« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

初夏の堅田(2) 出発の朝 (2010年献撰供御人行列より) ~Honkatata/本堅田 291

 

神田神社、献饌供御人行列の出発の朝

 

一行の無事を願って、気持ちがひとつになる瞬間。
普段は静かな神田神社に、拍手の音が響き渡りました。


 

11世紀後半(平安時代末期)、堅田は京都の下鴨神社の神領でした。
例年、京都の葵祭りの前日に当たる5月14日には、
本堅田の神田神社を出発して、琵琶湖の鮒(ふな)を下鴨神社に届ける
「献饌供御人行列」が、古式ゆかしく行われています。


献饌供御人行列とは(当ブログ2010.4/17の記事)


 

 

※次回の更新は、 7/3(土)の予定です。


 

 

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 神田神社14
「出発の朝 (2010年献撰供御人行列より)」 2010.05.14 08:09

■撮影地:神田神社 ■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目9-271


 

↓堅田~大原~宝ヶ池~下鴨神社の地図です。

 


大きな地図で見る


 

 

In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo
Shrine in Kyoto, and "Mikuriya" was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant
table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.
As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa
and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, "Kensen Kugonin Gyoretsu"
procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed
gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Kanda Shrine14 2010.05.14 08:09
"Morning of the departure;Kensen Kugonin Gyoretsu procession  2010 in Honkatata, Japan"


 

 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

 

続きを読む "初夏の堅田(2) 出発の朝 (2010年献撰供御人行列より) ~Honkatata/本堅田 291" »

2010年6月26日 (土)

初夏の堅田(1) 日傘(伊豆神社から) ~Honkatata/本堅田 193(2)

 

日傘を差す女性と伊豆神社

 

 

神社を後にする、女性の後姿。日傘が涼やかでした。

 


ここは浮御堂のすぐ隣にある、伊豆神社。
堅田大宮と呼ばれる堅田の代表的な神社です。
ご覧のとおり、とても美しい神社です。


 

※次回の更新は、 6/30(水)の予定です。


 

 

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社15
「初夏の堅田(1) 日傘(伊豆神社から)」 2008.05.21 11:45

■撮影地:伊豆神社 ■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目19-26 ■TEL:077-573-2354


 

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata Izu shrine15
2008.05.21 11:45 "The lady with a parasol in Izu shrine"


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "初夏の堅田(1) 日傘(伊豆神社から) ~Honkatata/本堅田 193(2)" »

2010年6月23日 (水)

特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花

 

オオバギボウシの花

 


前回の写真
で、カエルがいたのは
オオバギボウシの葉の上でした。

オオバギボウシは、夏の花。

東アジア(中国から日本)にしか
自生していない植物で、
漢字では、大葉擬宝珠と書きます。

アジアンビューティを感じた
ヨーロッパの人が夢中になって、
自分の庭に植えたりすることもあるとか。

まさに白い貴婦人です。


 

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。
今回の特別編では、その中から、5月の里山の小さな主役たちを、ご紹介しました。

次回より、堅田に戻り、初夏の堅田の写真をお送りします。
※次回の更新は、 6/26(土)の予定です。


 

「滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花」 撮影地:滋賀県  2004.05.27 09:13
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(5)  Hosta montana

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity

if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

 

続きを読む "特別編20 滋賀の里山から(5) 夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花" »

2010年6月19日 (土)

特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?

 

オオバギボウシとシュレーゲルアオガエル

 

クイズです。この写真の中にカエルが一匹います。
さて、カエルはどこにいるでしょうか?

カエルが隠れていた大きな葉っぱは、オオバギボウシ。
早春の若葉が、山菜のウルイです。

写真のカエルは、シュレーゲルアオガエル。
里山の田んぼなどで、よく見かけるカエルです。


当ブログの特別編1
に登場した、人に話しかけるような
表情を見せてくれたカエルが、シュレーゲルアオガエルです。


 

 

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。
今回の特別編では、その中から、5月の里山の小さな主役たちを、ご紹介します。

※次回の更新は、 6/23(水)「滋賀の里山から(5)夏の白い貴婦人、オオバギボウシの花」の予定です。


 

「滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?」 撮影地:滋賀県  2005.05.19 13:14
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(4)
Rhacophorus schlegelii( Schlegel's green tree frog ) and Hosta montana

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity

if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "特別編19 滋賀の里山から(4) カエルはどこにいるでしょう?" »

2010年6月16日 (水)

特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ

 

アジサイの葉の上にいるカトウツケオグモ

 

希にしか見ることが出来ない種とされているクモです。
最初に発見した、セミの学者加藤正世さんの名前に因みます。

最初はまるで鳥の糞にしか見えませんでした。
見つけた人(同伴者)が興奮していたことを覚えています。

ちょうど人の胸の高さくらいの潅木や
アジサイなどの葉の上にいて、
獲物が来るのをじっと待っているクモでした。

私がこの場所で観察できたのは、2002年4月から5月、
2003年4月から6月、2005年5月でした。

それから見てはいないのですが、
どこかで繁殖していてくれたら、と思います。


 

 

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。
今回の特別編では、その中から、5月の里山の小さな主役たちを、ご紹介します。

※次回の更新は、 6/19(土)「滋賀の里山から(4)カエルはどこにいるでしょう?」 の予定です。


 

「滋賀の里山から (3)稀少種 カトウツケオグモ」 撮影地:滋賀県  2002.04.30 9:33
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(3) Phrynarachne katoi

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity

if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "特別編18 滋賀の里山から(3) 稀少種、カトウツケオグモ" »

2010年6月12日 (土)

特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ

 

幻のアジサイと呼ばれるヒチダンカ

 

今回の写真は、幻のアジサイと呼ばれるヒチダンカ(七段花)です。

ヒチダンカは、ヤマアジサイの装飾花の萼片が重弁化したもので、
少なくとも江戸時代から栽培されている品種です。
(園芸植物大事典1(小学館)より)


 

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。
今回の特別編では、その中から、初夏の里山の小さな主役たちを、ご紹介します。

※次回の更新は、 6/16(水)「滋賀の里山から(3)稀少種、カトウツケオグモ」 の予定です。


 

「滋賀の里山から (2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ 」 撮影地:滋賀県 2003.05.27 13:58
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(2) Hydrangea serrata f. prolifera

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity

if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "特別編17 滋賀の里山から(2) 幻のアジサイ、ヒチダンカ" »

2010年6月 9日 (水)

特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ

 

ヒメクロオトシブミ

 

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は
滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。

今回の特別編では、その中から、初夏の里山の
小さな主役たちを、ご紹介します。


 

今回の主役は、昆虫のヒメクロオトシブミ。

春先に、コナラなどの柔らかい若葉を
ロールケーキのように くるくる巻きます。

その精巧さは職人技で、
この葉っぱの巻物を「揺籃」(ようらん)といいます。

オトシブミは揺籃の中に卵を産み、
幼虫は揺籃の中で育ちます。

揺籃はいわば、葉っぱで出来たお家です。
幼虫は、お家を内側から食べ、お家で安全に過ごします。
そして、成虫になって、外の世界に出てきます。


 

「新緑の時期に、広葉樹の野山などを散策していると、
落とし文の様な筒状に巻かれた葉が落ちていることがある。
この「落とし文」をせっせと作って路面に落とすのが
オトシブミ科の昆虫である」(http://ja.wikipedia.org/wiki/オトシブミ)


 

※次回の更新は、 6/12(土)「滋賀の里山から(2)幻のアジサイ、ヒチダンカ 」 の予定です。


 

「滋賀の里山から (1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ」 撮影地:滋賀県 2003.05.05 10:12
From Satoyama landscape in Shiga prefecture,Japan(1) Apoderus (Compsapoderus) erythrogaster

Satoyama landscape in Shiga,Japan."Satoyama (里山) is a Japanese term applied
to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means
arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been
developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity

if properly maintained by human activities."(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "特別編16 滋賀の里山から(1) 小さな働き者、ヒメクロオトシブミ" »

2010年6月 5日 (土)

新緑の堅田(11) 春日山と田んぼの風景 (堅田駅の裏から) ~Honkatata/本堅田 290

 

春日山と田んぼの風景 (堅田駅の裏から)

 

春日山へと、まっすぐ伸びる道。
周りは、一面の田んぼです。
稲もすっかり大きくなりました。


 

 

※次回より、「特別編・滋賀の里山から」をお送りします。

堅田(滋賀県大津市)を撮る前、私は滋賀県内の動植物の写真を撮っていました。
その中から、初夏の里山の小さな主役たちを、ご紹介します。

次回の更新は、 6/9(水)「滋賀の里山から(1)小さな働き者、ヒメクロオトシブミ」の予定です。


 

 

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田6丁目 その18 
「新緑の堅田(11) 春日山と田んぼの風景 (堅田駅の裏から)」 2008.05.21  13:40

■撮影地:滋賀県大津市本堅田6丁目


 

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata 6-choma  the18
2008.05.21 13:40  "Kasugayama and paddy field in Honkatata,Japan"


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

 

続きを読む "新緑の堅田(11) 春日山と田んぼの風景 (堅田駅の裏から) ~Honkatata/本堅田 290" »

2010年6月 2日 (水)

新緑の堅田(10) 琵琶湖と葉桜 ~the most beautiful place 043(2)

 

琵琶湖と葉桜

 

 

6月のスタートは、葉桜が涼やかな琵琶湖畔の風景で。
写真奥に見えているのは、琵琶湖のヨシ(葦)です。


 

 

今回でちょうど700件目の記事になりました。
次回の更新は、6/5(土)「新緑の堅田(11) 春日山と田んぼの風景」の予定です。
次々回 6/9(水)より、「特別編・滋賀の里山から」をお送りします。お楽しみに。


 

 

堅田(滋賀県大津市)の写真  the most beautiful place 
「新緑の堅田(10) 琵琶湖と葉桜」 2008.05.03 11:47

■撮影地:琵琶湖岸(滋賀県大津市本堅田1丁目)


 

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  the most beautiful place
"Lake Biwa and cherry tree in new leaves "  2008.05.03 11:47


 

Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

続きを読む "新緑の堅田(10) 琵琶湖と葉桜 ~the most beautiful place 043(2)" »

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

ホームページへのリンク

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ