« 堅田、桜と花と緑(29)・日傘 ~Honkatata/本堅田193 | トップページ | ブログ「Katata/堅田」総合案内 (index page) »

2009年4月30日 (木)

堅田、桜と花と緑(30)・手紙<葉桜と恋人> ~Station/駅028(2)

堅田駅のホームのふたり

先日、本堅田6丁目で写真を撮っていたら、
風景が、自分の中にすっと入ってくるような、
いつまでもここにいて写真を撮っていたいような、
そんな感覚に包まれたときがありました。

「写真を撮るのと、誰かを大切に思う気持ちは、
心の中の同じ部分を使っている。」

そう感じた瞬間でした。

ある研究者の方が、こう仰っていました。
「論文を書くのと、ラブレターを書くのは同じ」だと。

研究者の論文がラブレターなら、
私の写真は、堅田へのラブレターですね。

でも、本当にいいラブレターを書くためには
必要なことがあります。

心の中の風景を、自分でいつも綺麗にしておくこと。
そうでないと、外の風景を見る目も曇ります。

そのためにも、しばらく他の世界を見てこよう。

そして、無事に帰ってくることができたら、
この夏、望遠を効かせて、
堅田とその近辺を撮ってみよう。

今、そう思っています。

真野浜の夕暮れ。琵琶湖大橋周辺の繁華街。
琵琶湖大橋の上から見た今堅田1丁目。
躍動感ある絵が浮かんできます。

もちろん、浮御堂や本堅田、堅田(地区)へも。

そして、堅田を飛び出して、
春日山古墳周辺や、仰木、真野普門へ。
堅田周辺もまた魅力的で、
すべてをひっくるめて、堅田は堅田だと感じるからです。

そして、またいつかこの続きを作ることができたら、
ここで第二部として再開できればと思っています。

常連の皆さん、メッセージをくれた方々、
いつもありがとうございました。
ブログ「Katata/堅田」に御訪問いただいたすべての皆様に、
心から感謝いたします。

よろしければ、mixiにも遊びに来てください。
またお目にかかれる日まで、どうぞお元気で。

2009年4月 J.Kanematsu


追伸:堅田のM様

先月は、M様のブログで紹介記事を書いていただき、
ありがとうございました。

M様が、気持ちよくブログを書ける。
そんな毎日であることが、
こちらにとっても、なによりです。

なぜか、いつも間が悪くて、
直前直後のご連絡になってしまったり、
行き違ってしまったり。

それでも、何もおっしゃらずに、
紹介記事を、ご自分のブログに
そのまま出し続けていてくださったこと。

今日は、このブログの最終回ですから、
あえて、ここに書かせていただき、
私の今後の戒めと励みにしたいと思います。

そして、今までのお気遣いに感謝して、
M様のブログへのリンクは、右サイドバーに、
そのまま残していこうと思います。


JR湖西線の写真 堅田(滋賀県大津市)の写真 堅田駅22 「葉桜と恋人」 2008.05.03 09:23
photograph of JR Kosei line and Katata,Otsu,Shiga,Japan  Katata station 22
"Cherry tree in new leaves and sweethearts" 2008.05.03 09:23

« 堅田、桜と花と緑(29)・日傘 ~Honkatata/本堅田193 | トップページ | ブログ「Katata/堅田」総合案内 (index page) »

Station/駅、鉄道、撮影日記(鉄道)」カテゴリの記事

ひとりごと・ふたりごと(雑感)/poem」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ