまりにも有名です。

この辺りは、次回ご紹介する世界遺産・昌徳宮(チャンドックン)に近い場所にあります。
「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)と呼ばれ、伝統家屋の町並みが広がるエリアです。↓

写真三枚目:ソウルの朝(ソウル中央高校の校門にて)
The morning at  Seoul Central high school in Seoul, South Korea    2010.09.16 08:37


ソウルの朝、北村韓屋村

「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)の町並みです。
韓屋とは、韓国固有の家屋のことです。

北村(プッチョン)は朝鮮王朝時代からのお屋敷街で、2001年から伝統家屋の修復・保存が進められています。
撮影したのは通学時間帯だったので、チマチョゴリを来た女の子とお母さんが通っていきました。

写真四枚目:ソウルの朝、北村韓屋村(プッチョンハノクマウル)にて1 북촌
The morning at Bukchon in Seoul, South Korea -1  2010.09.16 08:27


ソウルの朝、北村韓屋村の少女

こちらも朝の「北村韓屋村」(プッチョンハノクマウル)にて撮影しました。
チマチョゴリを着た女の子が、おばあちゃんに見送られて登校していきました。
道の左側にある鉢植えに育っていたのは、なんと唐辛子でした。

写真五枚目:ソウルの朝、北村韓屋村(プッチョンハノクマウル)にて2 북촌
The morning at Bukchon in Seoul, South Korea -2  2010.09.16 08:26


※この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

北村韓屋(地図)


大きな地図で見る

北村へのアクセス(ソウルナビの記事へのリンクです)
北村(韓国旅行ガイド ソウルナビ)


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) »

韓国 /South Korea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ