« 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) | トップページ | 堅田で過ごす夏(12) 本町通り商店街の たばこ屋さん ~Honkatata/本堅田 308 »

2010年8月19日 (木)

韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

佛國寺(安養門の扉)

安養門という門についていた、扉の金具です。鬼のようなものらしいのですが、いい顔してますね。
「安養とは極楽の別名」だと、案内板に書いてありました。さしずめ、極楽への門番?


掃除が終わった後

朝9時前だったせいか、観光客は少なく、掃除をしている人を見かけました。
絵になる後姿に、思わず写真を一枚パチリ。


紫霞門と階段

今回ご紹介するのは、慶州市の郊外にあるお寺、仏国寺(ブルグクサ)です。
1995年、お隣の石窟庵 とともに「石窟庵と仏国寺」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

仏国寺といえば、必ず↑この紫霞門と階段(※)の写真が出てきますが、
実はこの奥に、美しい回廊が広がっています。

慶州を中心に回った韓国・世界遺産の旅。今回でひとまず最終回です。
丹青(タンチョン)と呼ばれる、韓国独特の色彩の世界を、お楽しみ下さい。

(※)上の18段が白雲橋、下の16段が青雲橋と呼ばれます。


大きな地図で見る


赤と緑の回廊

ウィキペディアによると、仏国寺の「伽藍は大きく3つの区域に分かれ、回廊で区切られている。」
(http://ja.wikipedia.org/wiki/仏国寺)

仏国寺の彩色は、この回廊に見られるように、とても優しい色合いです。
実際に目にすると、見とれてしまって、気持ちがふっと吸い込まれるようでした。


極楽殿

仏国寺の極楽殿です。回廊に囲まれた区域のうち、安養門につながるエリアにあります。

慶州は新羅時代の都があった場所で、新羅の国教は仏教でした。
仏国寺は、仏教の世界を体現できる場所として建てられたそうです。

極楽殿は751年に創建され、現在の建物は1750年のものです。
国宝27号の金銅阿弥陀如来像(8世紀中葉の作品)を安置しています。


大雄殿と多宝塔

大雄殿と多宝塔です。回廊に囲まれた区域のうち、紫霞門につながるエリアにあります。

大雄殿(写真右)は681年に創建され、現在の建物は1765年のものです。
仏国寺の本殿にあたり、釈迦牟尼仏像を安置しています。

多宝塔(写真左)は、新羅時代751年の作と推定され、国宝20号になっています。


丹青(タンチョン)

すっかり丹青(タンチョン)に魅せられてしまいました。本当にきれいですね。


四天王像

仏国寺の参道を歩くとき、二番目にくぐる門が天王門です。
この門を守護するのが四天王像。そのうちの二体の写真です。
丹青(タンチョン)が色鮮やかですね。

人々を守ってくれる四天王。
今日御覧頂いたみなさまに、どうぞご加護がありますように・・・。


あとがき・・・

2010年3月。韓国から帰国して、関空から特急「はるか」に乗ったら、日本は春の初めでした。

季節のせいもありますが、韓国・慶州の郊外は、延々と禿山が続いて、荒涼とした印象でした。
一日中バスで移動していると、目にするのは茶色が多くて、
特に夕暮れ時は気がめいりそうなくらい(お恥ずかしいくらいです・・・)、緑が恋しくなりました。

その合間に、釜山の街や慶州のお寺に着くと、木があって、緑があって、
見たものすべてが、色鮮やかに飛び込んでくるようでした。

帰国したとき、空港で会った関税官の人が「おかえりなさい」と言ってくれて、
その言葉が、とても、胸に染みました。

その後、「はるか」に乗ったら、沿線の畑は緑が優しくて、桜が咲き始めていて、
新緑とユキヤナギの白が、心の中にまで、ぐわーんと飛び込んできました。

ああ、日本の春って美しいな、心に染み入るようだな、と、涙が出そうになりました。
大人になって初めて行った、海外でした。


このブログ、普段は、琵琶湖畔の堅田(滋賀県大津市本堅田・今堅田・堅田)の写真を載せています。

どうして堅田なのかと聞かれて、もどかしくなってしまうことがありました。
好きだから、と答えていましたが、好きという言葉だけでくくってしまうと、
なんでもそうですが、こぼれ落ちてしまうような、掬い取れない気持ちがあります。

そんな中で行った韓国。
お隣の国、エネルギッシュな韓国を見たことで、繊細な日本のよさを知りました。

また、堅田を撮りに行こう。
そしてソウルや水原、済州島に、いつか、この続きを撮りに行きたいな。そう思っています。

今回の旅を手配し、同行してくれた友人Tさんに、この場をお借りしてお礼申し上げます。ホントにありがとう!
阪急交通社の皆さん、韓国でお世話になった皆さん、このブログを御覧くださった皆さん。ありがとうございました。

2010年8月  J.Kanematsu


※次回は8/20(金)、堅田に戻って、本堅田の本町商店街の写真の予定です。8月は毎日更新します。

写真一枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺(安養門の扉) UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:49:00

写真二枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺 UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:49:58

写真三枚目:国・世界遺産 불국사(청운교・백운교) 佛國寺(紫霞門と青雲橋・白雲橋)
UNESCO World Heritage in South Korea|Bulguksa Temple  2010.03.17 08:22:44

写真四枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺 UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:36:14

写真五枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺(極楽殿) UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:44:48

写真六枚目:韓国・世界遺産 불국사(대웅전) 佛國寺(大雄殿と多宝塔)
UNESCO World Heritage in South Korea|Bulguksa Temple  2010.03.17 08:30:00

写真七枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺 UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:20:30

写真八枚目:韓国・世界遺産 불국사 佛國寺(天王門 四天王像) UNESCO World Heritage in South Korea|
Bulguksa Temple  2010.03.17 08:57:04


※「韓国・世界遺産の旅」バックナンバー(2010年12月15日現在)

第1シーズン(2010年3月撮影)
韓国・世界遺産の旅(1) 古都・慶州のホテルにて
韓国・世界遺産の旅(2) 山の中で白い仏さまに会う。 石窟庵 (ソックラム)
韓国・世界遺産の旅(3) 時代劇の中のような村 慶州月城良洞村(ヤンドンマウル)
韓国・世界遺産の旅(4) 極彩色あふれるお寺 海印寺(ヘインサ)
韓国・世界遺産の旅(5) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域
韓国・世界遺産の旅(6) 旅の途中、釜山にて(前編)
韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編)
韓国・世界遺産の旅(8) 赤と緑の回廊が広がるお寺 仏国寺(プルググサ)

第2シーズン(2010年9月撮影)
韓国・世界遺産の旅(9) 旅の途中、釜山にて 3 【海を見ていた青年】
韓国・世界遺産の旅(10) 旅の途中、釜山にて 4 【海の見える踏切】
韓国・世界遺産の旅(11) 旅の途中、釜山にて 5 【チャガルチ市場】
韓国・世界遺産の旅(12) 古墳がいっぱい。慶州歴史地域 (その2)
韓国・世界遺産の旅(13) 食事の話
韓国・世界遺産の旅(14) ソウルの夜、ソウルの朝、北村韓屋
韓国・世界遺産の旅(15) ソウルの古宮を訪ねて 昌徳宮(チャンドックン)
韓国・世界遺産の旅(16) 石と煉瓦で造られたモダンな城。 水原華城(スウォンファソン)


Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) | トップページ | 堅田で過ごす夏(12) 本町通り商店街の たばこ屋さん ~Honkatata/本堅田 308 »

韓国 /South Korea」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国・世界遺産の旅(7) 旅の途中、釜山にて(後編) | トップページ | 堅田で過ごす夏(12) 本町通り商店街の たばこ屋さん ~Honkatata/本堅田 308 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ