« 韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。 慶州歴史地域 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) »

2010年8月17日 (火)

韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)

日本語で行き先表示の出たバス

日本語で行き先の表示が出たバスが来ました。
186番、西部ターミナルから青鶴洞行きだとわかります。
周りはハングルばかりなので、ひときわ目を引きました。

釜山で印象に残ったひとつが、市内バスの行き先表示でした。
ハングル→英語→日本語→ハングル・・・で表示が出るのです。

ハングル、英語、日本語の三ヶ国語表記は、慶州でも徹底していました。
お寺の境内にある案内板(何時代のどういうものかという詳細な説明)から、
ホテルのウェルカムドリンク券に至るまで。

(ただ、慶州で気になったのは、初歩的な間違いと、日本では使わない漢字が多かったことです。
目立ったのは、カタカナのンとソ、漢字の又とカタカナのヌを取り違えているという類でした。

案内板には、旧字体、あるいは簡略された漢字が多く使われていて、
せっかくの解説なのに読めず・・・、残念な気持ちになったこともありました。)

ですが、ここまで徹底してやっていると、正直すごいな、と思います。
間違いを笑うのは簡単だけど、やり続けていくことで洗練されていくのは事実で、
あのまっすぐなひたむきさが、韓国を支える原動力のひとつだという思いがしました。

慶州で泊まったホテルでは、韓国観光公社あてのレターセット一式(送料無料)が
客室に置いてあり、日本語で、感想や苦情を出せるようになっていました。

韓国が、国を挙げて観光に取り組んでいることを、強く感じる旅となりました。


ペ・ヨンジュンさんやイ・ヨンエさんの写真が見える、国際市場の店先

ペ・ヨンジュンさんやイ・ヨンエさんの写真(カレンダー?)が店先に見えますね。
こちらは、「国際市場」と呼ばれる市場です。
狭い通りに、衣料品や日用雑貨、おみやげ物などが売られています。

日本人観光客が多いこともあり、韓流スターのグッズを置いてあるお店が、本当に多くて・・・、
売り子さんの呼び声にも、日本語が混じっていました。
看板にも、カタカナがちらほら見えます。読める字(カタカナ)があるだけで、心強かったりします。


PIFF広場から国際市場の間で見かけた、おしゃれなお兄さんたち

PIFF広場から国際市場の間で見かけた、おしゃれなお兄さんたちです。
洋服の色のバランスがいいですね!
ちなみにPIFFとは、Pusan International Film Festival(釜山国際映画祭)の頭文字です。


リヤカーを引く男性

私の見たもうひとつの釜山は、たくましく生きる庶民の町でした。
釜山の街中で見かけた、リヤカーを押す男性。廃品回収のようです。


釜山タワーより、釜山港と市内の眺め

日本にも近い釜山は、国際貿易港として発展してきた韓国第二の都市。
龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)にある釜山タワーから眺めた、釜山港と市内の様子です。
山の中腹まで高層ビル群が続いていることが、おわかりいただけると思います。

釜山タワーは高さ120mのタワーですが、視界を遮るものがないため、市内を360度一望できます。
日本の対馬が見えることもあるそうです。入場料は、ちょうど4000ウォンでした。
(2010年3月当時、1000円札を両替すると13000ウォン弱でしたから、300円前後ですね。)


今回、慶州へ行くのに、大阪から パンスターフェリー で釜山へ入り、釜山からバスで慶州へ入りました。

今回と次回、二回にわたって、釜山の街角の風景をお届けします。


大きな地図で見る


※次回の更新は8/18(水)、釜山(後編)の予定です。8月は毎日更新します。

写真一枚目:韓国・釜山 国際市場付近にて 市内バス 국제시장(부산)
The bus that runs near the Gukje Market in Busan, South Korea 2010.03.17 17:14

写真二枚目:韓国・釜山 国際市場 국제시장 (부산)
Gukje Market in Busan, South Korea  2010.03.17 16:36

写真三枚目:韓国・釜山 PIFF市場付近 PIFF광장(부산)
near the PIFF Square in Busan, South Korea   2010.03.17 16:44

写真四枚目:부산  釜山  Busan in South Korea  2010.03.17 12:58

写真五枚目:부산  釜山タワーより、釜山港と市内の眺め
Busan city and Busan Harbor seen from Busan tower 2010.03.17 16:01


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。 慶州歴史地域 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) »

韓国 /South Korea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。 慶州歴史地域 | トップページ | 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ