« 水ぬるむ頃、堅田内湖大橋 ~Honkatata/本堅田 236 | トップページ | 車馬ヲ乗入ルコト・・・境内ニ於テ禁止ス ~Imakatata/今堅田 089 »

2010年3月22日 (月)

青空の下の祥瑞寺(一休和尚修養地) ~Honkatata/本堅田 237

青空の下の祥瑞寺(一休和尚修養地)

祥瑞寺は、トンチで有名な一休さんが、22歳から34歳まで修行し、
悟りを開くとともに一休の道号を授けられたお寺です。

応永年間(室町時代・1394~1428)に
大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)により開かれ、当初は祥瑞庵といわれていました。

方丈(※本堂)は鎌倉期の禅寺の建築様式を伝える素晴らしいものです。
是非、境内まで入って見て頂けたら、と思います。

※方丈:寺院の住職が生活する建物。室町時代中期以降は仏像や祖師像が安置されるようになり、
本堂の役割を担う建物とされた。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%B8%88)


春の祥瑞寺・開山堂(写真)
(開山堂には華叟和尚と一休さんの木造が安置されています。)

秋の祥瑞寺・本堂と紅葉(写真)
(祥瑞寺はお庭が素晴らしく、秋の紅葉も見事です。)

境内にある芭蕉の句碑(写真)
(松尾芭蕉が祥瑞寺を訪れたときの句 「朝茶飲む僧静かなり菊の花」の句碑です。)


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺24
 「青空の下の祥瑞寺(一休和尚修養地)」 2010.01.09 10:39

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from
22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata.
This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here as you can see.
He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Syouzuiji  temple 24
2010.01.09 10:39 "Syouzuiji temple under the blue sky"

この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/


Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 水ぬるむ頃、堅田内湖大橋 ~Honkatata/本堅田 236 | トップページ | 車馬ヲ乗入ルコト・・・境内ニ於テ禁止ス ~Imakatata/今堅田 089 »

Honkatata/本堅田」カテゴリの記事

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ