« 琵琶湖を眺める高校生4人 ~the most beautiful place 026(2) | トップページ | 大津市本堅田 第2回ななまちフリーマーケットのご案内 »

2009年10月11日 (日)

堅田と蓮如 ~Honkatata/本堅田 114 (2)

光徳寺の報恩講のお知らせが張られている民家

民家の軒先に、お寺からのお知らせが張られていました。堅田ではよくみかける風景です。

報恩講とは、浄土真宗の開祖(宗祖)である親鸞(1173~1262) の祥月命日の前後に、
宗祖に対する報恩謝徳のために営まれる法要のこと。
浄土真宗の僧侶・門徒にとっては、年中行事の中でも最も重要な法要です。(『ウィキペディア(Wikipedia)』)
※写真は昨年のものです。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「光徳寺の報恩講のお知らせ」 2008.10.02 15:54

Information from the temple is put on the front of the private house.It is the scenery of often seeing in Katata.
Houonko(報恩講) means the Buddhist service performed since the obligation to the founder is rewarded
and virtue is appreciated before or after the anniversary of death of Shinran (親鸞,1173₋1262)
who is the founder of the Jodoshinsyu(浄土真宗).For the priest and adherent of Jodoshinsyu, it is the most important
Buddhist service also in an annual event.(Source:"Wikipedia")
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Honkatata "Information of Houonko at Koutokuji temple" 2008.10.02 15:54


堅田と蓮如

室町時代の浄土真宗の僧・蓮如は、堅田と縁の深い人物。
開祖である親鸞の直系だが、生まれた時の本願寺は、他宗や浄土真宗他派に押され、衰退の極みにあった。
本願寺を追われた蓮如は、応仁元年(1467)、堅田の本福寺に身を寄せて再興の時を待つ。

ところが、比叡山延暦寺は本願寺と蓮如を「仏敵」と認定し、
応仁二年(1468)、延暦寺西塔の衆徒は大軍を もって堅田を攻撃した。
世に言う「堅田大責」(かたたおおぜめ)で、堅田は蓮如の味方になって戦った。
(今でも、堅田の複数の寺(光徳寺、本福寺、泉福寺)が蓮如に対する厚い信仰を持つ。)

しかし、比叡山は堅田のすぐ背後にあることから、蓮如は堅田の地をあきらめ、
文明三年(1471)4月、越前吉崎へと向かうことになる。
蓮如は、北陸を本拠に一大勢力を作り上げていくことになる。


蓮如は越前吉崎へと逃れた際、三井寺(滋賀県大津市)に親鸞の木造(御真影・ごしんねい)を預けていった。
人の生首を二つ並べるなら返そうと三井寺に言われ、蓮如は、困り果てた。

堅田の光徳寺の門徒だった漁師の源兵衛という若者が、この話を聞いた。
源兵衛は、父親の源右衛門に自分の首を打ってもらい、
源右衛門は三井寺に赴いて、自分の首もはねてくれと言った。
三井寺は源兵衛の殉教心に感じ入り、直ちに御真影と源兵衛の首を返した。

事の子細を聞いた蓮如は、「源兵衛こそが浄土真宗再興の基である」と涙を流したという。

取り戻された御真影は、山科(京都市)の坊舎に安置され、文明十五年(1483)8月、山科本願寺が落成。
こうして蓮如は本願寺を中興し、現在の本願寺教団(本願寺派・大谷派)の礎を築いた。

源兵衛の父親の源右衛門は息子を弔うため諸国巡礼の旅に出て、備後(広島県)の福山にて90才で亡くなった。
24才で亡くなった源兵衛の墓と頭蓋骨は、本堅田1丁目の光徳寺にある (「堅田源兵衛の首」)。


Index(en)/インデックス(日本語)

サイトマップ(日本語)

SiteMap(en)

2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

« 琵琶湖を眺める高校生4人 ~the most beautiful place 026(2) | トップページ | 大津市本堅田 第2回ななまちフリーマーケットのご案内 »

Honkatata/本堅田」カテゴリの記事

堅田の歴史・よもやま話」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ