« 初夏の堅田(5) 不思議なバス停 ~Honkatata/本堅田 299 | トップページ | 湖族の郷資料館の夏(2) レトロな扇風機、古い時計 ~Honkatata/本堅田 302 »

2010年7月20日 (火)

湖族の郷資料館の夏(1) 町屋の2階で一休さんを思う ~Honkatata/本堅田 300、089(2)、301

町屋の2階のむしこ窓

蔵の中?実は、町屋の2階です。
この窓は「むしこ窓」と呼ばれる、町屋独特の窓です。

ここは、琵琶湖に近い一角。浮御堂の山門が見下ろせる場所です。
町屋がそのまま資料館になっている、
湖族の郷資料館(滋賀県大津市本堅田1丁目)を訪ねてみました。


堅田を舞台にした作品を書いた作家の紹介パネルと本が並ぶ

2階の常設展示の一部です。堅田を舞台にした作品を書いた
岡本一平、吉川英治、川口松太郎、井上靖、水上勉、三島由紀夫、
城山三郎、五木寛之といった作家が紹介されています。

堅田ゆかりの作品を手にとって、ゆっくり読むこともできます。
ちなみに、湖族とは、吉川英治氏の「新・平家物語」に出てくる言葉で、
中世に琵琶湖の水運を支配した堅田衆のことを言います。


2008.07.29 11:59 "Kozokunosato-Siryoukan 6"

堅田の祥瑞庵(現在の祥瑞寺)は、一休さんが22歳から34歳まで修行し、
悟りを開くとともに、一休の名前(道号)をもらった場所。

川口松太郎氏の「一休さんの門」を紹介したパネルには、
堅田がどんな町だったのか、一休さんがどんな思いで修行したのか、
エッセンスがぎゅっと詰まっていました。


商人の町だった堅田は、町屋が残る町です。
湖族の郷資料館のそば、本福寺周辺は、
暮らしの中にそのまま町屋が残っています。

実際の写真は、 本堅田の町並みからどうぞ (2009年1月のバックナンバーです)

次回は、引き続き「湖族の郷資料館」より、涼しい写真をお届けします。
※次回の更新は、 7/23(金)の予定です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田
「湖族の郷資料館5 むしこ窓(室内から)」 2008.07.29 11:57
「湖族の郷資料館2」 2008.07.29 11:41
「湖族の郷資料館6 町屋の2階で一休さんを思う」 2008.07.29 11:59

■撮影地: 湖族の郷資料館(2階)■入館料 大人100円
■住所: 〒520-0242 滋賀県大津市本堅田1丁目21-27■TEL:077-574-1685


It is "Kozokunosato-Siryokan"(the Museum of Katata) which is a base of sightseeing
in Katata.It is at the place of on foot 5 minutes from Ukimi-do temple. Kozoku(湖族) is
the word which comes out in Eiji Yoshikawa's "new The Heike Monogatari", and means the
Katata people which controlled the water transport of Lake Biwa at medieval times.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2008.07.29 11:57 "Kozokunosato-Siryoukan 5; Mushiko-mado window"
2008.07.29 11:41 "Kozokunosato-Siryoukan 2"
2008.07.29 11:59 "Kozokunosato-Siryoukan 6"

湖族の郷資料館の許可を得て撮影させて頂きました。いつもありがとうございます!
この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


堅田(アクセス・地図/map)

Katata/堅田 mobile/携帯版

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 初夏の堅田(5) 不思議なバス停 ~Honkatata/本堅田 299 | トップページ | 湖族の郷資料館の夏(2) レトロな扇風機、古い時計 ~Honkatata/本堅田 302 »

Honkatata/本堅田」カテゴリの記事

堅田の歴史・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の堅田(5) 不思議なバス停 ~Honkatata/本堅田 299 | トップページ | 湖族の郷資料館の夏(2) レトロな扇風機、古い時計 ~Honkatata/本堅田 302 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ