« Station/駅 039 | トップページ | Station/駅 041 »

2008年7月30日 (水)

7/29(火)の日記  ~Station/駅 040

堅田駅のホームにしばらく停まっている電車。ガラス越しに、女性の横顔、男性の後姿。

朝、ふっと思った。
いろんな意味で時間があって、君の手伝いができるのも、今だけかもしれない・・・。

君に会いに行こう!急遽、予定を変更した。
君のオフィスの引越しも、そろそろ佳境のはず。
なのに、HPには、君の仕事場の受付時間が書いていなかった。

着くのが早すぎたら、浮御堂にでも行こう!
用事を済ませて、家を出た。
---------------------------------------------------------------------
堅田駅前で買い物をしてから、電話をする。
やっぱり早かった^^。

堅田町内循環バスに乗って、浮御堂まで行くことにした。
----------------------------------------------------------------------
きのうまでのような暑さではない。
でも、やっぱり、暑い!!引越しの手伝いにきたのに、これでは体力を消耗してしまう・・・。

湖族の郷資料館が開いていた。涼みにお立ち寄りくださいとの張り紙が目に留まる。

結局、1時間ほど、涼ませてもらった。
館長さんの丁寧な説明を受けて、展示品の写真も快く撮らせてもらえた。
おかげさまで、いい写真がいっぱい撮れました。いろんな偶然に、感謝!
---------------------------------------------------------------------
お昼は、本堅田4丁目のローソンの向かいにあるインド料理店ラジャスで。
この前来たとき、気になっていたお店。
あんまり辛いのはだめだけど、1000円のBランチにしてみよう。
店のガラス越しに、インド人のコックさんの姿。きっと本場のナンが食べられる!

前に一度、神戸の北野で、同じようなお店に入ったことがあった。
やっぱり、暑い夏の日だったっけ。

注文をとりにきたのは、感じのいい女性の店員さん。雰囲気のある店内。
「辛さってどれくらいですか?」と聞いてみる。
5段階あって、一番甘いのは、日本の中辛くらいとのこと。それにします!

Bランチ。すごいボリューム。

全部食べました。残すのは作った人に申し訳なくて。
あ、もちろん、すごくおいしかったよ^^。
1000円でこの味とボリュームは、とても良心的。
前菜も充実してて、キーマカレーもナンもインド人のコックさんならでは。
-----------------------------------------------------------------------
約束の13時半に電話をかけるけど、君の携帯につながらない。
道路が混んでいるのかな。
暑いので、駅の近くの本屋さんに飛び込む。
品揃え、いいね。「猫びより」まであって、つい立ち読み。
-----------------------------------------------------------------------
君の知らない10時半から14時半までは、ざっとこんな感じでした。
だから、もう気にしないで。

携帯に連絡入れてくれれば、あんなに慌てなくてもよかったのに。
そういうところ、学生時代と変わってないぞ。
なんでもひとりで抱え込まないようにね。

最近君に会うたびに、
せつない映画を10本続けて見て帰ってきたような気分になる。

こんなちょっとしたことで、相手を不安にさせないこと。
(君のそういうところ、ものすごく、もったいないから。)

楽しい待ち時間と、いつもよりは気温が低かったのに助けられて、
気兼ねなく、引越しの手伝いができたよ。
----------------------------------------------------------------------
突然行ったのに、君は、何も言わなかった。
(君のそういうところ、ホントにいいね。)

でも、さ、ここに書くなら、
君に、もっと気の利くことが書けたら、いいのに。
あれから14年後の、走り出した君に。


(説明の追加)
堅田の写真を撮っていると、
堅田にゆかりのある人間だと思われる。

「残念ながら、そうじゃないんです」
何度言ったことだろう。
(まぁ、どちらでもいい話ですが)

今年に入って、意外なことが判明した。
学生時代の知り合いが住んでいた。

私にとっては、いつも僕の少し前を走っていて、
温和で、すごいな、と自然に思える人。
ずっと憧れの人だった。

学生のときは、遠慮があって、
自分で相手の気持ちを解釈していたところがあった。

連絡がとれて、その人の仕事場に押しかけていった。
ちょうど、その人の仕事場の引越しに重なった。

にもかかわらず、学生時代にはできなかった話をしてくれて、
僕にお金を預けてお使いもさせてくれて、
真夏の雑巾がけもさせてくれて、
本当にありがと。


人生いろいろあったとしても、やっぱり、
Mさんは、すごい、よ。
あなたは、私のできなかったことが、きちんとできる人。
私は、そう思う。今でも、ね。
(Mさん、そのうち、HPに時間書いておいて下さい ^^;)


堅田の写真 堅田駅34 「7月の堅田駅1・113系」 2008.07.13 9:41 
photograph of Katata Katata station 34 "Katata station in July" no.1 ,train 113 system 2008.07.13 9:41 

« Station/駅 039 | トップページ | Station/駅 041 »

Station/駅、鉄道、撮影日記(鉄道)」カテゴリの記事

ひとりごと・ふたりごと(雑感)/poem」カテゴリの記事

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

東日本大震災の記事を御覧の皆さまへ

このブログのご案内

  • ご訪問ありがとうございます♪

  • 風景写真家、アマナイメージズ契約作家。故郷滋賀の里山や寺社、各地の知られざる風景を撮影して歩いています。2007年12月から琵琶湖畔の町・堅田の写真を更新してきた写真ブログです。

  • ▼公式ホームページ(堅田を初めとする風景写真・自然写真を掲載しています) junphotoworks.com

    フェイスブックへのリンクは下記をご利用下さい。応援ありがとうございます!



  • Copyright(C)2007-2015.
    兼松 純(Jun Kanematsu)

    写真に電子透かしを使用しています。

    当ブログに掲載されている写真・画像・文章・イラストの無断複写、転載等の使用および二次使用を禁じます。
    No reproduction or republication without written permission.

    ■当ブログ掲載写真は、地域の方に楽しんでいただく作品発表の場として、2007年より掲載してきました。2014年には、祭事写真のために筆者(兼松)が書いた解説文を専門家が新聞コラムに無断使用する事態があり、弁護士相談の上で関係者各位に申し入れを行いました。 判断に迷うときは、事前にお問い合わせいただきますようお願いします。

    ■2014年春からアマナイメージズに作品の一部を預けています。 WEBに掲載していない作品もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先/Contact

堅田の町のご紹介

お気に入りサイト・ブログ

無料ブログはココログ